• collection
  • ドメーヌ・デ・リズ コルナス

★コート・デュ・ローヌ北地域の天才的トップ生産者として名高い『ドメーヌ・デ・リゼ』の上級レンジ、『コルナス』がFiradis WINE CLUB初入荷です!!★ ドメーヌ・デ・リズ コルナス

容量
750ml
タイプ
産地
フランス コート・デュ・ローヌ Cotes du Rhone / コルナス Cornas
生産者名
Domaine des Lises
生産年
2015
ぶどう品種
シラー100% / 樹齢18-25年 / リュット・レゾネ
熟成
バリック20ヶ月(新樽比率5-10%)&大樽(3,000L)2か月熟成
ドメーヌ・デ・リズ コルナス
南向きの土地で力強く熟した果実に、コルナスならではの大きな石灰ブロックから、ミネラル感と締まったタンニンが与えられた。このワイナリーの特徴である柔らかくボリュームたっぷりの果実味がそれらの要素をまとめている。

通常価格8,154円

6,780円 (7,322円税込)

ドメーヌ・デ・リズ コルナス

★コート・デュ・ローヌ北地域の天才的トップ生産者として名高い『ドメーヌ・デ・リゼ』の上級レンジ、『コルナス』がFiradis WINE CLUB初入荷です!!★ ドメーヌ・デ・リズ コルナス

通常価格 8,154円

6,780円(7,322円税込)

容量
750ml
タイプ
産地
フランス コート・デュ・ローヌ Cotes du Rhone / コルナス Cornas
生産者名
Domaine des Lises
生産年
2015
ぶどう品種
シラー100% / 樹齢18-25年 / リュット・レゾネ
熟成
バリック20ヶ月(新樽比率5-10%)&大樽(3,000L)2か月熟成

南向きの土地で力強く熟した果実に、コルナスならではの大きな石灰ブロックから、ミネラル感と締まったタンニンが与えられた。このワイナリーの特徴である柔らかくボリュームたっぷりの果実味がそれらの要素をまとめている。

About the producer 生産者の横顔

Domaine des Lises

ドメーヌ・デ・リズ
北ローヌのトップ生産者として、ギガルやシャーヴと並び取り上げられる。明確で鮮明な 果実の表現を追求するセンスと、才能が類まれなるものであることが証明されている。現在は父アラン・グライヨのワインも手掛ける。

3つのポイント

  • 『クローズ・エルミタージュの神様』と称されるアラン・グライヨの息子、マキシム・グライヨが、2003年に畑を購入し興したドメーヌ。
  • 『ワイン・スペクテイター』誌の北ローヌ特集では、ギガルやシャーヴと並んで堂々のトップドメーヌ入り。「マキシムは彼自身の道を探し続けているが、しかし彼のワインはすでに荘厳で堂々としている。もし、伝統と現代的醸造技術の共存を見たいならば、シェ・グライヨを見るべきだ!」と記され、彼の類まれなるセンスと才能は熱い注目を集めている。
  • 5ha所有する畑は、ローヌ川とイゼール川の沖積土で砂や砂利、丸い小石が混ざり、非常に水はけの良い土地。平均樹齢18-25年で、栽培方法は伝統的だが、収量をこのアペラシオンでは非常に低い35-40hl/haと生産効率を無視し、品質重視に徹している。

生産者詳細

クローズ・エルミタージュの神様アラン・グライヨの息子であるマキシム・グライヨが、2003年に畑を購入し、興したドメーヌ。タン・レルミタージュの南数キロ、ボーモン・モントュウのコミューンに位置する。彼は、ブルゴーニュで醸造学を学んだ後、カリフォルニアのターリー・ワインセラーズなどで修行し、現代的醸造技術も吸収した。

父と同じワインではなく、あくまで彼自身のワインを造っており、その強い意志と自信はすでに彼に大物の風格を与えている。初ヴィンテージの2004年で 8千本を生産。いきなり素晴らしいワインを世に送り出し、周囲を驚愕させた。パリ随一のワインショップ“Cave d'Auge”で店頭に大陳列され、ロンドンでは “Berry Bros & Rudd”が代理店として名乗りをあげる。『ワイン・スペクテイター』の北ローヌ特集では、ギガルやシャーヴと並んで堂々のトップドメーヌ入りを果たし、「マキシムは彼自身の道を探し続けているが、しかし彼のワインはすでに荘厳で堂々としている。もし、伝統と現代的醸造技術の共存を見たいならば、シェ・グライヨを見るべきだ!」と記され、彼の類まれなるセンスと才能は熱い注目を集めている。

5ha所有する畑は、ローヌ川とイゼール川の沖積土で砂や砂利、丸い小石が混ざり、非常に水はけの良い土地だ。平均樹齢18-25年で、栽培方法は伝統的だが、収量をこのアペラシオンでは非常に低い35-40hl/haと生産効率を無視し、品質重視に徹している。手収穫、除梗後、低温浸漬を数日行った後、醸しを20-25日間行う。強いルモンタージュよりも極力丁寧なピジャージュにより、柔らかい果実味を引出す。樽に詰めた後マロラクティック発酵をする。

区画ごとに最適だと思われる醸造分類をし、瓶詰め前に最終的なアッサンブラージュをする。決して抽出に傾いたワインではなく、マキシムは果実をきれいに表現することにこだわり、新樽の使用も5-10%に抑えている。現在では、ドメーヌ・アラン・グライヨのワインも手掛けているが、『父のドメーヌ』と『自らのドメーヌ』の区別は明確であり、ドメーヌ・デ・リゼでは独自のスタイ ルを追求している。

こちらもおすすめ!

RELATED PRODUCTS

こちらもおすすめ!

RELATED

関連ショップのご紹介

SHOP