セール セール

セール

カート カート

カート

0120-910-322

お電話1本ですぐご注文!
通販専用フリーダイヤル
受付 / 10:00-17:00 (平日)
※お支払いは現金代引きのみ
※一般のお客様専用窓口です

タイムセール開催中!

終了時刻:2020年6月8日(月)午前09:59

【クール便推奨期間について】
22024年4月30日(火)12時以降の受注分より、ワインのコンディションを保つために原則クール便にて配送いたします。また運送会社のクール便料金改定に伴い、同日時よりクール便料金を550円に改定いたします。

トラミン ゲヴュルツトラミネール・セリダ(伊アルト・アディジェ産白750ml)

※お届けするヴィンテージは2022年です。
  • トラミン ゲヴュルツトラミネール・セリダ(伊アルト・アディジェ産白750ml)
  • トラミン ゲヴュルツトラミネール・セリダ(伊アルト・アディジェ産白750ml)
  • トラミン ゲヴュルツトラミネール・セリダ(伊アルト・アディジェ産白750ml)
  • トラミン ゲヴュルツトラミネール・セリダ(伊アルト・アディジェ産白750ml)
商品名(原語):
Tramin Gewurztraminer Selida
タイプ・容量:
白ワイン (750ml)
生産者:
産地:
ブドウ品種:
ゲヴュルツトラミネール 100%
ヴィンテージ:
2022
熟成:
ステンレスタンクで発酵、4ヶ月
アルコール度数:
14%

トラミン ゲヴュルツトラミネール・セリダ(伊アルト・アディジェ産白750ml)

希望小売価格 3,960円
税込 3,564円 送料について

セール情報

32 ポイント獲得

ご了承ください

この商品は形状上、木箱に梱包できません。

商品名(原語):
Tramin Gewurztraminer Selida
タイプ・容量:
白ワイン (750ml)
生産者:
産地:
ブドウ品種:
ゲヴュルツトラミネール 100%
ヴィンテージ:
2022
熟成:
ステンレスタンクで発酵、4ヶ月
アルコール度数:
14%

ソムリエの解説

Selida は小さな農場を意味し、トラミンを構成する数々の小区画の畑、そしてその管理をしている栽培家たちに敬意を表して名付けられた。標高 300m-500m の南西向き、急勾配のテラス状の畑から作られる。強い輝きのある黄金色で、バラやユリ、ドライハーブ、ライチやマンゴー、パッションフルーツのような熟したエキゾチックなフルーツの豊かなアロマ。口に含むと、繊細でスパイス感のあるみずみずしさを伴って、リッチなボディを感じる。

生産者を知ると、ワインはもっと美味しくなる

  • トラミン ゲヴュルツトラミネール・セリダ(伊アルト・アディジェ産白750ml)
  • トラミン ゲヴュルツトラミネール・セリダ(伊アルト・アディジェ産白750ml)
  • トラミン ゲヴュルツトラミネール・セリダ(伊アルト・アディジェ産白750ml)

Tramin

生産者の概要

『ガンベロ・ロッソ』にて年間最優秀醸造家賞を受賞。気品溢れるワインを生みだすアルト・アディジェ 最高の造り手。

3つのポイント

  1. トラミンは、オーストリアの下院議員であったクリスチャン・スロット代議士によって1898年に設立された協同組合で、現在280もの加盟員がおり、230haの畑を管理している。
  2. セラー・マスターのウィリー・シュテュルツ氏 は2004年に『ガンベロ・ロッソ』にて年間最優秀醸造家賞を受賞。
  3. ゲヴュルツから造ら れる『ヌスバウマー』はイタリア3大ゲヴュルツの 1つに挙げられ、毎年のようにトレ・ビッキエリを取り続けている。

生産者のこだわり

ブドウ品種のGewurztraminer(ゲヴュルツトラミネール)には”tramin”と いうスペルが入っている。これはアルト・アディジェのトラミン(イタリア語で テルメーノ)という町の名前であり、この地はゲヴュルツトラミネールの原産地なのである。

トラミンは、オーストリアの下院議員であったクリスチャン・スロット代議士によって1898年に設立された協同組合で、現在280もの加盟員がおり、230haの畑を管理している。州都ボルザーノの西北テルメーノにカンティーナがあり、 畑はその周辺のエーニャ、モンターニャ、オラに位置している。畑の標高は250-700mの間で、品種の個性を見事なまでに表現する様々な土壌を有している。カルダーロ湖を望む冷涼な地域だが、特に季節間や日夜の著しい気温差が透明感のある酸を育み、上質で気品ある味わいを生み出す。

セラー・マスターのウィリー・シュテュルツ氏 は2004年に『ガンベロ・ロッソ』にて年間最優秀醸造家賞を受賞。一段しかぶどうを入れられない収穫カゴを採用するなど細部にこだわり、スタンダード・キュヴェから高級ラインまで高い品質を保っている。ゲヴュルツから造ら れる『ヌスバウマー』はイタリア3大ゲヴュルツの 1つに挙げられ、毎年のようにトレ・ビッキエリを取り続けている。巨大な組織のワインであるのに、これほどまでにクリーンで美しいワインを造ることが出来るのは、長年のこの土地に対する熟知の結果であり、トラミンが造りあげるワインの完成度には感服するしかない。

≪ひとりのワイン職人の頭の中を覗く一問一答インタビュー!≫
『ワイン職人に聞く、10の質問』

トラミン 醸造責任者のヴィリー・シュテルツさん

Q1:ワイン造りを一生の仕事にしよう、と決意したきっかけは何ですか?
⇒ワイン造りには若いころから強い興味を持っていたのだけど、いざ一生の仕事を決めるときになると、醸造の仕事か工業系エンジニアのどちらの道に進むかやっぱり迷ったね。まずはエンジニアの仕事、次にワイン造りと両方の仕事を経験してみて、最終的にワイン造りの方に落ち着いた、というわけだよ。

Q2:これまでワインを造ってきて、一番嬉しかった瞬間は?
⇒醸造家としての人生には幸福な瞬間が次々に訪れるものなんだけど…やっぱりロバート・パーカーのワイン・アドヴォケイトで100点を貰った時は特別だった。そして、2004年にイタリアの専門誌で「ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたとき。
僕の仕事はいつも楽しく幸せなのは、ワイン造りに必勝法や絶対の決まり事が無いから、だと思うんだ。自分の知見・経験からいくらでも結果を変えていくことが出来るからね。

Q3:その反対に、一番辛い(辛かった)ときは?
⇒それはやっぱり、2014年ヴィンテージみたいに、自然が僕に挑戦をしてくる時だよ 笑
ころころと変わる予測不能の自然を前に、自分のベストを尽くすのはまさに挑戦。最悪の時は、一瞬の嵐が一年間の全ての仕事を台無しにしてしまうこともある。醸造家にとっても、そして僕たちのワインを毎年楽しみに待ってくれている人たちにとっても最大の不幸だ。

Q4:ワイン造りで最も「決め手になる」のは、どの工程だと思いますか?
⇒栽培醸造家なら誰もが同じことを言うと思うのだけど、結局は素晴らしいブドウを造ることが最も重要。醸造家の最重要タスクは、収穫できたブドウの状態を解析し、醸造のプロセスを決める事だけなんだ。
その中で特に大切なのは、やはり発酵の過程…ここが僕たち醸造家が最大の決断を求められるパートだ。白ワインでは搾汁の度合いを、赤ワインでは果皮の浸漬度合いやポンピング・オーヴァーが大事。つまり結局は全ての細かいプロセスがワインの出来に影響を与えるから、全部決め手になる工程、ということだね 笑

Q5:あなたにとっての「理想のワイン」とは?
⇒僕にとっての理想は「その産地を代表するワイン」と呼ぶにふさわしいワインであることだね。僕たちの土地「アルト・アディジェ」ならば、それはつまり優しく繊細で上品、誰にでもどんな時でも飲みやすくあることだと思う。
そして何よりも…飲んだ人の心に爽やかな風を吹かせるようなワインだ。

Q6:今までに飲んだ中で最高のワインを1本だけ選ぶとしたら?
⇒1本だけは選べないから、4本ほど選ばせてもらうよ。
『シャトー・ラフィット・ロートシルト 2010年』:信じられないほどの深みと、物語のような展開。
『アルマン・ルソー シャンベルタン・グラン・クリュ 1996年』:ブルゴーニュのエレガンス、その極み。
『ペンフォールド グランジ 2008年』:凝縮・集中・深み。そしてその中にあって衝撃的な程のジューシーさ!
『ジャコモ・コンテルノ バローロ・リゼルヴァ・モンフォルティーノ 2010年』:永遠に終わらないかのような余韻、そして粘るような強さの中にあるエレガンス。…4本どれも、絶対に忘れられないワインだ。

Q7:自分のワインと料理、これまでに一番マリアージュしたと思った組み合わせを教えてください。
⇒人生のベストマリアージュは…サフランのリゾットに合わせた『ヌスバウマー・ゲヴュルツトラミネール』!息をのむような素晴らしいペアリングだった。

Q8:もしあなたが他の国・地域でワインを造れるとしたら、どこで造ってみたいですか?
⇒選ぶのが難しい質問だね!
だって、世界中どこのワイン産地だって、その場所ならではの素晴らしいポテンシャルがあるから…。敢えて言うならば、ニュージーランドかタスマニア。アルト・アディジェと類似する冷涼な気候の場所で、同じようにエレガントで気品あるスタイルのワインを造ってみたい。面白そうなチャレンジだな…夢が膨らむよ!

Q9:あなたの「ワイン造り哲学」を、一言で表現してください。
⇒「素晴らしいワインとは、その土地ならではの魅力的な個性を正しく反映していて、同時に飲んでいてとても心地よく楽しいワイン」。

Q10:最後に…日本にいるあなたのワインのファンに、メッセージを!
⇒あなたがもしもまだアルト・アディジェのゲヴュルツトラミネールを発見していないのだとしたら、とにかく今すぐに飲んでみて欲しいな。
何故ならあなたたちが住む日本の食文化・料理以上にこのワインに合うものは世界中どこにも無いから。日本の食文化は、エレガントで同時に力強い。まさに、僕たちのワインと同じなんだ!

美味しいワインギフト

味わいでセレクトされたフィラディスのワインなら、ワインにちょっとうるさいあの人も笑顔に!ギフトのご指定はご注文画面で受け付けております。

■ 紙箱ギフト包装:275円〜500円(税込)

■ 桐箱ギフト包装:1本用 1,500円、2本用 2,000円(税込)

→紙箱、桐箱をご注文の方は無料の簡易のしを追加することができます。

■ ワイン用手提げ袋:330円(税込)

→ギフトボックス1本用がぴったり入るサイズの手提げ袋です。

■ セルフラッピング:無料

→お客様ご自身で簡単にお包みいただけるラッピングキットです。ご希望の方にご注文本数分、無料でおつけします。

ワインギフトの詳しいご説明

まとめ買いがお得です!

  • 商品6点以上、または合計1万円以上お買い上げで送料無料!
  • 商品12点以上お買い上げで10%OFFになります。
  • セット商品は全て送料無料です。

みんなのワインレヴュー

ご購入商品へのレヴュー投稿で、100円分ポイントをプレゼント!

トラミン ゲヴュルツトラミネール・セリダ(伊アルト・アディジェ産白750ml)

トラミン ゲヴュルツトラミネール・セリダ(伊アルト・アディジェ産白750ml)

この商品にはまだレヴューがありません。最初の一人になりましょう!

特集ページ季節や旬の食材に合うワインや
注目生産者などをご紹介。

『フィラディスのワインは絶対にハズさない』

理由1 星付きレストランが選ぶワイン商社直営

星付きレストラン
が選ぶワイン商社直営

理由2 コストパフォーマンス 中間マージン無し

コストパフォーマンス
中間マージン無し

理由3 品質管理 4人のプロフェッショナル

品質管理
4人のプロフェッショナル

理由4 情熱 ワインにかける想い

情熱
ワインにかける想い

フィラディスのワインはなぜ美味しいのか。知っていただきたい『4つの理由』はこちら。

信頼できるワイン輸入商社No.1/商品の質が良いワイン輸入商社No.1/おすすめワイン通販サイトNo.1

※日本マーケティングリサーチ機構調べ
(2021年12月期ブランドのイメージ調査)
調査対象:飲食店関係者

運営会社

  • 株式会社フィラディス
  • 〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-3-3 横浜コネクトスクエア11階
  • 営業時間: 平日10:00 - 17:00
  • TEL: 0120-910-322
  • MAIL: ec@firadis.co.jp

配送・送料

  • ・送料は通常660円(税込)、ワイン6本以上、または1万円以上で無料です。
  • ・商品6点以上、または税込11,000円以上で送料無料となります。
  • ・通常平日正午12:00までのご注文で当日発送が可能です。※定期コースは所定の配送日となります。
  • ・指定可能時間帯:午前中 | 12~14時 | 14~16時 | 16~18時 | 18~20時 | 19~21時
  • ・セット、定期コースは送料込み価格です。セットと合わせ買いの単品にも送料はかかりません。
  • ・クール配送は全品330円(税込)で承っております。また、夏季はワインのコンディションを保つため全便クール便となります。※2024年4月30日(火)12時以降の受注分より、ワインのコンディションを保つために原則クール便にて配送いたします。また運送会社のクール便料金改定に伴い、同日時よりクール便料金を550円に改定いたします。
  • ・土日祝日、夏季、冬季休業中は配送をお休みさせて戴いております。夏季、冬季休業の日程は別途ご案内となります。

お支払い方法

  • VISA
  • mastercard
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • 代金引換
  • PayPay
  • amazon pay
  • R Pay
  • Pay-easy
  • セブンイレブン
  • LAWSON STATION
  • FamilyMart
  • MINI STOP
  • seicomart
  • ・上記の決済方法がご利用いただけます。
  • ・お電話でのご注文の場合は、代金引換でのみ承ります。
  • ・各決済の詳細はご利用ガイドよりご確認ください。

ワインカテゴリ

生産者

(検索数上位から抜粋)

続きを読む