• collection
  • 【180本完全限定入荷!】シャトー・タイヤック・プレザンス マルゴー・クリュ・ブルジョワ 2008年

【180本完全限定入荷!】シャトー・タイヤック・プレザンス マルゴー・クリュ・ブルジョワ 2008年

容量
750ml
タイプ
産地
フランス / France ボルドー マルゴー・クリュ・ブルジョワ / Bordeaux Margaux Cru Bourgeois
生産者名
Chateau Tayac Plaisance
生産年
2008
ぶどう品種
Cabernet Sauvignon カベルネ・ソーヴィニヨン 55%、Merlot メルロー35%、Petit Verdot プティ・ヴェルド 10% / 全区画の平均樹齢は45年
熟成
セメントタンク発酵、フレンチオーク樽18-20か月熟成(新樽比率50%)
【180本完全限定入荷!】シャトー・タイヤック・プレザンス マルゴー・クリュ・ブルジョワ 2008年
しなやか、たおやか、やわらかなマルゴー。この村のキャラクターが繊細に表現されている、上質なワインだと感じました。抜栓したての段階ではやや閉じ籠った印象ですが、奥の方から香り要素の多さをしっかりと感じさせます。
砂糖漬けのサクランボにシナモンや東洋系のスパイス、ほのかにキノコと真新しいなめし革のニュアンス。開けたての段階で飲むとかなりドライな印象で、しなやかさや柔らかさとは遠いところにあるように感じますが、そこは時間が必要なだけ、と捉えるべき。時間経過毎にマルゴーらしい優美さがゆっくりと立ち上がって来て、良い熟成を経てきたんだな・・・と嬉しくなります。開けて2時間後くらいからが、このワインの真の姿でしょうね。
あまり味付けの濃い料理とは合わせず、ごくシンプルな味付けの料理に合わせてください。勿論、ワインだけでゆっくり飲むのにも適した1本ですよ!
(ワインレヴュー担当:Firadis WINE CLUB collection店長 五十嵐 祐介)

通常価格5,500円

4,280円 (4,708円税込)

14%OFF!

43 ポイント獲得

【180本完全限定入荷!】シャトー・タイヤック・プレザンス マルゴー・クリュ・ブルジョワ 2008年

【180本完全限定入荷!】シャトー・タイヤック・プレザンス マルゴー・クリュ・ブルジョワ 2008年

通常価格 5,500円

4,280円(4,708円税込)

14%OFF!

43 ポイント獲得

容量
750ml
タイプ
産地
フランス / France ボルドー マルゴー・クリュ・ブルジョワ / Bordeaux Margaux Cru Bourgeois
生産者名
Chateau Tayac Plaisance
生産年
2008
ぶどう品種
Cabernet Sauvignon カベルネ・ソーヴィニヨン 55%、Merlot メルロー35%、Petit Verdot プティ・ヴェルド 10% / 全区画の平均樹齢は45年
熟成
セメントタンク発酵、フレンチオーク樽18-20か月熟成(新樽比率50%)

しなやか、たおやか、やわらかなマルゴー。この村のキャラクターが繊細に表現されている、上質なワインだと感じました。抜栓したての段階ではやや閉じ籠った印象ですが、奥の方から香り要素の多さをしっかりと感じさせます。
砂糖漬けのサクランボにシナモンや東洋系のスパイス、ほのかにキノコと真新しいなめし革のニュアンス。開けたての段階で飲むとかなりドライな印象で、しなやかさや柔らかさとは遠いところにあるように感じますが、そこは時間が必要なだけ、と捉えるべき。時間経過毎にマルゴーらしい優美さがゆっくりと立ち上がって来て、良い熟成を経てきたんだな・・・と嬉しくなります。開けて2時間後くらいからが、このワインの真の姿でしょうね。
あまり味付けの濃い料理とは合わせず、ごくシンプルな味付けの料理に合わせてください。勿論、ワインだけでゆっくり飲むのにも適した1本ですよ!
(ワインレヴュー担当:Firadis WINE CLUB collection店長 五十嵐 祐介)

        



ワイン選びで「絶対にハズさない」4つの理由 ワイン選びで「絶対にハズさない」4つの理由

About the producer 生産者の横顔

Chateau Tayac Plaisance

シャトー・タイヤック・プレザンス

ボルドーの銘醸地マルゴーで、お手頃価格で上質なワインをリリースし続ける「発掘良品プティシャトー」!

3つのポイント

  • 所有畑はマルゴー村に3.5ha、年間生産本数は15,000本とボルドーでは非常に小規模の生産者。
  • 2008年(今回ご案内)が初ヴィンテージ。生産量が小さいため、以来日本市場への輸入実績は殆ど無い。
  • 歴史は浅いが、マルゴー村のキャラクターを的確に表現した1本として初年度から専門誌で高評価を得ている。2008年ヴィンテージはデキャンター誌で★★★★16.5、ジャンシス・ロビンソン15p。

生産者詳細

ボルドー地方、特にサン・テミリオンやポムロール等右岸の地域において『ル・パン』や『ヴュー・シャトー・セルタン』などを所有していたティエンポン家の名前は偉大なるものとして長年知られてきた。1979年に同家は左岸地域のマルゴー地区に最初のシャトー『ラベゴルス・ゼデ』を購入した。左岸での新たなチャレンジは、この地のライジングスター的に世界の注目を集める。
2008年に初回ヴィンテージがリリースとなった『シャトー・タイヤック・プレザンス』は、マルゴー地区のスーサン村とタイヤック村に3区画に渡って合計3.5haを所有。その平均樹齢は45年で、十分な樹齢を重ねてきた優良な畑ばかりだ。深くまで小石が敷き詰められたような良質な土壌からは、純粋かつ密度の濃い果実が収穫される。ワインにはその自然な果実味が綺麗に表現され、新樽50%を含むフレンチオークの樽で最低でも1年半以上熟成をさせることで、素晴らしいストラクチュアと上質な口当たりを獲得している。

みんなのワインレヴュー

REVIEW

みんなのワインレヴュー

REVIEW

レヴュー投稿ごとに100円分のポイントプレゼント中

レヴュー総合点:4.00(1件の評価)

染みる美味しさ

開栓直後は香りが閉じこもっているようで苦いともいうべき渋味と酸味が目立っていた。が、それはそれでボルドーらしい好きな味なので喜んでチビチビ舐めていた。90分くらい経過するとドライベリーとコーヒーを合わせたような香りがたってきて、でもその香りが強過ぎないのでとても上品。食中酒としては絶妙な味と香り。2日目も酸味がやや目立つけどそれはそれで美味しい。甘さ控えめカカオ多めのチョコをツマミに楽しめる。湿ったキノコや土の感じはなく、熟成ワインの割に、良い意味で若々しいと思った。

MW さん

特集ページ

FEATURE

特集ページ

FEATURE

関連ショップのご紹介

SHOP