カートを見る0

0120-910-322

ワイン選びのご相談、お気軽に!通話料無料 / 10:00-18:00 (土日祝を除く)

【更にお手頃価格になりました!】Because, I'm Cabernet Sauvignon from Southern France 【更にお手頃価格になりました!】Because, I'm Cabernet Sauvignon from Southern France
【更にお手頃価格になりました!】Because, I'm Cabernet Sauvignon from Southern France

楽しく味わいながらワインの知識を深めていくことができるBecause,シリーズの南仏/カベルネ・ソーヴィニヨン。

【更にお手頃価格になりました!】Because, I'm Cabernet Sauvignon from Southern France

タイプ 赤ワイン
産地 フランス
ブドウ品種 カベルネソーヴィニヨン種100%
ヴィンテージ 2018

63 ポイント獲得

価格 1,255円(1,380円税込)

カートに追加されました。

閉じる

閉じる

みんなのワインレヴュー

レヴュー投稿ごとに100円分のポイントプレゼント中

期待以上

自分の中でテイスティングのスタンダードを定めるを目的に、同シリーズのカリフォルニアのカベルネと一緒に飲み比べました。
こちらは全体的に丸みを帯びた優しい印象。昼下がりにワイン単体で飲んでいても良いかなと。素直に美味しいと感じました。
合わせた料理がソースを絡めた牛の煮込みだったので、濃い目の味付けには存在感が薄い印象でした。次にペアリングするならシンプルな味付けにしたいです。
チェリーの味わいがはっきり感じられたのですが、これまで飲んできたカベルネでそのような印象がなかったので、驚きました。

1380円が安いとみるか,高いとみるか

一番の特徴は,2日目でも味が変わらないところだと思います。
それがいいところなのかは,個人の問題だと思います。
ふらっと寄ったコンビニか酒屋で1380円のお酒を買ったとしたらラッキーと思います。
フィラディスさんで買ったとしたら,もう少しお金を出していいものを買うべきだったと反省します。
だから,まとめがえの1本なら全く問題なくOKということです。
誰もが満足できるが,個性が少ないワインと思えばいいのかな。

まあまあ

期待値のせいもあるのか、他のカベルネと比較してしまいます。美味しいですが。

ぴも さん

美味しいワインだけど星二つ

辛口の評価をできるレベルの飲み手ではありませんが、今までのクラブ30で丁寧に語られていた作り手の紹介が無いので星の数を減らしました。飲むときに作り手に想いを巡らせるのもワインの楽しみ方の一つと思いますし、話題が無い時の話の種にもなります。レストランでグラスワインで出されるワインであれば納得の美味しさですが、家や仲間内で飲むには自分は他のクラブ30のワインを考えます。でも美味しいワインであるのは確かと思います。

南仏のカベソー

南仏のカベソーで値段も安い という事で あまり期待せずに抜栓 香りも閉じて硬いイメージから 予想通りかな くらいに思いましたが 時間が経つにつれ 角がとれて丸い大人しく美味しい味に変わりました 2時間 くらいが一番美味しいかな
あとは時間と共にタンニンが強くてイメージが変わる 全体的には力強さは無いけど 料理に合うワインだと思います

SHU さん

普通

これって、言ってみればフィラデスさんのPBって事ですよね?などと思いながらポチりました。
色々な意味で普通でした。価格相応って事ですかね。
私にはナツメグとかベリーとか、そういうムツカシ事は分かりませんが、普通であると感じました。
香りは薄いです。でも、¥1,500のワインって考えると、こんなもんだと思います。
開栓して直ぐは、硬かったです。酸いかったです。ちょっと置くだけで印象が変わります。変わりました。
予想ですが、ポアラーとかは使わない方がよい感じでした。使うと風味がペラペラになる予感満載。
かと言って、スペインやイタリアのテーブルワインとは異なります。スルスル、ガブガブという雰囲気にはならないから不思議です。
おそらく、ですが。
今回、私はワイン単体で頂きました。それが敗因のような気がしてます。お料理とのマリアージュ、ですかね、今回足りなかったのは。

おうぎや さん

川上 ミホ

Miho Kawakami

公式サイト: MIHO KAWAKAMI 川上ミホ

料理家。中目黒「5-quinto」オーナーシェフ/ソムリエ。2006年に日本ソムリエ協会認定ソムリエ資格取得、 2008年にイタリアにてイタリアオリーブオイルソムリエ資格取得。ワインバーやレストランでのソムリエ、 料理人を経て独立。書籍、雑誌などメディアでのフードスタイリング、企業の商品開発、 レストランプロデュースなど活動は多岐に渡る。