• collection
  • シャトー・オー・ベルジェイ ペサック・レオニャン 2006年
キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元
キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

シャトー・オー・ベルジェイ ペサック・レオニャン 2006年

容量
750ml
タイプ
産地
フランス / France ボルドー / ペサック・レオニャン Bordeaux / Pessac-Leognan
生産者名
Chateau Haut Bergey
生産年
2006
ぶどう品種
カベルネ・ソーヴィニヨン Cabernet Sauvignon 54%、メルロ Merlot 46% / ビオディナミ栽培
熟成
バリック16-18か月熟成(新樽比率50%)
シャトー・オー・ベルジェイ ペサック・レオニャン 2006年
15世紀から続く非常に古いシャトー『オー・ベルジェイ』。グラン・クリュ格付外からは外れているもののUSAでかつては圧倒的な影響力を誇っていたワイン評論家ロバート・パーカーはこの生産者を「ペサック・レオニャンのトップ生産者のひとつ」と太鼓判を押し、大プッシュしています。
抜栓したばかりのこのワインは、実に静かな印象。果実やタンニンの主張も控えめで、樽のロースト感とミントの香りがほんのり漂う程度。「しまった、ハズレのボルドー引いちゃったな・・・」と思ってしまうかもしれませんがそこはご安心を。時間を経る毎に、多様性あるイメージが立ち上がってきます。
ワイルドベリーやカカオの香りが現れるころから味わいに甘みがじんわり。75-90分後くらいになると深い旨みに溢れ、熟成感がきれいに。序盤は控えめだったタンニンも、アフターにしっかりと存在感を示してきます。まだここから数年は変化し続けるだろうな、というポテンシャルを感じさせる1本でした。心地よい裏切りを期待しつつ、楽しんで下さい。
(ワインレヴュー担当:Firadis WINE CLUB店長 五十嵐 祐介)

通常価格

4,250円 (4,675円税込)

43 ポイント獲得

シャトー・オー・ベルジェイ ペサック・レオニャン 2006年

シャトー・オー・ベルジェイ ペサック・レオニャン 2006年

通常価格

4,250円(4,675円税込)

43 ポイント獲得

容量
750ml
タイプ
産地
フランス / France ボルドー / ペサック・レオニャン Bordeaux / Pessac-Leognan
生産者名
Chateau Haut Bergey
生産年
2006
ぶどう品種
カベルネ・ソーヴィニヨン Cabernet Sauvignon 54%、メルロ Merlot 46% / ビオディナミ栽培
熟成
バリック16-18か月熟成(新樽比率50%)

15世紀から続く非常に古いシャトー『オー・ベルジェイ』。グラン・クリュ格付外からは外れているもののUSAでかつては圧倒的な影響力を誇っていたワイン評論家ロバート・パーカーはこの生産者を「ペサック・レオニャンのトップ生産者のひとつ」と太鼓判を押し、大プッシュしています。
抜栓したばかりのこのワインは、実に静かな印象。果実やタンニンの主張も控えめで、樽のロースト感とミントの香りがほんのり漂う程度。「しまった、ハズレのボルドー引いちゃったな・・・」と思ってしまうかもしれませんがそこはご安心を。時間を経る毎に、多様性あるイメージが立ち上がってきます。
ワイルドベリーやカカオの香りが現れるころから味わいに甘みがじんわり。75-90分後くらいになると深い旨みに溢れ、熟成感がきれいに。序盤は控えめだったタンニンも、アフターにしっかりと存在感を示してきます。まだここから数年は変化し続けるだろうな、というポテンシャルを感じさせる1本でした。心地よい裏切りを期待しつつ、楽しんで下さい。
(ワインレヴュー担当:Firadis WINE CLUB店長 五十嵐 祐介)

        



ワイン選びで「絶対にハズさない」4つの理由 ワイン選びで「絶対にハズさない」4つの理由

About the producer 生産者の横顔

Chateau Haut Bergey

シャトー・オー・ベルジェイ

2008年ヴィンテージはロバート・パーカー94点を獲得。手頃な価格でペサック・レオニャンの本格伝統派を楽しめる1本。

3つのポイント

  • ペサック・レオニャンの中心に城を構える『シャトー・オー・ベルジェイ』、15世紀に建立された非常に歴史の古いシャトー。
  • 現当主は息子のポール・ガルシン、ワインメーカーのフランソワ・プルートゥとともに、芸術的な感性と最新の有機農法を融合させたワインを造り出す優良生産者として、プロからの信頼が厚い。
  • ロバート・パーカーは『シャトー・オー・ベルジェイ』を「ペサック・レオニャン最高峰のワインの一つ」と絶賛。

生産者詳細

ペサック・レオニャンの中心に白を構える『シャトー・オー・ベルジェイ』、15世紀に建立された非常に歴史の古いシャトー。1700年、ボルドー議会顧問を務めていたジョン・フランシスクレス卿が最初のブドウを植樹し、以来300年以上に渡って栽培が続けられている伝統のエステートだ。

1991年に、シルヴィアン・ガルシン=カシャールと夫のガストンが当時の最新の技術・設備を導入して以降、ワインの品質を一気に向上させた。現在は息子のポール・ガルシン、ワインメーカーのフランソワ・プルートゥ、コンサルタントのアラン・レイノーとともに、芸術的な感性と最新の有機農法を融合させたワインを造り出す優良生産者として、プロからの信頼が厚い。

現在ペサックに40ヘクタールのブドウ畑(うち38ヘクタールがカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン、プティ、ヴェルドの黒ブドウ品種、残り2ヘクタールがソーヴィニヨン・ブラントセミヨンの白ブドウ品種)を所有、ガロンヌ川由来の砂利と粘土主体のテロワールはこの村の個性を際立たせる。『シャトー・オー・ベルジェイ』が畑を所有するこの地域は非常に複雑なテロワールに恵まれ、赤・白・ロゼ全てのカテゴリーで素晴らしいワインを生産することができる。近年はロゼワインにも力を入れており、ロゼワインの生産比率はボルドー地方の他シャトーよりも非常に高い。

ロバート・パーカーは『シャトー・オー・ベルジェイ』を「ペサック・レオニャン最高峰のワインの一つ」と絶賛した。

みんなのワインレヴュー

REVIEW

みんなのワインレヴュー

REVIEW

この商品にはまだレヴューがありません。最初の一人になりましょう!

レヴュー投稿ごとに100円分のポイントプレゼント中

特集ページ

FEATURE

特集ページ

FEATURE

関連ショップのご紹介

SHOP