シャトー・ド・ムルソー ムルソー・デュ・シャトー 2014年Chateau de Meursault Meursault du Chateau 2014

容量
750ml
タイプ
産地
フランス
生産者名
Chateau de Meursault
生産年
2014
ぶどう品種
シャルドネ100%
熟成
バリック12-15ヵ月(新樽35%)
 Chateau de Meursault Meursault du Chateau 2014

≪これぞまさにムルソー、と言わんばかりの王道感溢れる贅沢な味わい!≫

『シャトー』呼称を認められた、ムルソー村の名門ドメーヌによるヴィラージュクラス。

グラン・シャロン、メ・シャヴォー、ドレッソール、ラルモー、スー・ラ・ヴルの優良な5区画からのブドウを区画別に発酵、熟成させてブレンドします。

レモンやマンゴー、アプリコットの花の凝縮したアロマ。口の中では、心地良い果実の厚みとクリスピーな酸が見事に調和し、オレンジピールと白胡椒のタッチを感じる余韻が楽しめます。

所有者が変わり様々な新しいチャレンジを繰り返すシャトー・ド・ムルソー。勢いに乗っている、一度は試すべき生産者だと思います!

(ワインレヴュー担当:Firadis WINE CLUB collection 店長:五十嵐 祐介)

通常価格9,720円

7,980 (8,618円税込)

 Chateau de Meursault Meursault du Chateau 2014

シャトー・ド・ムルソー ムルソー・デュ・シャトー 2014年Chateau de Meursault Meursault du Chateau 2014

通常価格 9,720円

7,980(8,618円税込)

容量
750ml
タイプ
産地
フランス
生産者名
Chateau de Meursault
生産年
2014
ぶどう品種
シャルドネ100%
熟成
バリック12-15ヵ月(新樽35%)

≪これぞまさにムルソー、と言わんばかりの王道感溢れる贅沢な味わい!≫ 『シャトー』呼称を認められた、ムルソー村の名門ドメーヌによるヴィラージュクラス。 グラン・シャロン、メ・シャヴォー、ドレッソール、ラルモー、スー・ラ・ヴルの優良な5区画からのブドウを区画別に発酵、熟成させてブレンドします。 レモンやマンゴー、アプリコットの花の凝縮したアロマ。口の中では、心地良い果実の厚みとクリスピーな酸が見事に調和し、オレンジピールと白胡椒のタッチを感じる余韻が楽しめます。 所有者が変わり様々な新しいチャレンジを繰り返すシャトー・ド・ムルソー。勢いに乗っている、一度は試すべき生産者だと思います! (ワインレヴュー担当:Firadis WINE CLUB collection 店長:五十嵐 祐介)

About the producer 生産者の横顔

Chateau de Meursault

シャトー・ド・ムルソー
新オーナーによる改革によって生まれ変わった伝統あるシャトー。所有畑のポテンシャルの高さを活かした最高レベルのワイン造りによって、2012年以降は「ブルゴーニュの隠れたダークホース」と評される。

3つのポイント

  • 以前は「建物こそ立派だが味わいに関して特筆すべきことはない造り手」というイメージを持つ人もいたが、現在のシャトー・ド・ムルソーは以前とは全く別物。2012年から、ブシャール・ペール・エ・フィスのCEOを務めたステファン・フォランが大改革を実施し、品質が一気に向上している。
  • 北のコルトンから南はピュリニー・モンラッシェまでの計60haを所有。そのうちプルミエクリュとグランクリュが23haと3分の1以上を占めている。ムルソーにおいては特筆すべき1級畑であるシャルムの最大の所有者(4.7ha)であり、その半数以上が特に優れているとされる上部にあるということも見逃せない。
  • 「2012年以前のワインとは全く別物。目を見張るほどの素晴らしいワインが存在する(WA誌)」、「以前は衰弱していたが、2012年以降赤も白も印象的な品揃え(アラン・メド―)」、「ブルゴーニュの隠れたダークホース(ジャンシス・ロビンソン)」と各評価誌から称賛。

生産者詳細

ボーヌの街から南に8km下るとグランクリュ街道沿いに見えてくるのがシャトー・ド・ムルソーである。以前は「建物こそ立派だが味わいに関して特筆すべきことはない造り手」というイメージを持つ人もいたが、現在のシャトー・ド・ムルソーは以前とは全く別物であると断言できる。変化のきっかけは、2012年にフランスの著名な資産家であり世界2位の流通企業カルフールの筆頭株主でもあるアレイ・ファミリー直系のオリヴィエ・アレイが新オーナーに就任したことである。彼はその潤沢な資金をもとに大きな改革を行った。

まずブシャール・ペール・エ・フィスのCEOを務めたステファン・フォランを、ドメーヌの総指揮をとる新ディレクターに引き入れた。その後、今まで使用していた樽を一掃し、樽メーカーをタランソー、フランソワ・フレール、セガン・モローのみに変更、3年以上経過した樽の使用をやめた。続いてブルゴーニュにまだ3台しかない最新の光学式選果台を導入。「雹害に悩まされた2012年~2014年の各年で使用したところ、驚くほど効果があった。我々の2013ヴィンテージが絶賛されたのは間違いなくこのマシンのおかげだ」とステファンは語る。また、赤ワインの醸造に関してもステンレスタンクとトップキュヴェ用のオークの桶を新調。全て手摘みによって収穫し、コンベヤーを使って慎重にタンクに運ぶようにしたため、過度のフィルタリングが不要となり、わずかな清澄・濾過を行うのみに変更した。こうした醸造工程の徹底的な見直しは全てピノノワールのテクスチャーのためである。なぜなら彼は「いかに優しくブドウに接するか」がワインの質感を決めると考え、ピノノワールにおいてはフレーバーと並び、きめ細かいテクスチャーこそが重要だと確信しているからである。

こうした短期間での品質の向上は見逃されるはずもなく、「2012年以前のワインとは全く別物。目を見張るほどの素晴らしいワインが存在する(WA誌)」、「以前は衰弱していたが、2012年以降赤も白も印象的な品揃え(アラン・メド―)」、「ブルゴーニュの隠れたダークホース(ジャンシス・ロビンソン)」と各評価誌から称賛を受けている。

もう一つ忘れてはならないのがシャトー・ド・ムルソーの持つ畑のポテンシャルの高さである。その長い歴史の中では、領地の拡大に伴い優れた畑を手に入れてきた背景があり、現在は北のコルトンから南はピュリニー・モンラッシェまでの計60haを所有。そのうちプルミエクリュとグランクリュが23haと3分の1以上を占めている。ムルソーにおいては特筆すべき1級畑であるシャルムの最大の所有者(4.7ha)であり、その半数以上が特に優れているとされる上部にあるということも見逃せない。

「我々は目標とするレベルの半分のところまできた。ネゴシアンはもう相手ではない。我々のライバルはラフォンやルーロたちだ」と語るステファン・フォラン。彼らに肩を並べる日はそう遠くないとWA誌から評されるシャトー・ド・ムルソーの今後に、世界中の注目が集まっている。

こちらもおすすめ!

RELATED PRODUCTS

こちらもおすすめ!

RELATED