• collection
  • シャトー・ムートン・ロートシルト 1991年

★「セツコ」のアートラベルで日本市場での人気が非常に高い1991年、2本のみ在庫あります★ シャトー・ムートン・ロートシルト 1991年

容量
750ml
タイプ
産地
フランス ボルドー ポーイヤック/Bordeaux Pauillac
生産者名
Chateau Mouton Rothschild
生産年
1991
ぶどう品種
カベルネ・ソーヴィニヨン74%、メルロ18%、カベルネ・フラン8%
熟成
シャトー・ムートン・ロートシルト 1991年
≪テイスティングノート≫
レンガ色の外観。オレンジ色かかった美しい光沢。香りに関して、かなり上質なアロマ表現が楽しめるワイン。ジャスミンを思わせるフローラルなほのかな香り。また、焦焙系のノートがより濃く感じられます。エアレーション後には、カシスや各種スパイスの香りが広がり、より豊かな香りへ変化を見せます。瑞々しさのあるアタック。酸っぱさのある小粒果実の風味が魅力で、ざらつきがなく、まろやかで溶け込んだ、フィネスとエレガンスを特徴とするタンニンを含んでいます。後味の風味はとにかく豊かで濃厚。

≪作柄≫冬の寒さは厳しく、続く春は温暖な天候に恵まれ、ブドウ樹は早めに萌芽を迎えました。4月21日、凍霜害による深刻な被害が出ています。シャトー・ムートン・ロスシルド、シャトー・ダルマイヤックおよびシャトー・クレール・ミロンは、恵まれた地理的環境のおかげで、これらの被害から守られています。夏の時期は暑く好天続きの天候に恵まれ、上質な果実成熟が得られています。収穫は良好なコンディションのもとで行われました。(*シャトー・ムートン・ロートシルト公式サイトより)

通常価格97,200円

79,800円 (86,184円税込)

シャトー・ムートン・ロートシルト 1991年

★「セツコ」のアートラベルで日本市場での人気が非常に高い1991年、2本のみ在庫あります★ シャトー・ムートン・ロートシルト 1991年

通常価格 97,200円

79,800円(86,184円税込)

容量
750ml
タイプ
産地
フランス ボルドー ポーイヤック/Bordeaux Pauillac
生産者名
Chateau Mouton Rothschild
生産年
1991
ぶどう品種
カベルネ・ソーヴィニヨン74%、メルロ18%、カベルネ・フラン8%
熟成

≪テイスティングノート≫
レンガ色の外観。オレンジ色かかった美しい光沢。香りに関して、かなり上質なアロマ表現が楽しめるワイン。ジャスミンを思わせるフローラルなほのかな香り。また、焦焙系のノートがより濃く感じられます。エアレーション後には、カシスや各種スパイスの香りが広がり、より豊かな香りへ変化を見せます。瑞々しさのあるアタック。酸っぱさのある小粒果実の風味が魅力で、ざらつきがなく、まろやかで溶け込んだ、フィネスとエレガンスを特徴とするタンニンを含んでいます。後味の風味はとにかく豊かで濃厚。

≪作柄≫冬の寒さは厳しく、続く春は温暖な天候に恵まれ、ブドウ樹は早めに萌芽を迎えました。4月21日、凍霜害による深刻な被害が出ています。シャトー・ムートン・ロスシルド、シャトー・ダルマイヤックおよびシャトー・クレール・ミロンは、恵まれた地理的環境のおかげで、これらの被害から守られています。夏の時期は暑く好天続きの天候に恵まれ、上質な果実成熟が得られています。収穫は良好なコンディションのもとで行われました。(*シャトー・ムートン・ロートシルト公式サイトより)

About the producer 生産者の横顔

Chateau Mouton Rothschild

シャトー・ムートン・ロートシルト

3つのポイント

  • シャトー・ムートン・ロートシルトは、ボルドー市北西、岬状にのびるメドックの淵に、90ヘクタールのブドウ畑を所有。メドック、in medio aquae、水に囲まれた土地。その名が示すとおり、東にはジロンド河口、西には大西洋。メドックのブドウ畑の歴史はローマ帝国の時代にまで遡り、現在はおよそ1万6500ヘクタールの作付面積を誇る。全長80キロメートル、幅5〜10キロメートルの細長い帯状の土地にブドウ畑は広がり、傍を流れる河により、土壌下層部からの灌漑効果および寒暖差の調整効果が得られる。この地方はランドの松林北端に接して広がり、海洋性気候特有の温暖さを良好なバランスで享受することが出来ているのが特徴。
  • 18世紀、ムートンの畑は、ラフィットやラトゥール同じく「葡萄の王子」との異名を取ったニコラ=アレクサンドル・ド・セギュール侯爵の所有だった。その後、ド・ブラーヌ男爵が所有権を獲得し、ブラーヌ=ムートンと命名。1853年、名家ロスシルド家のイギリス分家に属するナタニエル・ド・ロスシルド男爵が所有権を取得し、現在のシャトー・ムートン・ロスシルドの名称が誕生する。
  • 1945年からは毎年、現代美術家がムートンのためにオリジナル作品を制作し、その年のワインラベルを飾る。1973年、当時の農業大臣ジャック・シラク署名のデクレ制定により、プルミエ・クリュ・クラッセ(格付第一級)への昇格を実現。1855年以来ボルドー・メドックの格付け変更が行われたのはこの1回だけ。シャトー・ムートンがいかに例外的な扱いをされているかが分かるエピソードである。

生産者詳細

こちらもおすすめ!

RELATED PRODUCTS

こちらもおすすめ!

RELATED

関連ショップのご紹介

SHOP