• collection
  • シャトー・ペイラボン オー・メドック・クリュ・ブルジョワ 2010年

在庫60本の最終SALE! 通常時の販売価格3,999円⇒3,599円!

シャトー・ペイラボン オー・メドック・クリュ・ブルジョワ 2010年

Chateau Peyrabon Haut Medoc Cru Bourgeois 2010

容量
750ml
タイプ
産地
フランス / France ボルドー オー・メドック・クリュ・ブルジョワ / Bordeaux Haut-Medoc Cru Bourgeois
生産者名
Chateau Peyrabon
生産年
2010
ぶどう品種
Cabernet Sauvignon カベルネ・ソーヴィニヨン 60%、Merlot メルロ30%、Cabernet Franc カベルネ・フラン6.4%、Petit Verdot プティ・ヴェルド3.6% / 全区画の平均樹齢は45年
熟成
フレンチオーク樽14か月熟成(新樽比率22%)
シャトー・ペイラボン オー・メドック・クリュ・ブルジョワ 2010年
「らしい」ボルドー、というのが総合的な印象。カシス、ブルーベリー、プルーンなど黒系果実色々・たっぷりのイメージに芳しく爽やかなミントの抜け感、挽きたて黒胡椒の香り高さと、黒鉛の濃密な印象。さすが2010年のグレートヴィンテージ、10年を経てもまだまだ引き締まったタイトなプロポーションに豊富なタンニン、メドックの本格赤はこうあるべし、と主張するような質実剛健スタイルです。
抜栓から時間が経過するごとにタンニンが柔らかくこなれ、酸も程よく落ち着き、後半になって主張をする流れに。実力派シャトーの当たり年、安心感&安定感で死角なし!
ちょっと面倒かもしれませんが、出来れば飲み始める2時間以上前に開けておいてください。抜栓直後の段階は閉じていてやや硬い印象もありますが、最初からゆっくりと変化を楽しみつつ飲み進めていくのも良いと思います。(ワインレヴュー担当:Firadis WINE CLUB店長 五十嵐 祐介)

通常価格

3,599円 (3,958円税込)

なし獲得

シャトー・ペイラボン オー・メドック・クリュ・ブルジョワ 2010年

在庫60本の最終SALE! 通常時の販売価格3,999円⇒3,599円!

シャトー・ペイラボン オー・メドック・クリュ・ブルジョワ 2010年

Chateau Peyrabon Haut Medoc Cru Bourgeois 2010

通常価格

3,599円(3,958円税込)

なし獲得

容量
750ml
タイプ
産地
フランス / France ボルドー オー・メドック・クリュ・ブルジョワ / Bordeaux Haut-Medoc Cru Bourgeois
生産者名
Chateau Peyrabon
生産年
2010
ぶどう品種
Cabernet Sauvignon カベルネ・ソーヴィニヨン 60%、Merlot メルロ30%、Cabernet Franc カベルネ・フラン6.4%、Petit Verdot プティ・ヴェルド3.6% / 全区画の平均樹齢は45年
熟成
フレンチオーク樽14か月熟成(新樽比率22%)

「らしい」ボルドー、というのが総合的な印象。カシス、ブルーベリー、プルーンなど黒系果実色々・たっぷりのイメージに芳しく爽やかなミントの抜け感、挽きたて黒胡椒の香り高さと、黒鉛の濃密な印象。さすが2010年のグレートヴィンテージ、10年を経てもまだまだ引き締まったタイトなプロポーションに豊富なタンニン、メドックの本格赤はこうあるべし、と主張するような質実剛健スタイルです。
抜栓から時間が経過するごとにタンニンが柔らかくこなれ、酸も程よく落ち着き、後半になって主張をする流れに。実力派シャトーの当たり年、安心感&安定感で死角なし!
ちょっと面倒かもしれませんが、出来れば飲み始める2時間以上前に開けておいてください。抜栓直後の段階は閉じていてやや硬い印象もありますが、最初からゆっくりと変化を楽しみつつ飲み進めていくのも良いと思います。(ワインレヴュー担当:Firadis WINE CLUB店長 五十嵐 祐介)

        



ワイン選びで「絶対にハズさない」4つの理由 ワイン選びで「絶対にハズさない」4つの理由

Tasting 実飲レポート

こんな香り・味わいのワインです
「らしい」ボルドー、というのが総合的な印象。
カシス、ブルーベリー、プルーンなど黒系果実色々・たっぷりのイメージに 芳しく爽やかなミントの抜け感、挽きたて黒胡椒の香り高さと、黒鉛の濃密な印象。
さすが2010年のグレートヴィンテージ、 10年を経てもまだまだ引き締まったタイトなプロポーションに豊富なタンニン、 メドックの本格赤はこうあるべし、と主張するような質実剛健スタイルです。
抜栓から時間が経過するごとにタンニンが柔らかくこなれ、 酸も程よく落ち着き、後半になって主張をする流れに。
実力派シャトーの当たり年、安心感&安定感で死角なし!

良い状態で楽しむには、いつ抜栓する?
ちょっと面倒かもしれませんが、出来れば飲み始める2時間以上前に開けておいてください。
僕が試飲した際は、抜栓30分後くらいになってやっと少しずつ開き始め、 旨みが存分に出た美味しい状態になるまで、2時間ほどを要しました。
開けたての段階は閉じていて若干硬めの印象ですが、 最初からゆっくりと変化を楽しみつつ飲み進めていくのも良いと思います。

このワインがもっとおいしくなる温度設定
少しだけ冷やすのがおすすめです。
豊かな果実感と熟成による複雑なニュアンスが綺麗に同居した赤ワイン、 たおやかなプロポーションを更に綺麗に整えて飲んで戴きたいと思います。
セラー保管だったら冷蔵庫で20分くらい、 常温保存だったら飲む前30分冷蔵庫、または5分ほどアイスバケツで冷やしてから。

おすすめのワイングラス形状・サイズ
このワインは素直に大ぶりのボルドー型グラス(縦長、口細)、が良いと思います。
ボルドー型が無ければ、ご自宅にお持ちの出来るだけ大きなワイングラスでお楽しみください。
ブルゴーニュタイプの丸形グラスで飲んでみると、タンニンは抑え目、酸は強めに。
人それぞれのお好みかとは思いますが、やっぱりスタンダートにボルドー型の方をお薦めしたいところです。

About the producer 生産者の横顔

Chateau Peyrabon

シャトー・ペイラボン

  • シャトー・ペイラボン オー・メドック・クリュ・ブルジョワ 2010年
  • シャトー・ペイラボン オー・メドック・クリュ・ブルジョワ 2010年
  • シャトー・ペイラボン オー・メドック・クリュ・ブルジョワ 2010年
2000年代に入って評価が急上昇している歴史あるクリュ・ブルジョワ級シャトー。お手頃な価格でボルドーの本格スタイルが楽しめる生産者です。

3つのポイント

  • オー・メドックの北、サン・ソヴール村に位置する、クリュ・ブルジョワ認定のシャトー。250年以上の長い歴史を誇る名門。
  • 現在の所有者はワイン商「ミレジマ」のパトリック・バーナード、1998年にエステートを購入。所有畑面積は約50ヘクタール。
  • 収穫は完全手摘み、光学選果台による良好な果実の選定を経たあと、コンクリートタンク・ステンレスタンクを併用してパーセル毎に醸造。マセラシオンは24日間に渡ってじっくりと行われる。

生産者詳細

オー・メドックの北、サン・ソヴール村に位置する、クリュ・ブルジョワ認定のシャトー。250年以上の長い歴史を誇る名門で、かつてはこのシャトーで催された音楽会にヴィクトリア女王も訪れたという記録が残っています。

現在の所有者であるワイン商「ミレジマ」のパトリック・バーナードは、1998年にこの土地のテロワールに魅せられ、50ヘクタールのエステートを購入しました。以来、パトリックとザビエル・ミケレット率いる醸造チームは、エレガントでシルキー、そしてフレッシュさとフルーティーなキャラクターが特徴の伝統的スタイルのボルドーワイン造りに励んでいます。

収穫は完全手摘み、光学選果台による良好な果実の選定を経たあと、コンクリートタンク・ステンレスタンクを併用してパーセル毎に醸造。マセラシオンは24日間に渡ってじっくりと行われます。キュヴェの一部はマロラクティック発酵を実施、平均25%の新樽を含むフレンチオーク樽で12か月以上の熟成が実施されます。

2010年ヴィンテージは2012年6月29日~7月2日にかけてボトリングが行われました。

みんなのワインレヴュー

REVIEW

みんなのワインレヴュー

REVIEW

レヴュー投稿ごとに100円分のポイントプレゼント中

レヴュー総合点:4.00(3件の評価)

バランス良し

抜栓直後から飲みましたが、以外と飲みやすくて美味しいです。
タンニンの程よい香り、口に含んだフレッシュ感、重たさを感じずバランスが良い感じです。
リピートしようかなと思います。

白鷹 さん

フレッシュ感あり・あり

2時間前に抜栓、いざ試飲、10年経ったとは思えないほどの、フレッシュ感
甘み、酸味、タンニンが程よく溶け合い、スルット飲めます。
食事の邪魔もせず、鹿肉・チーズとも相性が良かったです。
妻との相性もバッチリでした。

goppe さん

十分に楽しめるボルドーのグレートヴィンテージ

仄暗い枯れた香りの中からベリーの甘味がふっと顔を出す。この瞬間がワインですね。
あまり冷やし過ぎないほうが良いです。春先の夕べなら常温でOK。
グラスは広口のボルドーグラスが良いと思います。
淡泊に感じないギリギリ、でもぶれることのない果実味、甘味がとてもエレガントです。
単独でも、食中酒としても、十分に楽しめるボルドーのグレートヴィンテージ。
ぜひ、お試しください。

特集ページ

FEATURE

特集ページ

FEATURE

ご予算・タイプでワインを選ぶ