美味しいスパークリングワインの選び方
スパークリングワインの選び方

なんとなくを卒業!美味しいスパークリングワインを選ぶために、知っておきたい事

スパークリングワインを選ぶ時、どんな基準で選んでいますか? 実は選ぶ時に基準となるキーワードやポイントを抑えておくだけで、自分にぴったりの美味しいスパークリングワインに巡り合える確率はぐっと上がります。 そんな豆知識をここでは紹介させていただきます。そして後半にはいくつか、おすすめスパークリングワインのご紹介もさせていただきましょう。

スパークリングワインとは?

そもそも、スパークリングワインとは?

そさて、まずは大基本からです。スパークリングワインとはその名の通り発泡性ワインのことですね。 日本のワイン好きの間では単純に「泡」とか「泡もの」と呼ぶこともあります。シュワシュワと泡立つワインは総じてスパークリングワインと呼ぶことができますので、 皆さんご存知のシャンパンもスパークリングワインの一種ということになりますね。

シャンパーニュ地方の位置

スパークリング・ワインとシャンパンって何が違うの?

シャンパンはフランス語の発音で「シャンパーニュ」
これはフランスの地方名です。移置的にはパリの北東に130km程。少し歴史をひも解くと、18世紀後半までワインにおける「発泡」は時々現れてしまう欠陥として扱われていました。
この発泡性をワインの美点として技術的にコントロール、安定供給に始めて成功した土地がシャンパーニュ地方です。
現在でもこのシャンパーニュ地方のみで、決められた厳しい規定を守って造られた スパークリングワインだけが、ラベルに「CHAMPAGNE」つまりシャンパーニュと記載することができるのです。

合う料理

シャンパンは他のスパークリングワインよりも美味しい?

シャンパンはスパークリングに最適な土地で、厳しい基準をクリアしたものだけ。
当然、ワインとして一定の品質レベルは保証されています。
スパークリングワインの頂点にいるのがシャンパーニュと言っても過言ではありませんが、それを美味しいと思うかどうかはあなた次第。
後述しますが、スパークリングワインならではの良さもあるのですから。
是非この記事を読み進めてから、シャンパンとそれ以外のスパークリングワイン、飲み比べてみてください。

合う料理

シャンパンは少し特別な日のために

シャンパンの予算は、かなり安いもので3千円というものもありますが、エントリークラスでも1本5千円くらいから。おのずと飲むシーンは記念日や何かいいことがあった特別な時になります。(いつもシャンパンを飲んでいる羨ましい方もいると思いますが・・・)
※質の確かなシャンパーニュをお探しなら、当店のシャンパーニュ専門コーナー、ザ・シャンパーニュをご覧下さい。
一方、シャンパン以外のスパークリングワインは千円台でも沢山あります。好みのものに巡り合えば週末の食事を少し贅沢に彩るのに丁度良いでしょう。

合う料理

スパークリング・ワインの魅力

シャンパーニュは冷涼地で、土壌は基本的に石灰質です。生産されるワインは必然的に酸が豊かで、硬質な傾向となります。
ビシッとした酸と精緻なミネラルこそシャンパンの良さではありますが、シチュエーションや合わせる料理によってはもう少し柔らかくて、フルーティな発泡ワインをカジュアルに楽しみたい事もあるでしょう。

そんな時は、あえて他のスパークリングワインに目を向けてみるのも一つの方法です。
例えば、シャンパーニュから少しだけ南下してブルゴーニュにも素晴らしいスパークリングワインがあります。
味わいはシャンパンスタイルに近いですが、コスパはぐっと良くなります。
もっと南下して、南仏ラングドックまで行くと、ワインもふくよかさが出てきます。
さらにイタリアまで目を向ければ飲むと楽しくなるような陽性な魅力のある「スプマンテ」も。こちらはカジュアルなパーティにぴったり!
スペインの発泡性ワイン「カヴァ」を飲めば、暖かい気候でしっかりと熟したボリューム感のある果実味を感じることができるでしょう。
※写真はカヴァの生産者サバルテスのワイナリー。温暖な地中海性気候です。

合う料理

沢山あるスパークリングワインから、どう選んだらいいの?

こだわりのワインだけを紹介している当店がお薦めしたいのは、 やはり職人的生産者が造る、質の確かな、こだわりスパークリングワインです。 でも、街のお店に並んでいるスパークリングワインの中からそれを選び取るのは、中々難しいのも確か。

そんな時に役に立つキーワードが「瓶内二次発酵」(びんないにじはっこう)です。 シャンパーニュと同じ製法で、1本1本のボトルの中で、じっくりと時間をかけながら泡を生み出していきます。 大量生産のスパークリングワインは、タンク内で発泡させた大量のワインを瓶詰することも多いのですが、 手間のかかる「瓶内二次発酵」を行うことで、グラスの底から長く美しく立ち上る、きめ細やかな泡質になります。 スパークリングワインのクオリティの目安になります。

またワインを選ぶ時には、ラベルの華やかさばかりでなく、商品説明やお店の人のコメントから、どんな生産者がどのような土地で、 どのような点にこだわってそのワインを作っているのか。そのような生産者の情報が伝わってくるものを選んでみてください。 おのずと品質も良く、環境にも優しいものに絞られてくるはずです。 なるべくワインに詳しい専門店や、ワインアドバイザーのいる百貨店、こだわりのある街の酒屋さん等で、 そういった情報も踏まえてお勧めしてくれる場合があります。消費者の強い味方ですね。

それでは、職人的生産者が造る、瓶内二次発酵のおすすめのスパークリングワインをリストアップします。 ワインインポーターお墨付きの泡質の良さ、しっかりと熟したブドウに由来する 果実の凝縮感、そして良質なミネラルを感じていただけるものばかりですよ!

おすすめスパークリングワイン

特集ページ季節や旬の食材に合うワインや
注目生産者などをご紹介。

『フィラディスのワインは絶対にハズさない』

理由1 星付きレストランが選ぶワイン商社直営

星付きレストラン
が選ぶワイン商社直営

理由2 コストパフォーマンス 中間マージン無し

コストパフォーマンス
中間マージン無し

理由3 品質管理 4人のプロフェッショナル

品質管理
4人のプロフェッショナル

理由4 情熱 ワインにかける想い

情熱
ワインにかける想い

フィラディスのワインはなぜ美味しいのか。知っていただきたい『4つの理由』はこちら。

配送・送料

  • ・送料は通常660円(税込)、ワイン6本以上、または1万円以上で無料です。
  • ・商品6点以上、または税込11,000円以上で送料無料となります。
  • ・通常平日正午12:00までのご注文で当日発送が可能です。※定期コースは所定の配送日となります。
  • ・指定可能時間帯:午前中 | 12~14時 | 14~16時 | 16~18時 | 18~20時 | 19~21時
  • ・セット、定期コースは送料込み価格です。セットと合わせ買いの単品にも送料はかかりません。
  • ・クール配送は全品330円(税込)で承っております。また、夏季はワインのコンディションを保つため全便クール便となります。
  • ・土日祝日、夏季、冬季休業中は配送をお休みさせて戴いております。夏季、冬季休業の日程は別途ご案内となります。

お支払い方法

  • VISA
  • mastercard
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • 代金引換
  • PayPay
  • amazon pay
  • R Pay
  • Pay-easy
  • セブンイレブン
  • LAWSON STATION
  • FamilyMart
  • MINI STOP
  • seicomart
  • ・上記の決済方法がご利用いただけます。
  • ・お電話でのご注文の場合は、代金引換でのみ承ります。
  • ・各決済の詳細はご利用ガイドよりご確認ください。

ワインカテゴリ

生産者

(検索数上位から抜粋)

続きを読む