moukan1972♂さんのレビュー一覧

9 件中 1 件から 9 件を表示しています。

イクラ好きが安いイクラの良さを探るようなもの

レビュー対象商品:フィリップ・ジャノ ブルゴーニュ・ピノ・ノワール

投稿日時:2018/12/13 14:15:35


 同じ造り手のプルミエ・クリュも一緒に買ったので、まずはコチラから。普段はRMシャンパーニュをよく飲んでるので、ブルゴーニュの赤をマトモに飲むのは初めてかも──そういう意味では初心者の戯言ではあるのだけれど。

 たとえばイクラの大好きな人がイクラの苦手な (もしくは本当に旨いイクラを知らない) 人に安くてそこそこ旨いイクラを案内する時、その程度の質のイクラで相手の中のイクラの概念が覆されるのかという問題がある。たしかに老舗の高級品からスーパーで売ってる人工イクラまで、イクラ好きを理由に様々な質のものを食べまくって来た人の場合、安価なイクラの中に高級品の面影や品質の良さを嗅ぎ取ることは可能ではあるだろう。簡単に言えば、彼は「コスパについての権威」なのである。

 このピノ・ノワールもそれと同じ。これを飲んで初心者や門外漢がブルゴーニュのピノ・ノワールにハマるとか、そういうのは絶対にない。そういう意味で、一体なんのためにこのレンジのワインがあるのかと言えば、それもイクラやウナギと同じで、毎日バクバク高級品は口にできないから、満足できる最低ラインの中の上質さを求める中で、コスパについての権威たち (一廉のピノリストたち) は、きっとここに一定の何かを見い出すのでしょう。

 初心者にだって、それくらいはわかる。なぜなら、このワインからは感動を何も貰えないが、同時に不快な気持ちもあまり湧いて来ないから。ジューシネスには瑞々しい透明感があり、酸のラインもキレイで液に優しい光沢感を与え、厳しさとは無縁のタンニンと旨みが結びつくと、まるで鰹出汁のようなテクスチャーにも出会える。ワインそのものは砂糖と凝固剤を入れる前の上質なゼリーのようでもあり、疲れ知らずに悪酔いもせずにスイスイ飲めるものの、言ってしまえば、ただそれだけ。

 ちなみにオレはイクラはそれほど好きではないが──心底「旨い!」と思ったことがない──、妻はそこそこ好きで、実際、彼女は、一皿108円の回転寿しでもイクラを頼むし、たまに父親が御歳暮でもらった高級品も食べるわけだが、元々がイクラ好き人間なので、たとえ安物であっても、それを正しい味わいに寄せて食べることができるというわけだ。

 ちなみにこれをオレは自ら『イクラ理論』と呼んでいて、意外にいろんな現象に当てはまるので、今回はブルゴーニュのピノに汎用してみた。

 本当に旨いイクラ (Bourgogne Rouge) って、一体いくら出せば買えるんですかね。RMシャンパーニュなら「予算7,000円以内」で相当なレベルのキュヴェまで拾えるけど、きっとこのジャンルは厳しいんでしょうね。

 いつも文句ばっか書いててもアレなので、フィラディスさんの入れてるシャンパーニュで最近飲んで一番旨かったヤツを御紹介。

 Bernard Bremont / ベルナール・ブレモン ブリュット「ミレジメ 2008」

 数が少ないらしく、取扱店は限られるみたいだけど、これ、超旨かったです。これなら文句無しの☆5ですね。ありがとうございます。

むしろ2日目が旨いのはイル・ヴァレンティアーノではなくこっちだし、別に言うほど〝超濃厚ボリューミー〟でもない。

レビュー対象商品:【12/17(月)AM8:29までのタイムセール!】ヴィノジア ネロモーラ

投稿日時:2018/12/07 22:22:41


『映画や読書・音楽のお供にゆっくりと愉しむ、イタリア赤ワイン3本セット』で購入。
https://firadis.net/category/CLUB30/578.html

 動画の瓶は2012だけど、手にしたのは2015。つまり、同じ言葉でこのワインを説明できるかどうかの問題がまずあるのと、あとは飲み手の味覚マップや嗜好に左右されることを差し引いても、どちらかと言えば──少なくとも20℃近辺の温度で飲めば、滑らかに甘やかで、まさに一般女子が「飲みやすぅ〜い!」と言いそうな、柔らかな味わいではある。

 同セットのイル・ヴァレンティアーノの方が、ソツのない、ある意味「オーセンティックな佇まいを兼ね備えた折り目正しくフルーティーなワイン」という意味では、こちらは幾分「野趣に富んだ多層的なアロマを身に纏ったヤンチャなワイン」とは言える。そのことが〝超濃厚ボリューミー〟であることの証左ならそうなのかもしれないが、正直、プロポーションは値段なりの姿を素直に投影しているレベルだとは思う。つまり、いろいろと意気込んでいる、気合いの入った楽しいワインではあるものの、決して一廉の作品性を得るまでには至っていないので、単にオヤジ臭い衣装を身に纏った背伸びした若者という感じではある。

 とはいえ、一口の中の物語性には富んでおり、確かに食中よりも酒単体で飲んで楽しいワインではあると思う。ただし、2日目になると一気に内へ向かう集中力も高まり、なんというか、まさに折り目正しい味わいに変化するので、ヤンチャな表情は相対的に奥へと引っ込み、この場合は食卓を華やがせる力強いワインとなる。

 1,500円前後で買えれば大満足。

普通に開けたてが旨い。

レビュー対象商品:【12/17(月)AM8:29までのタイムセール!】イル・ヴァレンティアーノ カンパぺーリ ロッソ・トスカーノ

投稿日時:2018/11/27 20:52:50

『映画や読書・音楽のお供にゆっくりと愉しむ、イタリア赤ワイン3本セット』で購入。
https://firadis.net/category/CLUB30/578.html

イタリアの赤をマトモに家で飲むのは久々だけど、暖かみのある、ふくよかなジューシネスを感じられる1本で、とてもバランス良く、酒単体でも食中酒でも、そのどちらのシチュエーションでもカジュアルな上質さと共に楽しめる。

やたら「2日目が美味しい」ということをアナウンスしてるけど、別に初日から普通に旨い。むしろ時間と共にタンニックな渋みのアタックは増すので、個人的には常温の初日の一杯目の印象が一番いいくらい。

普段はシャンパーニュを中心に飲んでるので、赤の評価マトリクスに乏しく、このワインが赤全体でどこにマッピングされるかは窺い知れないけれど、何も知らずにレストランでこれをボトルで頼んだのなら、間違いなく笑顔で食事を終えられることだけは確か。

他の2本にも期待。

「割安なサンセール」というよりは「割高なミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ」と捉えた方が素直で正直。

レビュー対象商品:ル・クロー・ドローム ヴァランセ・ブラン

投稿日時:2018/09/25 22:30:18

──フランスでは、ロワール地方がこういったワインの代表的な生産地。「サンセール」が名高いですが少々価格が高め・・・。ということで、CLUB 30ではここでも隠れた名産地「ヴァランセ」をセレクトします──

というShop側の売り文句には若干の違和感。別に探せば2,000円ちょいで「旨いサンセール」──たとえば「Michel Thomas / ミッシェル・トマ」とか──は買える。そういう意味で、この「ヴァランセ」は「割安なサンセール」というよりは「割高なミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ」という表情の方が強く前に出る。

アロマも快活な生命力に溢れたシトラスというよりは、やや清楚にフローラル寄りの愛らしいニュアンス。決して不味いワインではないが、どうにも中途半端で、値段と釣り合うかは微妙。

すべては飲み手の捉え方に依拠する。「1,500円クラスのなんちゃってボルドー白」よりはマシだが、反面「1,000円前後の出来の良いミュスカデ」よりは割高だし、当然、一部の2,000円台のサンセールやボルドー白で得られるタイトで集中力のあるビビッドな果実味なんかどこにも探せない。

なんとなく品良くチャキっとまとまった欠点の少ないワインだが、仮にそんなものがあるとして、まるで「AOCロワール」──ザックリしたバランスの、継ぎ接ぎだらけのダイジェストなロワール・ワインとでも言うべき、なんとも頼りない存立性に満ちた味わいであることも、また事実。

この際、+500円程度の値段は気にしないから、遠慮なく満足度の高いワインを案内して欲しい。デイリーワインとして、この内容では、ブっちゃけ高いです。

別に言うほどコッテリもしてないし、むしろ酸は弱い。

レビュー対象商品:アバニコ・セレクション テンペスタード・ゴデーリョ

投稿日時:2018/09/16 12:14:58

普段は週末にRMモノを中心にシャンパーニュを飲んでるけど──フィラディス取扱のモノもよく飲む──、最近は単価を下げるためにスティルワインの白もちょいちょい買い出した。

抜栓直後の瓶口からは樽一派のRMのような──つまりブルゴーニュのシャルドネのようなキリキリしたドライな香りの風が舞い、それこそジャック・セロスや弟子のミニエールなんかで感じることのできる、まるで梅酒のような酸化のニュアンス (密度の高い果実味) もそよぎ、ほんのり期待が膨らむものの、含むと別に薄いし酸も全然足りてないし、当然シャルドネの幻影なんかどこにもない──コアに佇む透明感のある清冽な〝点の酸〟を探せない。

骨格が緩いので、すぐに隙間から安っぽい甘みが漏れて焦点が合いずらく──これをワイン飲みは「余韻が長い」と言うんだろうけど、酸が寄り添うわけでもないので、まるでなかなか地上に着地できない不安なスカイダイバーのよう。

さすがに1,000円台のワインとの違いは見せてくれるものの、そこそこ厚化粧な香りの纏いなので、飲んでてすぐに飽きる。「コッテリ」はよくわからない。RMシャンパーニュ基準だと普通に「水」だし「酸味」なんか微塵も感じない。

先週たまたまルフレーヴの「マコン・ヴェルゼ2015」を飲んでしまったので、ちょっと分が悪かったというのもあるけれど、なにかもう一押し、決定的な個性が欲しいし、それがないから「また飲みたい」とも思わない。

ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌとして格段に安いわけでもないが。

レビュー対象商品:ドメーヌ・ダヴィッド ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ レ・バルボワール

投稿日時:2018/09/11 14:20:20

1,000円以下でそこそこ飲める瓶が拾えるジャンルにあって、そことの明確な線引きこそ感じれないものの、上質なデイリーワインとしての一定以上の品位はある。また飲みたいとは思わないが、たとえばこれが家の目の前のコンビニの冷蔵庫に常備されていたら気まぐれを起こしてリピートしてしまう程度にはチャーミングなワイン。

あと、余談ですが、2,500円くらいで大満足できるサンセールを扱って下さい。基本フィラディスさんのセンスは信用してますし、特にRMシャンパーニュのセレクトは好みのモノが多く、いつも買って飲んでます。

品格ある引き締まった味筋。

レビュー対象商品:トマダ・デ・カストロ グラン・リバド・アルバリーニョ

投稿日時:2018/09/11 14:13:08

この価格帯のアルバリーニョの最上品だとは思わないが、ワインとして一定以上の品格があり、ギリギリ「旨安」のフィールドを抜け出てる気すらする──つまり二軍のレギュラーではなく一軍の控え。

これならまた買ってもいいと思える。

値段に見合わない。

レビュー対象商品:【12/17(月)AM8:29までのタイムセール!】トラミン・ピノ・グリージョ

投稿日時:2018/09/11 14:07:27

普通。同じ値段を出せば他にもっと旨いヤツはいくらでもある。たしかに1,000円台のイタリアワイン全般よりは酸の密度が高い (ラインがしなやか) けど、だから?ってなもん。

基本的にはクリアで品の良いワインだと思うけど、もう少し突き抜けて来るニュアンスは欲しい。そうじゃないと、もう1枚 (1,000円) 足す理由が見えにくい。昨日、別経由でこれの「ソーヴィニョン」を手に入れたので、飲んだら追記しておきます。

ちなみに1,280円なら特に文句はないです。

──────────────────────────────
2018/9/19追記──。

これの「ソーヴィニヨン」を飲みました。フィラディス経由のボトル (正規品) です。全くキャラが異なるからアレだけど、同じ値段を出すなら「ソーヴィニヨン」の方がキャッチーにトロピカルなので飲んでて楽しい。ツヤツヤと煌びやかな液性には内に向かう集中力や引き締まったミネラルは感じないが、皆が集まる場での序盤のパーティー酒としてはベター。

これ飲んで満足できる人はシャンパーニュの本当の美味しさを知らない人。

レビュー対象商品:ラ・グランド・コート クレマン・ド・ブルゴーニュ N.V.

投稿日時:2018/09/11 13:53:34

香りはリアルにシャンパーニュ。ピノ・ノワールの比率は恐らく高め。70%以上はある。香りの質感に光沢があり、愛らしいジャムのよう。
含むと、当然にして「薄い」「ペラい」──まるで出来損ないのブラン・ド・ノワールのよう──色の入ってないシャンパーニュの塗り絵とも言える。

果皮の渋みが強めに出てるのは別にいいとして、そこにジューシイな果実味が乗って来ないのと、シャルドネのフィネスを全く感じないので、まるでスカスカな炭酸飲料水。
たしかにこの手の安泡にしてはストイックにドライだが、これはドザージュが少ないのではなく、単に果実の力が弱いだけ。シャンパーニュのノンドゼだってもっと甘いものはある。

普段フィラディスのRMシャンパーニュをガブガブ飲んでる身からすると、満足度は限りなくゼロに近く、まさに「安物買いの銭失い」の典型。

ベルナール・ブレモン アンボネイ・グラン・クリュ・ブリュットN.V.
https://firadis.net/category/CHAM_DISCOVERY/152.html

エティエンヌ・ルフェーヴル ブリュット・レゼルヴ・カルト・ドール グラン・クリュ N.V
https://firadis.net/category/CHAM_DISCOVERY/150.html

このへんと同時に飲み比べてみれば誰にでもわかること。そうなると、もうこれは飲めない。値段じゃない。「感動」を得られるか否かだけが重要。