ポール・バラ コンテス・マリー・ド・フランス ブーズィ・グラン・クリュ 2004年(箱入り)

Paul Bara Comtesse Marie de France Bouzy Grand Cru 2004

通常価格 11,000円

9,800円(10,584円税込)

ポール・バラ コンテス・マリー・ド・フランス ブーズィ・グラン・クリュ 2004年(箱入り)
容量 750ml
タイプ
産地 フランス
生産者名 Paul Bara
生産年 2004
ブドウ品種 ピノ・ノワール100%
熟成 瓶熟成9年間
ドサージュ量 6-7g/L

「コンテス・マリー・ド・フランス」は、ポール・バラが最上のヴィンテージに6000本程度しか造らない最上のブラン・ド・ノワール。黄桃や蜜林檎といったジューシィな果実の甘やかなニュアンスに始まり、蜂蜜やバターをふんだんに使った焼き菓子、キャラメルを想わせる芳醇なフレーヴァーが続き、フィニッシュにはレモンピールやスパイスの上品な香りが。現時点でも十分に楽しめる状態ですが、あと数年の熟成をおすすめしたい1本です。

THE PRODUCER

Paul Bara

60年の長い年月に渡り第一線でシャンパーニュを造って来た伝説、ポール・バラ。

3 Essential Points

  1. 11833年にブーズィで創業した非常に歴史の長いレコルタン・マニピュラン。
  2. 2ポール・バラは10代の少年期に家業を受け継ぎ、60年もの長きに渡ってシャンパーニュ造りに携わって来た、60ヴィンテージを知り尽くす男。現在の当主は7代目のマダム・シャンタル。
  3. 3意欲的な小規模生産者によるグループ「クリュブ・トレゾー・ド・シャンパーニュ」や、ブーズィ・ワイン・アカデミーに所属し、クオリティを高めるための研究に余念がない。

The Hands

1833年に創立された歴史あるメゾンを10代の若くして受け継いだ6代目ポール・バラ。60年の長きに渡り、その目でシャンパーニュの1年1年を見つめ、その手で毎年の土を耕しブドウを育て上げてきた男は、常に学び研究することを止めない。収量は常に最低限に抑え、テロワールを純粋に表現するためにテート・ド・キュヴェ以外は決して使用しない彼のシャンパーニュは、伝統的な手法で造っていながらもエレガントで現代的、全く古びた感じがしない。現在は娘のシャンタールも家業に参加し、伝統の逸品を世界に向けて紹介している。熟練の手腕は、年を重ねるごとに更に切れ味を増していくようだ。