• collection
  • ジャコモ・グリマルディ ランゲ・ソーヴィニヨン
キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元
キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

ジャコモ・グリマルディ ランゲ・ソーヴィニヨン

★バローロ人気生産者『ジャコモ・グリマルディ』が造る白ワイン、入荷しました!★

容量
750ml
タイプ
産地
イタリア ピエモンテ州ランゲ / D.O.C. Langhe
生産者名
Giacomo Grimaldi
生産年
2018
ぶどう品種
ソーヴィニヨン・ブラン1100%
熟成
ステンレスタンク&大樽8ヶ月
ジャコモ・グリマルディ ランゲ・ソーヴィニヨン
フレッシュなハーブや桃、黄色い柑橘類のアロマティックな香り。心地よく熟したコクのある果実に緊張感のある酸を備えた味わい。フィニッシュは豊かな果実を太いミネラルと酸がささえる。

通常価格3,135円

2,565円 (2,821円税込)

10%OFF!

26 ポイント獲得

ジャコモ・グリマルディ ランゲ・ソーヴィニヨン

ジャコモ・グリマルディ ランゲ・ソーヴィニヨン

★バローロ人気生産者『ジャコモ・グリマルディ』が造る白ワイン、入荷しました!★

通常価格 3,135円

2,565円(2,821円税込)

10%OFF!

26 ポイント獲得

容量
750ml
タイプ
産地
イタリア ピエモンテ州ランゲ / D.O.C. Langhe
生産者名
Giacomo Grimaldi
生産年
2018
ぶどう品種
ソーヴィニヨン・ブラン1100%
熟成
ステンレスタンク&大樽8ヶ月

フレッシュなハーブや桃、黄色い柑橘類のアロマティックな香り。心地よく熟したコクのある果実に緊張感のある酸を備えた味わい。フィニッシュは豊かな果実を太いミネラルと酸がささえる。

        



ワイン選びで「絶対にハズさない」4つの理由 ワイン選びで「絶対にハズさない」4つの理由

About the producer 生産者の横顔

Giacomo Grimaldi

ジャコモ・グリマルディ

現当主のフェルッチのスタイルは、バリックを使用するも樽の味を全く感じさせない果実感と透明感・エレガンスを兼ね備える。古くから親密な関係にあるパオロ・スカヴィーノのアドバイスのもと、目を見張る成長を遂げている。

3つのポイント

  • 自社本詰めは1996年初ヴィンテージとキャリアは短いが、驚くべきスピードでめきめき評価を高める注目のバローロ生産者。
  • バリック使用をしながらも透明感のある柔らかさを持つ個性的なスタイルで、バローロのイメージを一新する。
  • 最重要の区画は「レ・コステ」。単独瓶詰めのトップ・キュヴェこそが「この生産者の飲むべき1本」です。

生産者詳細

ジャコモ・グリマルディは、現当主のフェルッチョ・グリマルディの祖父がバローロ村に1930年に取得した畑を受け継ぎ、ワイン造りを行っている。しかし、自社元詰の初ヴィンテージは1996年と、バローロの生産者としては比較的新しい造り手となる。それまではネゴシアンにワインを販売するのみだったが、1990年代中頃にマルコ・デ・グラツィアの出会いから、フェルッチョは本格的にバローロの生産に取り組み始める。グリマルディが祖父の代から所有する最も重要な畑レ・コステは、バローロ村を代表するクリュである。ルチアーノ・サンドレーネやジュゼッペ・リナルディも同クリュを所有しているが、このクリュを単独で瓶詰しているのはジャコモ・グリマルディのみだ。また、近年は古くから親密な関係にあるパオロ・スカヴィーノのアドバイスの下、イタリアを代表するワイン評価誌ヴェロネッリにてスーパー・トレステッレを獲得するなど目を見張る成長を見せている。フェルッチョは断言する。「樽の味を感じるワインは失敗作だ」と。その言葉通り、彼のワインはバリックを使用するも、樽の味を全く感じさせない果実と透明感、そしてエレガンスを兼ね備えている。そのポリシーを胸に、現在、レ・コステとソット・カステッロ・ディ・ノヴェッロのふたつのクリュを生み出している。グリマルディの手にかかればリリース直後から柔らかさが感じられる作品となる。レ・コステに加え、非常に豊かな香りが全面に広がり、砂質土壌由来の柔らかさが特徴のソット・カステッロ・ディ・ノヴェッロも驚くべき存在である。

【オーナー・醸造家のジャコモ・グリマルディさんにFiradis WINE CLUBが一問一答インタヴュー!】
Q1:ワイン造りを一生の仕事にしよう、と決意したきっかけは何ですか?

⇒子供の頃、祖父母と一緒にブドウ畑で遊んでいたころからその情熱が育まれてきたんだと思う。僕は祖父母が畑でとても幸せそうに、そして楽しそうに仕事をしているところをずっと見てきた。だから当然のように、ワインを造ることこそ世界で一番素晴らしく、そしてエキサイティングな仕事だ、と考えるようになったんだ。

Q2:これまでワインを造ってきて、一番嬉しかった瞬間は?
⇒日々畑にいて嬉しいことがあるんだけど、やっぱりその年の収穫が始まる時だね。これまでに僕が経験してきたいくつもの素晴らしいヴィンテージ、全て忘れられない嬉しい瞬間だったよ。

Q3:その反対に、一番辛い(辛かった)ときは?
⇒「辛い」と思うことは無いんだけど、春の芽吹きから収穫までずっと気を抜けない仕事だということかな 笑毎日がチャレンジの連続!

Q4:ワイン造りで最も「決め手になる」のは、どの工程だと思いますか?
⇒どこか一つの工程が全ての決め手になる、とは思わないな。ひとつひとつの細かいプロセス全てが大切だし、全てのプロセスが何らかの変化・差別化に繋がる。でもどこか一つ最重要な工程を選ぶとしたら、やはり発酵のプロセスだと思う。自分の経験・知見と照らし合わせ、その年・その区画に最もふさわしい発酵温度や期間を設定していくのは、毎回とても勇気を要する決断だよ。

Q5:あなたにとっての「理想のワイン」とは?
⇒それは勿論『バローロ』だよ。このワインは力がるのに、同時に卓越したエレガンスとフィネスを兼ね備えている。そして、我々の想像を超える長い時間をかけて熟成していくんだ。

Q6:今までに飲んだ中で最高のワインを1本だけ選ぶとしたら?
⇒1947年のバローロ。その当時はまだドメーヌで元詰めをしていなかったけども、うちの畑で獲れたブドウで造られたワインだった。

Q7:自分のワインと料理、これまでに一番マリアージュしたと思った組み合わせを教えてください。
⇒僕が自分のワインにいつも必ずお奨めするのはやっぱり肉料理。牛肉、仔牛、子羊・・・そして、とても高級で贅沢な食材だけど白トリュフたっぷりのパスタ。こんな贅沢が他にあろうか!!という感じだよ。

Q8:もしあなたが他の国・地域でワインを造れるとしたら、どこで造ってみたいですか?
⇒考えたことも無かったけど・・・シャンパーニュかな?Q9:あなたの「ワイン造り哲学」を、一言で表現してください。
⇒自分の畑ならではのキャラクター・アイデンティティ・そして純粋性をボトルの中に閉じ込めること、だね。

Q10:最後に・・・日本にいるあなたのワインのファンに、メッセージを!
⇒僕の『バローロ』を日本の皆さんに楽しんで戴けることを嬉しく思います。

こちらもおすすめ!

RELATED PRODUCTS

こちらもおすすめ!

RELATED

みんなのワインレヴュー

REVIEW

みんなのワインレヴュー

REVIEW

レヴュー投稿ごとに200円分のポイントプレゼント中

飲んだ瞬間から味を忘れる。

飲んだのは「2017」。
値段の割りに全く満足感のないソーヴィニヨン。
1,200円でもリピートはない。

moukan1972♂ さん

関連ショップのご紹介

SHOP