トータス・クリーク Tortoise Creek

最高に美味しくて、エコな
カリフォルニア・ワイン

最高クラスのブドウへのこだわり

トータス・クリークは、フランスとカリフォルニアでワインビジネスを長く営んできたメルとジャニー夫妻によって興されたワイナリー。
南仏でのワイナリー事業等、豊富なワイン作りの経験から導き出された「良いワインは、良いブドウから」という信念に基づいて、カリフォルニアでも特に優れた畑のブドウをセレクトしています。
醸造の際は、大切な果実にストレスを与えないよう、ポンプを使わずに重力フローシステムを用いるなど、手間を惜しまずピュアで品質の優れたヴァラエタル・ワインを産み出しています。
大切にハンドクラフトされたワインをリーズナブルに提供している為、アメリカ国内を中心に世界中で着実にファンを増やしている、注目のワイナリーです!

持続可能な農業へのこだわり

ワイン・メイキングの未来のために

トータス・クリークの情熱は、ただ高品質のワインを造る事だけではなく、 健康な土地や、健全なワイン作りを子や孫の世代に残していくことにあります。
そのために、カリフォルニア州の持続可能な農業の第三者認証である「ローダイ・ルール」の認定を受けて、 持続可能な農法を行っている小規模農家と協力し合ってワイン作りを行っています。
また「トータス」はリクガメの意ですが、2009年からはなんとカメの保護と研究のために、利益の一部を寄付する取り組みも始めました。
このようにとてもエコに真剣なトータス・クリークのワインをお客様に選んでいただくことで、カリフォルニアの自然やワイン農家の未来に繋がって行くことでしょう。

ワイン職人に聞く、10の質問

『トータス・クリーク』の生みの親、メル・マスターさん(写真右)

Q1:ワイン造りを一生の仕事にしよう、と決意したきっかけは何ですか?
⇒僕の曽祖父から父は、1900年代初頭からイギリスでワイン商を営んでいた。
だから自然と若い頃からワインへの興味と愛情が芽生えていたよ。
21歳の時、ヨーロッパのある大きなワイナリーでワイン造りの研修に参加した・・・そこで、人生が決まったんだ。

Q2:これまでワインを造ってきて、一番嬉しかった瞬間は?
⇒自分の造ったワインが、初めて売れた時・・・最初は、ほんの数ケースだった。
その時はフランスのラングドックでカベルネ・ソーヴィニヨン主体のブレンドワインを造っていて、「Les Jamelle(レ・ジャメル)」という名前を付けていた。
僕自身の名前「Melvyn(メルヴィン)」と、妻の名前「Janie(ジャニー)」を合わせた名前。
そのワインを買ってくれたのは・・・当時ニューヨークで一番のワインショップだったんだ。

Q3:その反対に、一番辛い(辛かった)ときは?
⇒それはやはり、自然(Mother Nature)は制御することが不可能だ、と思い知る時はいつもだよ。
たとえ自分たちがどれだけ精魂込めて畑で工夫と努力を重ねたとしても、最後の決断を下すのはいつも自然なんだ。

Q4:ワイン造りで最も「決め手になる」のは、どの工程だと思いますか?
⇒自分にとって最も決め手になると思うプロセスは 「ワインの熟成期間・手段を決めるとき」だ。
新樽・旧樽の使用比率の配分、そしてタンク?樽熟成の期間設定を、毎年仕込みの終わった段階で決めていくのが最も悩ましいところ。
出来るだけワインのピュアな味わいを維持しながらも複雑性を加えていく・・・見極めが本当に大切だ。

Q5:あなたにとっての「理想のワイン」とは?
⇒全要素のバランスが完璧であり、テロワールがありのままに投影されているワイン。

Q6:今までに飲んだ中で最高のワインを1本だけ選ぶとしたら?
⇒『シャトー・ムートン・ロートシルト 1945年』。
このワインを選んだことに、理由や説明は不要だろう 笑?

Q7:自分のワインと料理、これまでに一番マリアージュしたと思った組み合わせを教えてください。
⇒『トータス・クリーク』のカベルネ・ソーヴィニヨンやジンファンデルを、ごくごく普通のローストチキンに合わせるペアリング。
僕のワインは濃厚な味わいの料理にも合うけど、 シンプルな料理に合わせると、その味わいが劇的に変わるのが分かると思うんだ。
是非合わせてみて欲しい!!

Q8:もしあなたが他の国・地域でワインを造れるとしたら、どこで造ってみたいですか?
⇒プロヴァンス・・・かな。
南フランス・ラングドックでワインを造っていたことはあるのだけど、プロヴァンスはテロワールが全く異なる場所だからね。

Q9:あなたの「ワイン造り哲学」を、一言で表現してください。
⇒2つの言葉で表現させて欲しい。
「極めてシンプルに、そして最良のバランスを。」
「自身のワインを取り巻くテロワールに忠実に、自然に敬意を払うこと」

Q10:最後に・・・日本にいるあなたのワインのファンに、メッセージを!
⇒皆さんが僕たちのワインを飲み、楽しんでくれているから、僕たちはワイン造りというこの素敵な仕事を続けられている。
それはつまり、皆さんひとりひとりが僕たちの仕事を手伝ってくれている一員、だと思っているんだ。
皆さんと、いつか日本で一緒にワインを楽しみたいと願っているよ!

この生産者のワイン一覧

配送・送料

  • ・通常平日午前8:29までのご注文で当日発送が可能です。※定期コースは所定の配送日となります。
  • ・送料は通常550円(税込)※沖縄県、離島は別料金、ワイン6本以上、または1万円以上で無料です。
  • ・指定可能時間帯:午前中 | 12~14時 | 14~16時 | 16~18時 | 18~20時 | 19~21時
  • ・セット、定期コースは送料込み価格です。セットと合わせ買いの単品にも送料はかかりません。
  • ・クール配送は全品220円(税込)で承っております。また、夏季はワインのコンディションを保つため全便クール便となります。
  • ・土日祝日、夏季、冬季休業中は配送をお休みさせて戴いております。夏季、冬季休業の日程は別途ご案内となります。

お支払い方法

  • VISA
  • mastercard
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • 代金引換
  • amazon pay
  • R Pay
  • Pay-easy
  • セブンイレブン
  • LAWSON STATION
  • FamilyMart
  • MINI STOP
  • seicomart
  • ・上記の決済方法がご利用いただけます。
  • ・お電話でのご注文の場合は、代金引換でのみ承ります。
  • ・各決済の詳細はご利用ガイドよりご確認ください。