ぽんちーさんのレビュー一覧

10 件中 1 件から 10 件を表示しています。

酸の具合がチョベリグですね〜☆

レビュー対象商品:フィリップ・ジャノ ブルゴーニュ・ピノ・ノワール

投稿日時:2018/11/05 21:09:23

ダレンに傾倒して買いそびれ続けていましたが、いやー素晴らしいですね!
造りは、かなりダレンに似ていると思います。ブルゴーニュに濃さやインパクトは求めない自分にドンピシャな自然体なワインです。

◯抜栓直後
ラズベリーのような果実味と酸、 背後に若干の土っぽさ。
◯抜栓後、2時間
上記のニュアンスに、いちごとさくらんぼの柔らかい果実味が加わり、土っぽさはマッシュルームっぽくなりました。
赤紫の花もあり。

全体としては、ダレン同様、やはりノスタルジックな果実味を連想させる素晴らしいブルゴーニュだと思います。

以下、私見によるダレンとの違い(ダレンにはあまり感じなかった要素)です。ヴィンテージは、ダレンが2015でジャノは2016です。
当然、ヴィンテージによる差異もあるかと思いますが・・・
◯前述の通り、抜栓直後の土っぽさと時間経過してからのマッシュルーム感。これらは自然体なピノ好きの自分にとっても、過剰なニュアンスではなく、むしろ複雑性を与えてるように感じます。
◯タイトルまんまですが、このワイン、酸の質がとても上等に感じました。程良く硬質で上質な酸でした。果実味と上手くバランスを取る範囲で、美味しかった・・・!!!この酸がワインに瑞々しさを与えてるのかなと。
※ダレンは上記の要素があまり感じられない代わりに、ノスタルジックな果実味の深さの点では、幾分ダレンかな・・・(酸の強さとヴィンテージの違いによるものですかね?)

二千円台前半でこの味わいのブルピノを味わえるなんて、幸せです。リピート決定です!

南仏のエレガントなピノ!

レビュー対象商品:シャトー・アントニャック クロズリー・デ・リ ピノ・ノワール

投稿日時:2018/09/13 21:40:48

コスパ抜群な、ちゃんとフランス然した正統派ピノです!
今回は抜栓直後から頂きました。

◯ブラックチェリーやラズベリー等の生果と、煮詰めたジャムっぽさもあり。スパイスも若干。
◯ピノが大切にすべき酸味と蒼さもちゃんとあり、これらが果実味と相まってノスタルジックなじんわり系の旨味を醸し出している。
◯ニューワールドのピノにありがちな過剰で不自然なべったり感は皆無。

千円台でフランス然した正統派ピノを買えるなんて、とてと幸せです!
確かに、ブルゴーニュのダレン辺りと比べたら陽性ですが、きちんとエレガントの範疇に居座りつつ、フレンドリーな要素も兼備してる言えるかと!

例えば、疲れが溜まってる水曜日に、「火照ったカラダに、ピノの酸味と果実味、エレガンスが欲しいけど、あんまり陰性すぎるのもチョット・・・」という時に、おあつらえ向きかと思います!

定番の一本になりそうです!



ぜひ一度お試しあれ!

レビュー対象商品:シャルル・ジョゲ シノン・シレーヌ

投稿日時:2018/09/01 16:36:15

ブルゴーニュ好きで未飲の方に試していただきたいと切に感じました!

◯抜栓直後・・・茹でた豆、ピーマン、白コショウの背後に、赤系果実
◯抜栓して3時間後・・・さくらんぼ等の赤系果実のニュアンスが前面に。重量感のある黒い果実と紫の花も少々。解説のとおり、ノスタルジックな深い旨味とスムーズな伸び&広がりを確かに感じる。

上記の通り、個人的にはピーマン等のカベルネフランの一般的なニュアンスは確かに存在しつつも、果実の深い旨味が優勢です。
抜栓して時間が経つほど、ピーマン等のニュアンスは良い意味で劣勢になりました。
これらのニュアンスを弱めたい方は、早めの抜栓&液面下げが良いかもしれません。

以前に飲んだ他のイマイチなカベルネフラン単体と比べると、触れ込みの通りきちんと完熟したぶどうが使われてるなーと!

ブルゴーニュのプルミエクリュ以上の経験は乏しいですが、上等なACブルゴーニュのノスタルジックな果実味に、一般的に言われているカベルネフランの特徴が良いアクセントとしてプラスされて、全体的としては【複雑な要素を持つボディが厚めの上等なブルゴーニュ】とも言えると思います。

新緑から晩夏または秋口にかけてぴったりな、爽やかでありながら旨味深いワインです!
そろそろ、また夏が終わりますね・・・

妖艶!

レビュー対象商品:ヴィノジア ネロモーラ

投稿日時:2018/07/29 19:06:57

本当に色気があって艶めかしいワインです!

・とろけるような黒い果実の爆弾
・葉巻のように妖艶なスモーキーさ
・カシューナッツのような優しい下地
・ベルベットように滑らかな口当たり
・口内でこだまする余韻

解説の通り、正しく夜のワインでした。
半分ほど残しての2日目ですが、良い意味でのトンがった個性が平準化された印象だったので、個人的には初日目に大切な人とジャズ等を聴くなど自分達の世界にドップリ浸かりながら飲み切るのがベストと思いました笑

ワイン初心者の方にも、赤ワインの深遠さをカジュアルに感じてもらえる一本と思います!

〜ピュア・クリーン・エレガント〜

レビュー対象商品:フランソワ・ダレン ブルゴーニュ・ピノ・ノワール

投稿日時:2018/07/28 20:16:25

ブルゴーニュに濃さやインパクトを求めない自分にドンピシャなワインでした。
ヴィンテージは2015です。
ピノの深みと軽やかさ、エレガンスをしっかり感じられました。
本当にピュアで素材が良い感じのピノでした。

◯抜栓直後
ラズベリー等の赤いベリーの果実味と酸味が優勢。
◯抜栓して60分後
さくらんぼといちごのニュアンスが前面に出てきて、抜栓直後と比べると、果実味と酸味のバランスが良くなりました!
また、スミレやバラのような芳醇の香りも立ってきて、「THEブルピノの王道」を地で行く感じです。

2015ヴィンテージの恩恵もあるかと思いますが、素晴らしいワインでした。
ピノの深みと軽やかさを最大限に活している、ピュアで自然体なブルゴーニュだと思います!

2,000円台中盤でこのクオリティ?!

レビュー対象商品:ラ・グランド・コート クレマン・ド・ブルゴーニュ N.V.

投稿日時:2018/07/23 18:54:05

個人的には、今まで飲んだ二千円台の泡の中でも、トップクラスの美味しさ&コスパです。
結果的に?笑、解説のまんまですが、個人的な感想としては

◯溌溂とした柑橘(皮のニュアンスも若干あり)
◯ふくよかな赤いベリー
◯蜂蜜といわゆるパングリエ(グエリの1歩手前かな?)を感じさせる熟成感
◯これらのニュアンスを下支えする一本筋が通った酸&ミネラル
◯全体としては、シャンパーニュのような「果実味&熟成感といったボリューム感と、酸&ミネラルといったグリップ感とのバランスが秀逸」なイメージ
◯THE泡の王道(赤白のアッサンブラージュの妙!)

変なベタつきも無い事&ピンクかがった色調&赤いベリーのニュアンスから、既出ですがやはりドサージュ量少な目かつピノの比率が多いかな〜と思いました。

コスパ面も含めたら、そんじょそこらのシャンパーニュ以上?と思います。
願わくば、この価格帯を維持して頂きたいと切に感じました!
毎回リピします!

優等生

レビュー対象商品:シャトー・アントニャック クロズリー・デ・リ クレマン・ド・リムー

投稿日時:2018/07/21 18:23:11

行きつけのワインショップにて泡を見繕ってもらったところ、このワインがオススメという事でゲットしました。
リムーのクレマンは初体験でした!

◯蜜入りリンゴ、マスカット、シトラスといったほっこり系の果実味
◯泡のきめ細かさと炭酸の強さは、なかなか
◯熟成感もそこそこあり
◯例えるなら、周りをほっこりさせる爽やかな優等生

個人的な嗜好では、もう少しドサージュ量少な目が好みですが、とても良かったです!
ほっこりする果実味と瓶内二次発酵の良さが、上手くバランスを取っている一本かと思われます!

仕事でくたくたに疲れたとき、ある程度の甘味でほっこり&瓶内二次発酵由来の泡と熟成感でリフレッシュは、個人的にマストなのでまたリピートしたいと思います。

個人的には2日目がオススメです!

レビュー対象商品:セパス・イ・ボデガス ヴィリャカンパ・デル・マルケス

投稿日時:2018/07/16 18:49:11

◯抜栓初日目(抜栓後2時間。)→樹脂っぽさやクリーミーさ&黒い果実味が前面に出てて、まるでブルーベリーチーズケーキのよう。
半分程を残して翌日に繰り越し。
◯2日目→バランスが格段に良くなりました!解説記事のまんまですが、正しく赤の「濃い口グッドバランス」!黒い果実・クリーミー・スパイス・・・フィラディスの皆様の解説は本当に的確です。

好みの違いですが、私は2日目の方がより好きです!

これぞフィラディスのチョイス!

レビュー対象商品:ドメーヌ・コルディエ・ペール・エ・フィス マコン・クロ・ド・ラ・メゾン

投稿日時:2018/07/07 20:10:35

このワインもフィラディスの哲学である「エレガンスと美味しさの共存」(スタッフの皆様、違ってたらごめんなさい笑)を顕著に示していると思われます。

抜栓直後・・・柑橘、白い花、蜂蜜、ナッツ、上品な塩気が効いたミネラルのニュアンス
抜栓して90分後・・・上記に加えて、アプリコットや洋ナシのニュアンスが前面に出て、飲みごたえが増しました。


例えるなら、「清楚だけどフレンドリーで可愛い、クラスで人気の女の子」。
すっかり好きになりました笑

料理は、五十嵐店長の動画解説のとおり、脂身の多い豚肉(三枚肉の薄切り)をカリッと焼いて、ベタですがディジョンマスタードを合わせました。
豚肉の甘みとディジョンマスタードの酸味が、このワインにピッタリで至福の土曜日の夜を過ごせました!
フィラディスの皆様、本当にありがとうございます!

素晴らしいの一言に尽きます。

レビュー対象商品:シャトー・ラグラーヴ・パラン ボルドー・シュペリュール キュヴェ・ジェラルディン

投稿日時:2018/06/09 21:46:54

私もそうでしたが、他の安物の熟成ボルドーに懲りた苦い経験がある方に、是非試して頂きたいです。
ヴィンテージは2010で、「おすすめの飲み方」に倣って朝に抜栓(液面は下げずコルクを差して冷蔵庫で保管)して同じ日の夜に飲みました。
あくまで個人的な感想ですが・・・
・ピークアウトした感じやその予兆は皆無。むしろ瑞々しい。
・説明にもあるとおり、まさしく飲みごたえとフィネスを兼備
・とろけるような果実味
・エキゾチックなスパイシーさ
・高級な葉巻(吸った経験はありませんが笑)
・例えるなら、「南国のリゾートの夜に、木々の間から覗く漆黒の空」
この価格のボルドーで、こんなにもエレガントさを感じさせるとは驚きでした。
今回の2010は終売したので、近いうちに2011を購入して比較したいと思います。