フィリップ・ジャノ ブルゴーニュ・ピノ・ノワール(仏ブルゴーニュ産赤750ml) フィリップ・ジャノ ブルゴーニュ・ピノ・ノワール(仏ブルゴーニュ産赤750ml)

テイスターがこのワインを動画で解説!

フィリップ・ジャノ ブルゴーニュ・ピノ・ノワール(仏ブルゴーニュ産赤750ml)

飲みやすい赤ワインを探しているなら、まずはこれを。繊細でエレガントなスタイルのブルゴーニュ・ピノです。

フィリップ・ジャノ ブルゴーニュ・ピノ・ノワール(仏ブルゴーニュ産赤750ml)

Philippe(Quentin)Jeannot Bourgogne Pinot Noir

  • 赤ワイン

12%OFF!

24 ポイント獲得

希望小売価格 3,025円
価格 2,430円(2,673円税込)

カートに追加されました。

閉じる

閉じる

◆コストパフォーマンスの良いピノ・ノワールを探しているなら、まずはこれをお試しください!◆
2000円台前半のブルゴーニュ・ピノでは傑出の出来!お客さまのリピート購入が非常に多い1本です。今こそ発見すべきブルゴーニュの隠れ銘醸地「サントネ村」の優良生産者が造るブルゴーニュ・ピノは、繊細な飲み口とエレガントなバランス感が絶妙です!
味わいチャート
タイプ
赤・ベリー系果実の瑞々しい味わい
産地
フランス / France > ブルゴーニュ / Bourgogne
ブドウ品種
ピノ・ノワール Pinot Noir 100% / バリック熟成10-12ヶ月
ヴィンテージ
2018
合う料理
豚バラ肉とプルーンの赤ワイン煮
                  
ブルゴーニュワインの掘り出し物を見つける度に書いているのですが、今この地域は価格が毎年うなぎ上り。税込3000円以下で納得できるクオリティのモノに出会うことは稀になってきました。だからこそ着目すべきは「隠れ産地」。フィラディスは常に、まだあまり注目されていない産地の中で卓越したワインを造っている生産者探しに情熱を注いでいます。
そして今回発見したのが、ブルゴーニュ地方の黄金の丘、そのいちばん南に位置する「サントネ村」。あのシャサーニュ・モンラッシェ村の丘から地続きの恵まれた畑を所有する小規模生産者『フィリップ・ジャノ(*現在は代替わりし、息子さんの名前『クイントン・ジャノ』の表記となっています)』!1995年にこじんまりと始めた小さなドメーヌですが、ピノ・ノワールにみんなが望むものが誠実に表現されたワインを、こちらもとても誠実な価格で提供してくれました。
南東向きの日差しに恵まれた畑から収穫される完熟したブドウ。瑞々しい苺やラズベリー、さくらんぼなど甘酸っぱい果実のアロマをしっかりと蓄え、華やかで素直、じつにクラシックなピノ・ノワールの醍醐味が楽しめるワインとなりました。このブルゴーニュが今この時代に2,500円を切れるのは、本当に貴重なことだと思います。渋い赤ワインは苦手、だけどしっかりとした味わいのフランスワインを、と言う方には是非飲んで戴きたい1本です。

【おすすめの飲み方をご紹介】
抜栓:食事の1時間ほど前には抜栓しておくと、果実味がふくらみ全体のバランスがとても上品に柔らかくなります。
温度設定:飲む30-45分前から冷蔵庫に入れておくか、氷水に5分ほど浸けて。少しだけ温度を下げフレッシュに楽しむ方が美味しいワインです。ポイントは「瑞々しさ」、常温保存していたままの温度で飲むのはもったいないですよ!
ワイングラス:小ぶりで良いのでブルゴーニュ型グラス(丸っこい金魚鉢型)がおすすめ。果実味が伸びやかに広がり、程良い酸が心地よく感じられます。
(ワインレヴュー担当:Firadis WINE CLUB店長 五十嵐 祐介)

*関連のお薦めワインには、エレガントに果実のコクが楽しめるスタイルの赤ワインを中心に選んでいます。
  • フィリップ・ジャノ ブルゴーニュ・ピノ・ノワール(仏ブルゴーニュ産赤750ml) 若き醸造家、フィリップ・ジャノ。
  • フィリップ・ジャノ ブルゴーニュ・ピノ・ノワール(仏ブルゴーニュ産赤750ml) シャサーニュ・モンラッシェから続く、石灰質の豊富なテロワール。
  • フィリップ・ジャノ ブルゴーニュ・ピノ・ノワール(仏ブルゴーニュ産赤750ml) 勿論手摘みで収穫しています。
  • フィリップ・ジャノ ブルゴーニュ・ピノ・ノワール(仏ブルゴーニュ産赤750ml) サントネ村の場所はこちらでご確認ください!
フィリップ・ジャノ ブルゴーニュ・ピノ・ノワール(仏ブルゴーニュ産赤750ml)

飲みやすい赤ワインを探しているなら、まずはこれを。繊細でエレガントなスタイルのブルゴーニュ・ピノです。

フィリップ・ジャノ ブルゴーニュ・ピノ・ノワール(仏ブルゴーニュ産赤750ml)

Philippe(Quentin)Jeannot Bourgogne Pinot Noir

  • 赤ワイン

12%OFF!

24 ポイント獲得

希望小売価格 3,025円
価格 2,430円(2,673円税込)

カートに追加されました。

閉じる

閉じる

このワインに合う一皿

相性抜群!30分以内で作れるCLUB30オリジナルレシピをご紹介

フィリップ・ジャノ ブルゴーニュ・ピノ・ノワール(仏ブルゴーニュ産赤750ml)

豚バラ肉とプルーンの赤ワイン煮

<材料>
豚バラ肉:1本(300g)
セミドライプルーン:6粒
オリーブオイル:小さじ1
赤ワイン:200ml
水:200ml
黒粒こしょう:少々
塩こしょう:少々
<作り方>>
1.豚バラ肉を3cm幅に切り、オリーブオイルを熱した鍋で表面を焼き固める。
2. 1の肉から出た余計な脂をキッチンペーパーで拭き取り、水と赤ワインを加えて中火にかける。沸騰したらアクをとって弱火に落とし、そのまま15分。
3.2にセミドライプルーンと黒粒こしょうを加えてさらに10分。塩こしょうで味を整える。
フィリップ・ジャノ ブルゴーニュ・ピノ・ノワール(仏ブルゴーニュ産赤750ml)

飲みやすい赤ワインを探しているなら、まずはこれを。繊細でエレガントなスタイルのブルゴーニュ・ピノです。

フィリップ・ジャノ ブルゴーニュ・ピノ・ノワール(仏ブルゴーニュ産赤750ml)

  • 赤ワイン

12%OFF!

24 ポイント獲得

希望小売価格 3,025円
価格 2,430円(2,673円税込)

カートに追加されました。

閉じる

閉じる

みんなのワインレヴュー

レヴュー投稿ごとに100円分のポイントプレゼント中

レヴュー総合点:3.96(28件の評価)

美味しいと思います

果実な香り、適度な酸味。
最初に口に含んだ瞬間、これ、好き。
2日目、少しタンニンが顔を出してきます。
程よい程度です。
ワイン、楽しい。

が〜ず さん

素直で丁寧に作られたブルゴーニュ

ブルゴーニュに求める歴史と文化、土地柄や製法に実に忠実なワインです。ピノノワールには様々な産地、造り手がいますが、それぞれ個性や良いところがあると思います。その中でも、このワインはブルゴーニュらしい各要素のバランスを備えていて、素直に美味しいです。サントネ産と言うことで、最初は大柄な味わいを予想していましたが、全くそんなことはなく、繊細でほのかな酸味が心地いい、チャーミングな味わいです。

たか さん

期待して飲んでみたが、

「庶民のワイン研究所」が絶賛していたので期待して飲んだ。
料理は、ステーキ。野菜サラダ。
お薦めのポークではなくて残念ではあったが。
写真と異なり2018年物で、色はブルゴーニュのピノの透明感のあるルビー色。
コクよりもスッキリ。
喉越しは良く、ステーキにも合っていたが、飲んだ後に若干の渋みが残った。
期待が大きかったために、辛めの3点とした。

MI-6 さん

開くのに時間がかかる

2018年物を2020年9月に開ける。飲み頃になるのに時間がかかるようですので、Francois D'Allaineのブルと比較飲みすることにしました。
初日:抜栓後は、酸味優勢。確かにこの状態ではおいしく飲めません。一口だけ飲んで、冷蔵庫へ。
二日目:1時間前に冷蔵庫から取り出して放置。丸くなってきましたけど、果実味が弱い。マグロの刺身は合わない。
三日目:香りが立ってきました。果実味が登場しましたけど、ピークを過ぎてしまったかも。
やはり、2018年ものを2年たたずに開けるのは、飲むのに手間がかかることを実感しました。

Aquiro さん

おいしかったです

1年前に買って先週飲みました。酸味のバランスも良く、後味もまずまずでした。時間を置いたら渋みが強くなってきたのであまり時間を置かない方が良いかも知れませんが、それも楽しみ方かもしれません。

Hsmt さん

まだ早い(2018)

抜栓した日に1杯、翌日に残った半分、翌々日に残りをいただきましたが、翌々日の状態がバランス・飲みやすさともに一番良かった。若いから果実味を味わうしかないのだろうが、それにしても個人的には2年早いかな?
昨日気が付いたのだが、今回ブルゴーニュ4本セットで購入した中で、フィリップ・ジャノ マランジェ・ヴィエイユ・ヴィーニュ 2018が含まれていたので、村名がわかっているから3年くらい寝かせた方が賢明かな?

あきさん さん

整っています。

果実味がふくらみ、香りも豊かで、全体的に整っています。

香りはまずますながら、味に雑味があるのが気になる。1級のパスタンより大分落ちる ...

・トップノートは典型的な若いACブルゴーニュの赤系の平板な香り。その後の変化はあまりないが、最後にグラスの中でチョット黒系が ...
・味はフランソワ・ゴーダル程の酸の強さはないが、酸がピュアではなくアフターに雑味と言うか苦味(エグミ?)が少し感じられ、旨味も少ない感じがする。
・翌日も香りは良くなることはなくむしろ落ちた感じ。そして、昨日同様にグラスの残り香はチョット黒系の香り、と共に綿飴ぽい香りも。
・翌日の味わいも、少しは柔らかくなったとは言え、相変わらず雑味は感じられ、グラスの中で時間が経つと酸味が強くなってくる。
・相性では、鉄板なはずの鮪の刺身がいつも程合わず、合鴨パストラミの方が合う(それ程の差はないが)。酸味のピュアさがなく苦味があるためと想われるが、逆に言うとミネラルや鉄分が豊富なのか? (和牛カルビも同程度に合っていた。)
・という訳で、フィラディスさんの今まで飲んだワインの中では、記憶の限り1番品質が悪い気がします。本当は★2つにしたいところ。

Echezeaux14 さん

美人なピノ

フランソワ・ド・ゴータールのピノは酸に圧倒されましたが、
こちらは、豊かな酸の持ち主でありながら主張し過ぎず
とてもきれいな酸で均整がとれています。
欲を言えばもう少し香りの広がりと余韻の長さがあれば
言う事なしですが、この価格帯でのブルピノとしては
拍手を送りたいと思います!

葡萄王 さん

スッキリ赤ワイン

色合いはルビー。
ピノ・ノワールらしいフレッシュ感。
あいにく豚バラ肉がなかったので、ハモン・セラーノと一緒に楽しみました。

TIAST さん

レヴューをもっと見る

川上 ミホ

Miho Kawakami

公式サイト: MIHO KAWAKAMI 川上ミホ

料理家。中目黒「5-quinto」オーナーシェフ/ソムリエ。2006年に日本ソムリエ協会認定ソムリエ資格取得、 2008年にイタリアにてイタリアオリーブオイルソムリエ資格取得。ワインバーやレストランでのソムリエ、 料理人を経て独立。書籍、雑誌などメディアでのフードスタイリング、企業の商品開発、 レストランプロデュースなど活動は多岐に渡る。

パック買いなら、さらにお得に!

フィリップ・ジャノ ブルゴーニュ・ピノ・ノワール(仏ブルゴーニュ産赤750ml)
フィリップ・ジャノ ブルゴーニュ・ピノ・ノワール(仏ブルゴーニュ産赤750ml) 単品はこちら お得な6本パック お得な12本パック