• collection
  • 【店長五十嵐イチ押し!】ヴァグナー・シュテンペル リースリング トロッケン グーツヴァイン

【店長五十嵐イチ押し!】ヴァグナー・シュテンペル リースリング トロッケン グーツヴァイン

容量
750ml
タイプ
産地
ドイツ ラインヘッセン / Rheinhessen
生産者名
Wagner Stempel
生産年
2016
ぶどう品種
リースリング100%
熟成
ステンレスタンク&ジャーマンオークの大樽
【店長五十嵐イチ押し!】ヴァグナー・シュテンペル リースリング トロッケン グーツヴァイン
樹齢は2-15年、ジーファースハイム村近郊の複数の畑のブドウをブレンドして造られるリースリングのスタンダードキュヴェ。青リンゴ、アプリコットや柑橘系のしっかりとしたアロマにスパイシーなミネラルを感じます。成熟したブドウに由来するジューシーさとリッチなアロマを持つミディアムボディ、豊かなミネラルと伸びやかで鮮烈な酸が全体を引き締めており、繊細でエレガントなフィニッシュに繋がっていきます。
ヴァグナー・シュテンペルの中では一番のカジュアルワインながら、本格的なドイツ辛口リースリングスタイルが十分に楽しめる1本。和食、特に新鮮な魚介の刺身に合わせて楽しみたい「冬も旨いリースリング」。おすすめです!!
(ワインレヴュー担当:Firadis WINE CLUB collection 店長 五十嵐 祐介)

通常価格2,916円

2,380円 (2,570円税込)

【店長五十嵐イチ押し!】ヴァグナー・シュテンペル リースリング トロッケン グーツヴァイン

【店長五十嵐イチ押し!】ヴァグナー・シュテンペル リースリング トロッケン グーツヴァイン

通常価格 2,916円

2,380円(2,570円税込)

容量
750ml
タイプ
産地
ドイツ ラインヘッセン / Rheinhessen
生産者名
Wagner Stempel
生産年
2016
ぶどう品種
リースリング100%
熟成
ステンレスタンク&ジャーマンオークの大樽

樹齢は2-15年、ジーファースハイム村近郊の複数の畑のブドウをブレンドして造られるリースリングのスタンダードキュヴェ。青リンゴ、アプリコットや柑橘系のしっかりとしたアロマにスパイシーなミネラルを感じます。成熟したブドウに由来するジューシーさとリッチなアロマを持つミディアムボディ、豊かなミネラルと伸びやかで鮮烈な酸が全体を引き締めており、繊細でエレガントなフィニッシュに繋がっていきます。
ヴァグナー・シュテンペルの中では一番のカジュアルワインながら、本格的なドイツ辛口リースリングスタイルが十分に楽しめる1本。和食、特に新鮮な魚介の刺身に合わせて楽しみたい「冬も旨いリースリング」。おすすめです!!
(ワインレヴュー担当:Firadis WINE CLUB collection 店長 五十嵐 祐介)

About the producer 生産者の横顔

Wagner Stempel

ヴァグナー・シュテンペル
ドイツ最大のワイン産地「ラインヘッセン」を銘醸地へと押し上げた最優良生産者。ラインヘッセンで唯一火山性土壌のジーファーズハイム村から生まれる辛口ワインは同じ火山性土壌で育った日本の食材との相性抜群!

3つのポイント

  • ドイツ最大のワイン産地ラインヘッセンは昔からワインの名産地として名を馳せていたが、甘口ワイン「リープフラウエンミルヒ(聖母の乳)」の出現により、大量生産の産地というマイナスイメージに苦しんだ歴史的背景がある。このイメージを払拭に重要な役割を果たしたのが「メッセージ・イ ン・ア・ボトル」と呼ばれるグループ。創立2002年、当初のメンバーはキューリンク・ジロー、クラウス・ケラー、ヴィットマン、そしてヴァグナー・シュテンぺルといった現在のラインヘッセンのスター生産者たちだった。
  • ジーファースハイム村のテロワールの優位性は、まず風化した流紋岩(石英比率の高い斑岩で、火山岩の一種)土壌のため収量がとても低いこと。次に石が多く酸性で栄養分が少ないこと。最後にローム質の表土がかなり薄い (50cm未満のところもある)ため、適度な保水力に加え、蓄熱性が高いこと。
  • 2004年にはプレミアムワイン生産者グループであるVDPのメンバーとなり、 有名なドイツワイン評価誌アイヒェルマンによって「新人賞」を与えられ、またゴーミヨ誌からは「彼のワインは本当に特別である」と絶賛された。

生産者詳細

ドイツ最大のワイン産地であり、夏暖かく冬は穏やかで雨も少ない、恵まれたエリアであるラインヘッセン。自然条件がほぼ完璧なため、昔からワインの名産地として名を馳せていたが、甘口ワインの「リープフラウエンミルヒ(聖母の乳)」の出現により、大量生産の産地というマイナスイメージに苦しんだ歴史的背景がある。このイメージを払拭するのに重要な役割を果たしたのが「メッセージ・イ ン・ア・ボトル」と呼ばれる若い生産者たちのグループだ。創立は2002年で、当初のメンバーはキューリンク・ジロー、クラウス・ケラー、ヴィットマン、ヴァグナー・シュテンぺルといった現在のラインヘッセンのスター生産者たちだ。

安ワイン産地のイメージが強い中で本格的な辛口を造っていた彼らは、周囲から注目されるようになり、次第に新聞の取材を受けるようになった。徐々 にメンバーも増え、活動の幅が広がった結果、ラインヘッセンのイメージを変えるきっかけとなっただけでなく、ドイツ中の若い生産者たちに大きな刺激を与えた。その中でも特に功績を残したのがヴァグナー・シュテンぺルのダニエル。なぜなら、彼は忘れられていた、あるいはかつては認められていなかったテロワールでも正確に解釈すれば素晴らしい品質のものになるということを世界中に証明したからだ。

ヴァグナー・シュテンぺルはラインヘッセンの最西部にあるジーファースハイム村に18haの畑を持つ。この村は火山活動によって形成されたエリアの近郊にあるため、ラインヘッセンで唯一の火山性土壌となっている。

今でこそ名産地として知られているが、実はこの地はダニエルが1992年に一族のビジネスを受け継ぐまで良質なワイン産地としては知られていなかった。

彼がこの地に見つけたテロワールの優位性は、まず風化した流紋岩(石英比率の高い斑岩で、火山岩の一種)土壌のため収量がとても低いこと。次に石が多く酸性で栄養分が少ないこと。最後にローム質の表土がかなり薄い (50cm未満のところもある)ため、適度な保水力に加え、蓄熱性が高いことだ。リースリング、特に古樹はとりわけこうした条件を好む。こうした好条件の下、ブドウは有機栽培によって育てられ、酵母や亜硫酸を添加しないマストをステンレスタンクや伝統的なオーク樽で自然発酵させる。こうして生み出される彼のワインは、ボリューム感がありながらも香りやフレーバーが上方向へ伸びるトーンの高さと、粒の細かいミネラルが造る鋭角的な印象が見事に調和しており、瞬く間に飲み手を魅了していった。

2004年にはプレミアムワイン生産者グループであるVDPのメンバーとなり、 有名なドイツワイン評価誌アイヒェルマンによって「新人賞」を与えられ、またゴーミヨ誌からは「彼のワインは本当に特別である」と絶賛される。ワインの品質が素晴らしいことは言うに及ばないが、歴史的な観点から見てもラインヘッセンを語る上で決して外してはならないのがこのヴァグナー・シュテンペルだ。

こちらもおすすめ!

RELATED PRODUCTS

こちらもおすすめ!

RELATED

関連ショップのご紹介

SHOP