• collection
  • アントヒル・ファームズ ピノ・ノワール コンプチ・リッジ・ヴィンヤード

アントヒル・ファームズ ピノ・ノワール コンプチ・リッジ・ヴィンヤード

容量
750ml
タイプ
産地
USA カリフォルニア州メンドシーノ・カウンティ / A.V.A. Mendocino County
生産者名
Anthill Farms
生産年
2014
ぶどう品種
ピノ・ノワール100%
熟成
フレンチオークのバリック15ヶ月(新樽10%)
アントヒル・ファームズ ピノ・ノワール コンプチ・リッジ・ヴィンヤード

アンダーソン・ヴァレーのアペラシオンに近い海抜183mの砂質の畑。

レッドカラントやラズベリーなど様々なベリー系果実、ドライフラワー、スパイスなど様々な要素がフローラルな香りから浮かび上がる。

しなやかな味わいは内なる凝縮感とエネルギーを備え、心地よい緊張感に満ちている。長い余韻にはシルキーなタンニンとほのかなスパイシーさが感じられる。

通常価格7,884円

6,480円 (6,998円税込)

アントヒル・ファームズ ピノ・ノワール コンプチ・リッジ・ヴィンヤード

アントヒル・ファームズ ピノ・ノワール コンプチ・リッジ・ヴィンヤード

通常価格 7,884円

6,480円(6,998円税込)

容量
750ml
タイプ
産地
USA カリフォルニア州メンドシーノ・カウンティ / A.V.A. Mendocino County
生産者名
Anthill Farms
生産年
2014
ぶどう品種
ピノ・ノワール100%
熟成
フレンチオークのバリック15ヶ月(新樽10%)

アンダーソン・ヴァレーのアペラシオンに近い海抜183mの砂質の畑。

レッドカラントやラズベリーなど様々なベリー系果実、ドライフラワー、スパイスなど様々な要素がフローラルな香りから浮かび上がる。

しなやかな味わいは内なる凝縮感とエネルギーを備え、心地よい緊張感に満ちている。長い余韻にはシルキーなタンニンとほのかなスパイシーさが感じられる。

About the producer 生産者の横顔

Anthill Farms

アントヒル・ファームズ
3人の若手敏腕醸造家がカリ・ピノの頂点を目指し立ち上がった。設立から僅か4年で多くのワイン関係者や愛好家を魅了。すでに世界のトップ100ワイナリーにも選出される新世代のスター。

3つのポイント

  • ワイン・アンド・スピリッツ誌で、カリフォルニアのフラワーズやフランスのルフレーヴ、ギガルと並び、世界のトップ100ワイナリーのひとつに選ばれた(2011年)。
  • 創業者のアンソニー・フィリベルティ、デイヴィッド・ロウ、そしてウェブスター・マルケスの3人は、ウィリアム・セリエムでワイン造りを学んだ2003年に出会った。当時、アンソニーとデイヴィッドは30歳、ウェブスターは24歳の若さだった。
  • 「畑の世話は最大限に、醸造で手を加えるのは最低限に」をモットーとするワイン造りでは、各畑のキャラクターを引き出すための非常に細やかな配慮がなされている。栽培ではサステイナブル・アグリカルチャーを採用。一部の畑ではビオディナミも導入されている。

生産者詳細

「上手くいくはずがない」―ピノ・ノワールを愛する3人の若者が、共同でワイナリーを立ち上げる際、皆が口を揃えたそうだ。潤沢な資金はなく、畑も醸造施設も持たず、設立者は駆け出しの醸造家が3人という前代未聞のワイナリー、アントヒル・ファームズ。しかし人々の予想とは裏腹に、初ヴィンテージの2004年から間もなく、彼らのワインは他のカリフォルニアのピノ・ノワールとは一線を画すそのエレガントなキャラクターと高いクオリティで、多くのワイン関係者や愛好家を魅了した。世界的なワイン評論家ステファン・タンザーは「見守るべきワイナリー」と評し、ブルゴーニュ評論の権威アラン・メドーは彼らのワインを手に入れるためにメーリングリストへの登録を勧めた。また、この突如として現れたこの新星ワインをフレンチ・ランドリーをはじめとするトップクラスのレストランがこぞって求めた。彼らの確固たるビジョンから生まれたピノ・ノワールは熱狂を持って受け入れられたのである。

彼ら、アンソニー・フィリベルティ、デイヴィッド・ロウ、そしてウェブスター・マルケスの3人は、ウィリアム・セリエムでワイン造りを学んだ2003年に出会った。当時、アンソニーとデイヴィッドは30歳、ウェブスターは24歳だった。彼らは互いに味覚や理想とするワインが似ていたことで意気投合。3人で共にワイナリーを設立する夢を語り合い、ウィリアム・セリエムでの収穫が終わるとすぐにその方法を模索した。

目指すワインは最初から決まっていた。冷涼な気候のノース・コーストの様々な畑から、表情豊かでエレガント、そしてなにより美味しいピノ・ノワールを造りたい。彼らはまず、ソノマの北に位置するアンダーソン・ヴァレーで畑を探し歩いた。だが、ただこの地のピノ・ノワールが手に入れば良い訳ではない。周囲の畑とは違う特徴を持った、彼らの言葉を借りると「自分たちに語りかけてくるような」畑を求めていた。彼らには若さ故の行動力だけではなく、畑のテロワールを見極める才能があった。また、時には気難しい栽培家に好まれる何かも持ち合わせていた。それは例えば、ワイン造りへの情熱、謙虚さ、将来性といえるかもしれない。

様々な出会いを通じてたどり着いたのは、ブーンヴィルの町を見下ろす丘にあるアビー・ハリス・ヴィンヤードとデムス・ヴィンヤードだった。彼らはこのふたつの単一畑から数樽のワインを2004年に初めて手掛けた。醸造施設は、デイヴィッドが働くソノマのパパピエトロ・ペリーが無償で提供してくれた。「畑の世話は最大限に、醸造で手を加えるのは最低限に」をモットーとするワイン造りでは、各畑のキャラクターを引き出すための非常に細やかな配慮がなされている。栽培ではサステイナブル・アグリカルチャーを採用。一部の畑ではビオディナミも導入されている。醸造においては、部分的にブドウを除硬せず、開放型の発酵槽を用いて自然酵母のみで発酵を行い、熟成に用いるフレンチオークのバリックの新樽率は10-40%と低い。ワインをタンクから移動させる際はポンプを使わず、清澄もろ過も行わず瓶詰めされる。このクラシックな造りから生まれる彼らのピノ・ノワールは、上質なブルゴーニュと見紛う優美さと繊細さを備えている。

設立当初、3人とも日中は別のワイナリーの醸造家として働いていたため、アントヒル・ファームズとしてのワイン造りは深夜に及ぶことも少なかった。夜中の3時に圧搾を始め、それが終わるまでセラーのパレットの上で仮眠をとったことも何度かあったという。その昼夜の別なく懸命に働く様や、醸造タンクに3人が集う様は、ブドウに群がるアリのようとも形容され、ワイナリー名とラベルのシンボルになっている。

設立から10年近くかけ、慎ましいサイズながらも少しずつ畑を増やし、現在ではメンドシーノ・カウンティとソノマ・カウンティの4つのアペラシオンでワインを手掛けるようになった。生産量は格段に増えたが、それでも入手困難な生産者のリストに名が挙がる。年を追うごとに彼らのワインは洗練に洗練を重ね、2011年には、ワイン・アンド・スピリッツ誌で、カリフォルニアのフラワーズやフランスのルフレーヴ、ギガルと並び、世界のトップ100ワイナリーのひとつに選ばれている。

こちらもおすすめ!

RELATED PRODUCTS

こちらもおすすめ!

RELATED

関連ショップのご紹介

SHOP