シャルル・ジョゲ クロ・デュ・シェーヌ・ヴェール

希望小売価格 7,920円
税込 7,128円 送料について

セール情報

13%OFF

65 ポイント獲得

タイプ・容量:
(750ml)
生産者:
産地:
ブドウ品種:
カベルネ・フラン100%
ヴィンテージ:
2016
熟成:
バリック18ヶ月

ソムリエのワイン解説

シノン最上の畑。1962-1976年植樹。南西向きの急斜面という恵まれたロケーションからブドウの成熟が早く、収穫も一番早い。土壌は偉大なシノンを生む粘土石灰質土壌で表面は砂岩に覆われている。熟した野生のベリーのアロマにほのかにミントやリコリスが漂う。果実は滑らかで甘く、細かなタンニンがしっかりとストラクチャーを支える。大きく広がりのある味わいには偉大なワインたる気品に満ちている。

生産者を知ると、ワインはもっと美味しくなる

  • シャルル・ジョゲ クロ・デュ・シェーヌ・ヴェール
  • シャルル・ジョゲ クロ・デュ・シェーヌ・ヴェール
  • シャルル・ジョゲ クロ・デュ・シェーヌ・ヴェール

Charles Joguet

生産者の概要

カベルネ・フラン最上の地において、「シノンにおける最高の生産者」としてゆるぎない地位を築いたシャルル・ジョゲ。鋭い洞察力と、既存にとらわれない行動力により、区画ごとの独自のテロワールを反映し、あるべきシノンの姿を描いている。

3つのポイント

  1. シャルル・ジョゲは、各畑が持つこの独自性にいち早く焦点をあてたワインを手掛け、一代でシノンのトップ生産者にのぼりつめた。ロバート・パーカーも「シノン最上」と認め、このアペラシオン最高の生産者として揺るぎない地位を築いている。
  2. シノンといえば、収量の多い未熟なカベルネ・フランからくる青臭さが敬遠されるが、シャルル・ジョゲのワインにはそのようなネガティブな要素は皆無だ。このドメーヌでは、赤系果実がのびのびと表現され、各畑の違いを反映しつつ、緻密で気品ある本来あるべきシノンの姿が丹念に描かれている。
  3. 区画ごとの個性を表現するため、昔から除草剤は使っておらず、畑の土を耕し、畝と畝の間は自然の緑で覆っている。2008年からはビオロジックの手法を導入しており、ブドウ栽培は病害虫の防除を基本とする。

生産者のこだわり

ロワールを代表する赤ワインの産地、シノンはトゥーレーヌ地区西部に位置する。アペラシオンはロワール河の支流となるヴィエンヌ川の両岸にある19のコミューンに広がり、その面積は約2300haにも及ぶ。この規模からも分かる通り、同一アペラシオン内でも土壌や地勢が多彩で、様々なテロワールを抱えている。シャルル・ジョゲは、各畑が持つこの独自性にいち早く焦点をあてたワインを手掛け、一代でシノンのトップ生産者にのぼりつめた。16世紀に活躍したシノン近郊出身の作家、フランソワ・ラブレーが微笑むラベルが印象的な生産者だ。

シャルルは元々、パリで絵画と彫刻を学ぶ芸術家志望の若者だったが、父親の死を機にシノンのアペラシオンにある畑を継ぎ、1957年に自身の名を冠したドメーヌを設立した。先代の頃は収量を多くしてブドウをネゴシアンに売っていたが、彼は少量の良質なワインを造るべく畑仕事を始めた。代々受け継がれた畑を知るにつれ、そのポテンシャルを確信した彼は、自身のワイン造りのノウハウを向上させたいと強く願うようになった。その際、栽培・醸造の様々な面で手を差し伸べてくれたのが、高名なエノロジストであるジャック・ピュイゼ博士や同じシノンの生産者たち。彼らのサポートを得て、シャルルは1960年代から1970年代にかけてシノン最上の畑と名高いクロ・デュ・シェーヌ・ヴェールをはじめ、複数の単一畑に植樹を行った。また、ピュイゼ博士らと協力して1975年にピジャージュを行うためのステンレスタンクを初めて開発し、収穫でも、ブドウをつぶさないように容量20kgのカゴを用いるようになった。加えて、シャルルには乏しいワイン造りの経験を補って余りある鋭い洞察力と既存の体制にとらわれない行動力があった。ドメーヌ設立直後から、ブドウは何としても区画ごとに収穫、醸造、瓶詰することをワイン造りの信条とし、それを実践した。異なる区画からのブドウはそれぞれ独自のテロワールを反映しており、また樹齢の違いも個性をもたらすと考えていたためである。彼はこの考えをブルゴーニュの生産者から得たが、多くの生産者が様々な区画からのワインをブレンドしていた当時のロワールでは斬新だった。

ロバート・パーカーも「シノン最上」と認め、このアペラシオン最高の生産者として揺るぎない地位を築いた彼だが、ドメーヌ設立からちょうど40年目となる1997年に引退を表明した。若かりし頃の夢であった芸術の世界に戻るためである。しかし、1980年代から来るべき引退を考えていたシャルルは、自らが構築したワイン造りを後世に伝えるため、盤石の態勢を敷いていた。1985年から経営のパートナーとしてドメーヌに参画したジャック・ジュネが新たなオーナーとなり、栽培・醸造はシャルルが右腕と見込んだミシェル・ピナールと、シャルルの下でワイン造りを学んだ経験豊かなチームが引き継いだ。2006年には、ケヴィン・フォンテーヌが栽培・醸造責任者に就任し、設立者の意思を受け継ぐチームの一員として、現在のドメーヌの指揮を執っている。

区画ごとの個性を表現するため、昔から除草剤は使っておらず、畑の土を耕し、畝と畝の間は自然の緑で覆っている。2008年からはビオロジックの手法を導入しており、ブドウ栽培は病害虫の防除を基本とする。畑の健全な環境を保つことを最優先に、土中に成分が残留しない調剤のみを使用。健全性と同じくブドウの凝縮度も不可欠の要素のため、収量制限も行う。収穫は各区画の熟度を綿密に調査した上で開始。総勢60名の収穫チームが完璧に熟した健全なブドウのみを摘み取り、その後セラーでも選果台を用いてブドウを選別している。醸造・熟成はもちろん区画ごとに行い、キュヴェによりステンレスタンクや木製の発酵槽、バリックを使い分ける。

シノンといえば、収量の多い未熟なカベルネ・フランからくる青臭さが敬遠されるが、シャルル・ジョゲのワインにはそのようなネガティブな要素は皆無だ。このドメーヌでは、赤系果実がのびのびと表現され、各畑の違いを反映しつつ、緻密で気品ある本来あるべきシノンの姿が丹念に描かれている。ベーシックなワインですら、高いクオリティを誇る。シノンという産地を知る上で、必ず飲むべき造り手である。

【シャルル・ジョゲの醸造家 アンヌ・シャルロット・ジュネさんにFiradis WINE CLUBが一問一答インタヴュー!】
Q1:ワイン造りを一生の仕事にしよう、と決意したきっかけは何ですか?

⇒私が6歳の時に両親がワイン造りの仕事に携わるようになって、それ以来ずっとこのシノンで育ってきた。(続きは、ワインのページで!)だから、ワイン造りという仕事がどれだけ素晴らしくて価値あるものか、子供の頃から自然と刷り込まれていたんだと思う。そして・・・私はフランスのワインや食文化の歴史を本当に愛し、誇りに思っていて、人生をそれに捧げよう、と決心したの。

Q2:これまでワインを造ってきて、一番嬉しかった瞬間は?
⇒私自身が手掛けた最初のヴィンテージの収穫、そしてそのブドウのジュースをはじめて口にした時。毎年の収穫は勿論素晴らしい瞬間だけど、同時にブドウ樹が年を経る毎にフィネスや表現力を増していくことは、長年かけて取り組み見続けるワイン造りのような仕事では最大の喜びだと思う。

Q3:その反対に、一番辛い(辛かった)ときは?
⇒どうにもならない悪天候の時・・・・霜や雹、そして嵐。1年間かけて育ててきたブドウが、たった数時間で消えてしまうのを見るのは、本当に辛いこと。

Q4:ワイン造りで最も「決め手になる」のは、どの工程だと思いますか?
⇒90%は、収穫されたブドウの品質。畑での努力や工夫は必ず良い結果に繋がると思う。私たちはチーム全員で細かく注意深くブドウの状態をモニタリングしていて、少しでも長い時間を畑での仕事に費やすことで、素晴らしい状態の果実を手に入れることが出来ていると思う。
その後の醸造プロセスでは、テロワールの個性やその年の気候を尊重して、出来るだけ余計な手を加えないようにしている。過剰なマセラシオンや樽熟成は、ワインをアンバランスにするだけだから。ワイン造りで人間が完璧に管理すべきだと思うのは、衛生面だけね。

Q5:あなたにとっての「理想のワイン」とは?
⇒バランス、エレガンス、そしてフィネス。テロワールやその年の気候が正しく映し出されていることも大切。 そして何より、味わいがジューシィで、長い余韻の中にもフレッシュさが感じられるワイン。

Q6:今までに飲んだ中で最高のワインを1本だけ選ぶとしたら?
⇒たくさんのワインを、色々な機会に楽しんできたから、一つを選ぶのは本当に難しい!私は今も新しいヴィンテージの新しいストーリーに出会い続けているから。でも、自分の好みの産地なら言えるかな・・・それはブルゴーニュと、バローロ。ロマネ・コンティを初めて飲んだ時は、本当に息を飲む素晴らしさだった!

Q7:自分のワインと料理、これまでに一番マリアージュしたと思った組み合わせを教えてください。
⇒ちょうどよく熟成した豚肉をハーブやスパイスでシンプルに調理して、きのこを添えたもの。シノンと素晴らしい相性で楽しんで戴けるはず!Q8:もしあなたが他の国・地域でワインを造れるとしたら、どこで造ってみたいですか?
⇒うーん、全く違う環境でワイン造りをしてみたいから・・・例えば地球の反対側みたいなところ、そう、アルゼンチンかしら?

Q9:あなたの「ワイン造り哲学」を、一言で表現してください。
⇒常にブドウ畑の近くにいて、母なる自然の声に耳を傾け続けること。その声をしっかりと聞いていれば、土壌と気候がワインに正しいバランスを与えてくれる。そして、それぞれのテロワールが私のワインに最良のアウトプットとして表現されるの。

Q10:最後に・・・日本にいるあなたのワインのファンに、メッセージを!
⇒カベルネ・フランは、栽培された地域や土壌毎に驚くほどの多様性を魅せてくれる品種。味わいは深く豊か、ストラクチュアがしっかりしていて、飲みやすく軽やかなワインから長期熟成できるワインまで色々造ることができる。本当に大きな可能性を持った、いつでもどんな時でも楽しめるワインです。皆さんがシノンを好きになってくれて、いつか美しいロワール渓谷を訪れてくださることを、心から願っています!

美味しいワインギフト

味わいでセレクトされたフィラディスのワインなら、ワインにちょっとうるさいあの人も笑顔に!ギフトのご指定はご注文画面で受け付けております。

■ ギフトボックス1本用、2本用:250円(税抜)

ボックスをご注文の方は無料の簡易熨斗を追加することができます。

■ ワイン用手提げ袋:250円(税抜)

ギフトボックス1本用がぴったり入るサイズの手提げ袋です。

■ セルフラッピング:無料

お客様ご自身で簡単にお包みいただけるラッピングキットです。ご希望の方にご注文本数分、無料でおつけします。

ワインギフトの詳しいご説明はこちらへどうぞ。

まとめ買いがお得です!

  • ワインを6本以上、または合計1万円以上お買い上げで送料無料!
  • 12本以上お買い上げで10%OFFになります。
  • セット商品は全て送料無料です。

みんなのワインレヴュー

1投稿につき100円分ポイントプレゼント中!

シャルル・ジョゲ クロ・デュ・シェーヌ・ヴェール

シャルル・ジョゲ クロ・デュ・シェーヌ・ヴェール

この商品にはまだレヴューがありません。最初の一人になりましょう!

『フィラディスのワインは絶対にハズさない』

星付きレストラン
が選ぶワイン商社直営

コストパフォーマンス
中間マージン無し

品質管理
4人のプロフェッショナル

情熱
ワインにかける想い

フィラディスのワインはなぜ美味しいのか。知っていただきたい『4つの理由』はこちら。

配送・送料

  • 通常送料550円(税込)※沖縄県、離島は別料金、その他は一律です。
  • ・ワイン6本以上、または税込11,000円以上で送料無料となります。
  • ・通常平日午前8:29までのご注文で当日発送が可能です。※定期コースは所定の配送日となります。
  • ・指定可能時間帯:午前中 | 12~14時 | 14~16時 | 16~18時 | 18~20時 | 19~21時
  • ・セット、定期コースは送料込み価格です。セットと合わせ買いの単品にも追加送料はかかりません。
  • ・クール配送は全品220円(税込)で承っております。また、夏季はワインのコンディションを保つため全便クール便となります。
  • ・土日祝日、夏季、冬季休業中は配送をお休みさせて戴いております。夏季、冬季休業の日程は別途ご案内となります。

お支払い方法

  • VISA
  • mastercard
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • 代金引換
  • PayPay
  • amazon pay
  • R Pay
  • Pay-easy
  • セブンイレブン
  • LAWSON STATION
  • FamilyMart
  • MINI STOP
  • seicomart
  • ・上記の決済方法がご利用いただけます。
  • ・お電話でのご注文の場合は、代金引換でのみ承ります。
  • ・各決済の詳細はご利用ガイドよりご確認ください。

ワインカテゴリ

生産者

(検索数上位から抜粋)

続きを読む