サンジョヴェーゼは市場で足場を得ることができるか

  国内市場で成功すると、その実力をより広範囲なエリアで試したくなるのは当然のことですが、一つの分野で成功したからといって別の分野で広く認められるというわけではありません。   サンジョヴェーゼは長い間愛されてきたイタリアの赤ワインで、イタリア国内における植樹の10%をサンジョヴェーゼが占めています。溌剌とした酸と芳醇なフレーバー、そして […]

オレゴンワインの変化

ここ数年の猛暑と山火事は、ピノ・ノワールの産地として有名なオレゴン北部よりも、より気温が高くなりがちなオレゴン南部に大きな被害をもたらしています。その結果、生産者たちはそのような過酷な環境下で収穫をしなければならなかった従業員と、ブドウを守るために様々な対策を講じています。   対策の具体例としては、新たな品種への注力、早い段階での収穫、灌漑の頻度 […]

乾燥についての議論~ワイン、灌漑、テロワール~

水は、ブドウ樹の成長やブドウの発育、そしてワインの味にも影響を与える、ブドウ栽培には欠かせない要素です。   無灌漑農法を行う多くの地域では、その年にどれだけ水分量を得られるかによってヴィンテージの特徴、つまりどのようにテロワールが表現されるかが決まります。無灌漑農法が不可能な地域では、灌漑をすることで人工的に水分量をコントロールします。 &nbs […]

ドイツの生産者による水中脱出

7月14日にドイツのワイン生産地アールを襲った洪水の被害は計り知れないものです。   この地域では約130名もの人が命を落とし、74名が行方不明となっています。水位が6メートル以上まで上昇した地域もあり、川に架かる61か所の橋が破壊され、町の一部が流されてしまったエリアもあります。   生き延びていくための当面の課題もあれば、被害の後始末 […]

カベルネ・フランの栄光への挑戦

ボルドーのアペラシオンからは排除され、生産者からは嘲笑され、そして常にメルローの支配下にあったカベルネ・フランの歴史は決して輝かしいものではありませんでした。   確かにロワール地方のシノンで生産されるフレッシュでジューシーなカベルネ・フランや、Cheval Blancにおけるカベルネ・フランの重要な役割を指摘することができるかもしれません。また、 […]

コトー・シャンプノワの未来

  シャンパーニュの大手メゾンLouis RoedererやCharles Heidsieckがシャンパーニュでスティルワインのリリースを始めると聞いたら、あなたはシャンパーニュが変動期にあることを悟るでしょう。   変動期の要因はもちろんその気候にあります。シャンパーニュが傑出したスパークリングワインを生産できる理由は、シャンパーニュが […]

オレゴンの生産者に差し迫る熱波

  オレゴン州のウィラメット・ヴァレーは、7月26日に観測史上最も暑い日を記録し、オレゴン州の州都であるセイラム市の気温は47度に達しました。これは太平洋岸北西部で頻発しているヒートドーム現象(熱波の一種)の一部です。   このような気温はカリフォルニア州のワイン産地では時々起こりますが、大衆ワインの生産地であるサン・ホアキン・ヴァレーが […]

ウィラメット・ヴァレーは第2のブルゴーニュとなるか?

  ちょうど20年前、Willamette Valleyからシャルドネが姿を消しました。生産者たちはシャルドネがWillamette Valleyのテロワールに適していると考えていなかったので、シャルドネを他のブドウ品種に植え替えたのです。   そして今ではWillamette Valleyが世界で最も興味深いシャルドネの産地であることに […]

自根のブドウ樹が見据える現実

フィロキセラの脅威が絶えず存在しているにもかかわらず、著名生産者たちが属する生産者団体が“自根の樹から造られたワイン”のユネスコ認定に向けて動いているため、ブドウ畑の遺産がユネスコに認定される可能性があります。   19世紀にフィロキセラ(害虫の一種)がヨーロッパに上陸すると、地球上の偉大なワイン生産地が壊滅状態に陥ったので、現存する大半のブドウ樹はフィロキ […]

オレゴンワイナリーのブルゴーニュ進出

ピノ・ノワール界に逆転現象が起きました。オレゴンのワイナリーがブルゴーニュのグラン・クリュの畑を購入したのです。   金額は非公開ですが、Willamette Valley のワイナリーDomaine SereneのオーナーであるGrace Evenstadが、VougeotのワイナリーDomaine Christian Confuron et f […]

1 2 3 5
Translate »