• collection
  • 【完売致しました!:24本限定入荷】ドメーヌ・ド・ベリヴィエール コトー・デュ・ロワール・ブラン ヴィエイユ・ヴィーニュ エパルス

【完売致しました!:24本限定入荷】ドメーヌ・ド・ベリヴィエール コトー・デュ・ロワール・ブラン ヴィエイユ・ヴィーニュ エパルス

★『ドメーヌ・ド・べリヴィエール』、遂に取り扱い開始しました!★

容量
750ml
タイプ
ワイン > 白ワイン
産地
フランス ロワール地方 コトー・デュ・ロワール / Coteaux du Loir
生産者名
Domaine de Belliviere
生産年
2016
ぶどう品種
シュナン・ブラン100%
熟成
ドゥミ・ミュイ&バリック(350L、新樽50%)18ヶ月

※こちらのワインはボトル形状上、ギフトボックス梱包不可です。恐れ入りますがご了承ください。

【完売致しました!:24本限定入荷】ドメーヌ・ド・ベリヴィエール コトー・デュ・ロワール・ブラン ヴィエイユ・ヴィーニュ エパルス
ジャニエールの対岸、コトー・デュ・ロワールの斜面に位置する様々な区画の樹齢50-80年の古樹のブドウを使用。土壌は火打ち石と石灰石からなる。桃のコンポートや洋ナシ、スパイスの香り。丸みのある優しい果実に細かな酸を備えたボリュームのある辛口。

通常価格6,804円

5,580円 (6,026円税込)

11%OFF!

56 ポイント獲得

【完売致しました!:24本限定入荷】ドメーヌ・ド・ベリヴィエール コトー・デュ・ロワール・ブラン ヴィエイユ・ヴィーニュ エパルス

【完売致しました!:24本限定入荷】ドメーヌ・ド・ベリヴィエール コトー・デュ・ロワール・ブラン ヴィエイユ・ヴィーニュ エパルス

★『ドメーヌ・ド・べリヴィエール』、遂に取り扱い開始しました!★

通常価格 6,804円

5,580円(6,026円税込)

11%OFF!

56 ポイント獲得

容量
750ml
タイプ
ワイン > 白ワイン
産地
フランス ロワール地方 コトー・デュ・ロワール / Coteaux du Loir
生産者名
Domaine de Belliviere
生産年
2016
ぶどう品種
シュナン・ブラン100%
熟成
ドゥミ・ミュイ&バリック(350L、新樽50%)18ヶ月

※こちらのワインはボトル形状上、ギフトボックス梱包不可です。恐れ入りますがご了承ください。

ジャニエールの対岸、コトー・デュ・ロワールの斜面に位置する様々な区画の樹齢50-80年の古樹のブドウを使用。土壌は火打ち石と石灰石からなる。桃のコンポートや洋ナシ、スパイスの香り。丸みのある優しい果実に細かな酸を備えたボリュームのある辛口。

ワイン選びで「絶対にハズさない」4つの理由 ワイン選びで「絶対にハズさない」4つの理由

About the producer 生産者の横顔

Domaine de Belliviere

ドメーヌ・ド・ベリヴィエール

ロワール屈指のシュナン・ブランの聖地であり、消滅の危機にあったジャニエールを、残存する古樹を含む畑で見事復活させ、シュナン・ブラン最高峰の生産者となった。料理とのマリアージュによって最大限の力を発揮する。

3つのポイント

  • ワイン好きが高じ、石油会社の要職を離れてヴィニュロンに転身することを決意したエリック・ニコラ。ジャニエールのポテンシャルを確信していた彼は、妻のクリスティーヌとともに現存する古樹を守りつつ、消滅の危機にあったこの極小アペラシオンを見事に甦らせた。
  • ワイン造りにはビオの手法を採用しており、2008年にはビオディナミに完全転換。シャトー・ディケムや マルセル・ダイスと同じく、補糖をはじめ人工的なワイン造りに反対する天然甘口ワインの生産者団体『サプロス』の一員でもある。
  • 設立から十数年と歴史は浅いながらも、既に専門各誌で高い評価を受け、2004ヴィンテージでは『クラスマン』で10点満点を獲得。パリのピエール・ガニエールをはじめ、数々の星付きレストランにもオンリストされており、フランスワイン界では誰もが一目置く存在。

生産者詳細

ワイン好きが高じ、石油会社トータルの要職を離れてヴィニュロンに転身することを決意したエリック・ニコラ。1991年に国家醸造家の資格を取得後、いくつかの醸造所で経験を積みつつ、自らの理想の土地を探し求め、遂にジャニエールと運命的な出会いを果たす。

ジャニエールは、冷涼なロワールでも北部に位置する61haのアペラシオンで、土壌はミネラリーな石灰岩、ロワール(Loire)河の支流ロワール(Loir)川沿いに広がっている。かつてヴーヴレイやサヴニエールに比肩する産地として名声を誇っていたが、フィロキセラ後衰退の一途を辿り、エリックがドメーヌを初めて訪れた時、畑にはいくつかブドウの古樹が残る他は牧草や穀物が生い茂る在り様だったという。しかし、ジャニエールのポテンシャルを確信していた彼は、妻のクリスティーヌとともに現存する古樹を守りつつ、あらゆるリスクを背負って全ての情熱をこの地に注いだ。その結果、消滅の危機にさえあったこの極小アペラシオンを見事に甦らせただけでなく、新進の生産者の先に立ち、ロワールの可能性とシュナン・ブランの魅力を世界に知らしめることとなった。

ワイン造りにはビオの手法を採用しており、2008年にはビオディナミに完全転換。野草はブドウの樹に害がない限り放置されるので畑は緑に覆われている。土壌のダイナミズムを取り戻すため、古樹に対しても土を深く掘り起こし(根を傷つける危険性から通常は行わない)、また、テロワールを最もよく表現するために9,300本/haと植樹密度を高くとって、収量も厳しく制限する。醸造においても各ヴィンテージの違いは偉大な魅力のひとつとして決して補糖せず、テロワール別に自然酵母で行う発酵も自然のなすがままなので1年近く要するのが常と、独特のスタイルでワインを追及しており、シャトー・ディケムや マルセル・ダイスと同じく、補糖をはじめ人工的なワイン造りに反対する天然甘口ワインの生産者団体『サプロス』の一員でもある。

設立から十数年と歴史は浅いながらも、既に専門各誌で高い評価を受け、2004ヴィンテージでは『クラスマン』で10点満点を獲得。パリのピエール・ガニエールをはじめ、数々の星付きレストランにもオンリストされており、フランスワイン界では誰もが一目置く存在である。

みんなのワインレヴュー

REVIEW

みんなのワインレヴュー

REVIEW

この商品にはまだレヴューがありません。最初の一人になりましょう!

レヴュー投稿ごとに200円分のポイントプレゼント中

関連ショップのご紹介

SHOP