ピエール・パイヤール レ・パルセル ブジー・ブリュット・グラン・クリュ N.V.

Pierre Paillard Les Parcelles Bouzy Bru Grand Cru N.V.

通常価格 7,560円

6,299円(6,802円税込)

10%OFF!

63 ポイント獲得

ピエール・パイヤール レ・パルセル ブジー・ブリュット・グラン・クリュ N.V.
容量 750ml
タイプ
産地 フランス
生産者名 Pierre Paillard
生産年 N.V.
ブドウ品種 ピノ・ノワール60%、シャルドネ40%
熟成 42ヶ月
ドサージュ量 7g/L

≪バランス完璧、シャンパーニュ初心者の方はまずこの1本から!≫シャンパーニュで最もパワフルなピノ・ノワールを産み出すグラン・クリュの村、ブジーを代表する老舗がピエール・パイヤール。彼らがこの村に所有する複数の区画=パーセルを組み合わせて造り上げる自信のエントリー・レンジが「レ・パルセル」です。林檎やアプリコットの完熟果実に、オレンジピールやハチミツ、ミネラルのはっきりとしたアクセント。生き生きした細やかな泡が駆け抜ける味わいの中に、ふくよかな果実と豊かな酸がしっかりと存在しています、力強さにエレガンスを兼ね備えた「まさにブジー」という1本。この村の個性が存分に楽しめるシャンパーニュです。

ワイン選びで「絶対にハズさない」4つの理由 ワイン選びで「絶対にハズさない」4つの理由

THE PRODUCER

Pierre Paillard

ブジー・グラン・クリュならではの男性的な力強さ・奥深さを体現する老舗レコルタン。

3 Essential Points

  1. 11768年から8代に渡りブジーでブドウ栽培を続ける老舗農家、シャンパーニュの自社製造は1946年から。
  2. 2所有畑は11ha、全てブジー。ピノ・ノワールの代表産地であるこの村で、シャルドネの構成比が3割を超える例外的な生産者。
  3. 3アイデンティティの要は、「レ・マイユレット」と「レ・モトレット」という2つの単一畑。前者はピノ・ノワール、後者にはシャルドネが植えられ、このグラン・クリュの「母なる畑」と呼ばれる。

The Hands

ベターヌ&ドゥソーヴ2つ星獲得、シャンパーニュの世界的権威であるワイン評論家トム・スティーヴンソンが「この造り手の全てのシャンパーニュがお薦め」と絶賛する、ブジーの老舗レコルタン。モンターニュ・ド・ランス地区最南端に位置するグラン・クリュのひとつ、ブジー村は、同地区の隣村アンボネイと並ぶピノ・ノワールで名高い産地。アンボネイのキャラクターがふくよかで豊満な味わいなのに対し、ブジーはほぼ真南を向いた斜面とその土壌のテロワールから、肉厚でパワフルな男性的なシャンパーニュを生みだす。この村のテロワールの魅力が純粋に表現されたピエール・パイヤールのシャンパーニュには、しっかりとした骨格、果実味の緻密さとともに、表情豊かな香りとエレガンスが感じられる。非常に少量の生産なので、THE CHAMPAGNEでも滅多に入荷しない希少アイテムだ。

The Review

レヴュー投稿ごとに200円分のポイントプレゼント中

まさにDanceable&Groovyな弾ける躍動感!

2018年10月30日に「極上のシャンパーニュ体験セット」で購入。以前に「2012年ベース/Dégorgement:2017/2」も飲んでるが、セットに入っていたのは「2013年ベース/Dégorgement:2017/10」。

まさにスパイシー&クリスピー&パワフル&スタイリッシュ。ピノ果皮由来のクリスタルなタンニンと疾走感のある直線的な酸、そしてダンディーに身に纏うミネラル。2012年ベースよりも色濃くピノ・ノワールを感じる。堅牢なストラクチャーに閉じ込められたエネルギッシュなフルーティネスがもたらす緊張感、そこから放たれる疾走感のある嚥下ストーリー。素晴らしい。

無駄のないシャープかつソリッドな味筋ながら、力強い果実味が輝ける酸を従えて肉厚なジューシネスを運んで来る。他所のスパークリング・ワインが死んでも達成できない、まさにこれが「AOCシャンパーニュ」の威厳と矜持。1,500円のスパークリングを4〜5本並べたところで連中には何もできないし、決してシャンパーニュがそれを許さない。

moukan1972♂ さん

都内某天ぷら屋が

ハウスシャンパーニュに採用した特級ブジーのRM
最初に強烈なリンゴとシャープな酸、その後に来るパンチのある果実味
シャルドネ70 ピノノワール30くらいのセパージュ想像するも、その逆。
個人的にかなり好きです、食中前菜から肉までカバーできるお気に入りの一本です。

issey さん

シャンパーニュらしい力強い骨格

この力強い骨格感は、ブジーのピノの賜物でしょうか。
個人的に、優れたシャンパーニュは、豊かな果実味と筋が通った綺麗な酸と共に、骨格感や立体感を強烈に感じさせるんだな〜と教えられた思い出の一本です。

自分にとってのシャンパーニュの礎となってます。
ありがとうございます!

ぽんちー さん