エミール・ベイエ リースリング・トラディション(仏アルザス産白750ml)(仏アルザス産白750ml) エミール・ベイエ リースリング・トラディション(仏アルザス産白750ml)(仏アルザス産白750ml)

テイスターがこのワインを動画で解説!

エミール・ベイエ リースリング・トラディション(仏アルザス産白750ml)(仏アルザス産白750ml)

辛口過ぎない、優しく繊細な白ワイン。日本人の味覚・料理に繊細に寄り添う仏アルザスのリースリング。

エミール・ベイエ リースリング・トラディション(仏アルザス産白750ml)(仏アルザス産白750ml)

Emile Beyer Riesling Tradition

  • フランス
  • 赤ワイン

11%OFF!

25 ポイント獲得

希望小売価格 3,080円
価格 2,480円(2,728円税込)

カートに追加されました。

閉じる

閉じる

◆辛口過ぎない、優しく繊細な味の白ワインをお探しならこれを!◆
日本人の味覚・料理に繊細にしなやかに寄り添ってくれる1本です。★
柚子や青りんごの爽やかな味わいが、優しく広がります。リースリングは豚肉との相性がとにかく抜群、柚子ポン酢で豚しゃぶ、のときなどに・・。
味わいチャート
タイプ
白・和食と好相性の爽やか辛口
産地
フランス > アルザス
ブドウ品種
リースリング種100% / ステンレスタンク発酵・熟成
ヴィンテージ
2018
合う料理
ホタテの柚子胡椒マリネ
                  
ドイツ国境に位置し、仏独両方の国に属したことがあるアルザス地方。住民もドイツ系が多く、「アルザス語」という独自のことばを話す方も多い地域です。こういった複数の文化がクロスオーヴァーした地域からは、素晴らしい芸術作品や美味しい料理が産まれることが多いですよね。
「エミール・ベイエ」のワインはまさにその象徴!リースリング種に代表されるドイツ系ブドウ品種の甘く豊かな味わい深さと、フランスワインの上品で繊細なワインを目指す志向性が、一つの明快な理想形として結実。アルザスは寒い地域と思われがちですが、「エミール・ベイエ」が畑を所有する南部はじゅうぶんな暖かさに恵まれ、ふくよかな味わいのワインに仕上がりました。
アルザスワインに対する先入観を覆すこのワイン。川上ミホさんは食材にホタテを選定、柚子の味わいで合わせてくれました。そしてCLUB30は更に豚肉をお勧めします。爽やかな果実味と柔らかな口当たりが脂身の甘さ・旨味と絶妙にマリアージュ。そして僕がお勧めしたいのは柚子ポン酢でいただく豚しゃぶ。そのさわやかな酸味をリースリングのさわやかなリンゴ酸がサポートし、豚肉&リースリングのマリアージュを更に上のステージに持っていきます。野菜料理ならアスパラガスなどの春野菜、冬は大根等の根野菜。ほっこりとする味わいの料理と楽しんでほしい1本です。(ワインレヴュー担当:Firadis WINE CLUB店長 五十嵐 祐介)

*関連のお薦めワインには、アロマティックで上品・繊細なスタイルの白ワインを選んでいます。

【エミール・ベイエ オーナー・醸造家のクリスチャン・ベイエさんにFiradis WINE CLUBが一問一答インタヴュー!】
Q1:ワイン造りを一生の仕事にしよう、と決意したきっかけは何ですか?
⇒まだ小さな子供の頃、ブドウ畑や蔵の中で父の仕事を手伝っていた時、ワイン造りという仕事と一生の恋に落ちたんだ。そして今・・・その時よりももっともっと大きな情熱を持っているよ。

Q2:これまでワインを造ってきて、一番嬉しかった瞬間は?
⇒それは勿論、瓶詰めをして熟成したワインをいよいよセラーの外に出すときだよ。丹精込めて作ったワインが、多くのワイン愛好家や友人たちに共有してもらえるようになる。毎年その時のことを楽しみにワインを造っているんだ!

Q3:その反対に、一番辛い(辛かった・困難だった)ときは?
⇒やはり、毎年一番適切なタイミングでブドウを収穫できるように神経を研ぎ澄ますこと。収穫が近付くと、本当に1日たりとも気を抜けない・・・毎年がチャレンジのようなものだ。

Q4:ワイン造りで最も「決め手になる」のは、どの工程だと思いますか?
⇒我々は今、オーガニックとビオディナミと2つの農法で栽培をしていて、やはりピュアで良質なブドウを造ることから全てが始まる、という考え方だね。そして、我々は自然酵母を使用しているので、やはり発酵のプロセスでのワインの状態を正確に把握することも非常に重要だ。

Q5:あなたにとっての「理想のワイン」とは?
⇒まずは、香りや味わいなどの要素が多く複雑であること。それでいてバランスが良く、ワインが生まれたその土地の個性がしっかり感じられることだ。

Q6:今までに飲んだ中で最高のワインを1本だけ選ぶとしたら?
⇒1921ヴィンテージのアルザス・リースリング。ラベルが殆ど剥がれてしまっていてどこの生産者のものか分からなかったのだけど、とにかく凄いワインだった。

Q7:自分のワインと料理、これまでに一番マリアージュしたと思った組み合わせを教えてください。
⇒リースリングのグラン・クリュに、マトウダイのグリル。素晴らしいペアリングだった。

Q8:もしあなたが他の国・地域でワインを造れるとしたら、どこで造ってみたいですか?
⇒敢えてアルザスとは全く異なるスタイルのワインを造ってみたい。例えば、イタリアのピエモンテ・・・そう、「バローロ」だね!

Q9:あなたの「ワイン造り哲学」を、一言で表現してください。
⇒私たちのいる「エギスハイム」の自然環境に強く敬意を払いつつ、テロワールを精緻に表現すること。

Q10:最後に・・・日本にいるあなたのワインのファンに、メッセージを!
⇒私たちのワインがあなたの感情に強く響き、喜びの体験になりますように!!
  • エミール・ベイエ リースリング・トラディション(仏アルザス産白750ml)(仏アルザス産白750ml) 仏専門誌も「アルザスのトップ生産者」と評価!
  • エミール・ベイエ リースリング・トラディション(仏アルザス産白750ml)(仏アルザス産白750ml) 18世紀から続く栽培家。現在は14代目のクリスチャンが当主。
  • エミール・ベイエ リースリング・トラディション(仏アルザス産白750ml)(仏アルザス産白750ml) ビオロジック栽培・低収量。畑には美しい野の花。
  • エミール・ベイエ リースリング・トラディション(仏アルザス産白750ml)(仏アルザス産白750ml) CLUB30オリジナルレシピは、「鍋焼きカマンベール」♪
  • エミール・ベイエ リースリング・トラディション(仏アルザス産白750ml)(仏アルザス産白750ml) 料理家、行正り香さんのワイン本でも「食事中1本で通せるワイン」として紹介されました♪
  • エミール・ベイエ リースリング・トラディション(仏アルザス産白750ml)(仏アルザス産白750ml) 香りと味わいのイメージは、フレッシュな青リンゴです♪
エミール・ベイエ リースリング・トラディション(仏アルザス産白750ml)(仏アルザス産白750ml)

辛口過ぎない、優しく繊細な白ワイン。日本人の味覚・料理に繊細に寄り添う仏アルザスのリースリング。

エミール・ベイエ リースリング・トラディション(仏アルザス産白750ml)(仏アルザス産白750ml)

Emile Beyer Riesling Tradition

  • フランス
  • 赤ワイン

11%OFF!

25 ポイント獲得

希望小売価格 3,080円
価格 2,480円(2,728円税込)

カートに追加されました。

閉じる

閉じる

このワインに合う一皿

相性抜群!30分以内で作れるCLUB30オリジナルレシピをご紹介

エミール・ベイエ リースリング・トラディション(仏アルザス産白750ml)(仏アルザス産白750ml)

ホタテの柚子胡椒マリネ

<材料/2人分>
ホタテ:6個
柚子胡椒:小さじ1/4個
オリーブオイル:大さじ1
白ワインビネガー:小さじ2
ディル:2枝
チャービル:1枝
<つくりかた>
1.ホタテは横半分にスライス、柚子胡椒と白ワインビネガー、オリーブオイルを加えてマリネする。
2.1を皿に盛って、ディルとチャービルを散らす。
エミール・ベイエ リースリング・トラディション(仏アルザス産白750ml)(仏アルザス産白750ml)

辛口過ぎない、優しく繊細な白ワイン。日本人の味覚・料理に繊細に寄り添う仏アルザスのリースリング。

エミール・ベイエ リースリング・トラディション(仏アルザス産白750ml)(仏アルザス産白750ml)

  • フランス
  • 赤ワイン

11%OFF!

25 ポイント獲得

希望小売価格 3,080円
価格 2,480円(2,728円税込)

カートに追加されました。

閉じる

閉じる

みんなのワインレヴュー

レヴュー投稿ごとに100円分のポイントプレゼント中

レヴュー総合点:4.14(7件の評価)

甘味、酸味のバランスがよく心地よい

リースリングが大好きなのですが、こちらも素晴らしかったです。
華やかさもありつつ後味はキリッとしまる。
魚介系にもチーズにも、ぴったりで合わせやすくまったく飲み疲れしません。
すごく心地がよくてお料理とも引き立て合うワインです。
大葉で作ったジェノベーゼと明太子のカッペリーニに合わせました。
和と洋の要素どちらにも合うので最高でした。
秋のフルーツ+生ハムなどと一緒に飲むのもとってもよかったです。

ユキ さん

柚子胡椒との相性

辛口過ぎず、とろりとしたリースリング。青リンゴ感もあり蜜な感じもありで、ふくやかで美味しかったです。

柚子胡椒をソースに鰆をポワレしたものや絹さやを茹でたものなど春野菜、鶏胸肉のプロシュート巻などによくあいました。次回はグリーンアスパラと合わせたいなと。柚子と相性が良いですね。

説明に書かれている柚子ポン酢でいただく豚しゃぶにも合わせてみたかったです。

せあん さん

星4.5

グラスから溢れるようなハチミツの匂い、酸味は控えめで、濃厚な青リンゴの蜜を感じるが、スッと消えて後味サッパリする

ぽん蔵 さん

ふくよかなリースリング

青リンゴや洋梨、ライチなどの果実に、黄色い花をイメージするフローラルなアロマ。濡れた石のようなニュアンスも。

酸は思ったよりは穏やかで、果実味の後にほろ苦い余韻が残ります。リースリング100%ですが、ゲヴュルツの要素を足したようなふくよかな味わいでした。

仄々かつ清澄

2018vtを2020年3月に。
青リンゴ、白黄の花、生姜、ペトロール
口に含むと、熟度の高い瑞々しい青リンゴの甘みとボリューム感と、それを包むレモン系の酸味と収斂

全体的には、仄々したボリュームを感じさせつつ清澄に仕上がった美味しいリースリングでした!

ぽんちー さん

アルザスリースリングのお手本

りんごやトロピカルフルーツ系のニュアンスが強いですが、濃厚なコクが上品な甘さを演出しています。
第一印象は甘口ですが、舌全体で感じるリースリング独特の酸味が見事に調和され、厚みのあるバランスに仕上がっています。

アルザスのリースリングってどんな味なのかな? って疑問を完璧に解決してくれる1本です。


北の情熱を明るいタッチで表現したリースリング

蜜の多そうな白い花の香り
口に含むと、こぼれおちそうになる甘さを
レモンに似た酸味がさりげなくヴェールに包む。
北の情熱、寒さで火照った頬のニュアンスを
明るいタッチで表現したリースリング。
和食とも相性ばっちりですし、
これは常備しておいて損のないワインかと思います。

川上 ミホ

Miho Kawakami

公式サイト: MIHO KAWAKAMI 川上ミホ

料理家。中目黒「5-quinto」オーナーシェフ/ソムリエ。2006年に日本ソムリエ協会認定ソムリエ資格取得、 2008年にイタリアにてイタリアオリーブオイルソムリエ資格取得。ワインバーやレストランでのソムリエ、 料理人を経て独立。書籍、雑誌などメディアでのフードスタイリング、企業の商品開発、 レストランプロデュースなど活動は多岐に渡る。

パック買いなら、さらにお得に!

エミール・ベイエ リースリング・トラディション(仏アルザス産白750ml)(仏アルザス産白750ml)
エミール・ベイエ リースリング・トラディション(仏アルザス産白750ml)(仏アルザス産白750ml) 単品はこちら お得な6本パック お得な12本パック