シャトー・ド・マルサネ マルサネ・ルージュ 2018年(仏ブルゴーニュ産赤ワイン750ml)

  • シャトー・ド・マルサネ マルサネ・ルージュ 2018年(仏ブルゴーニュ産赤ワイン750ml)
  • シャトー・ド・マルサネ マルサネ・ルージュ 2018年(仏ブルゴーニュ産赤ワイン750ml)
  • シャトー・ド・マルサネ マルサネ・ルージュ 2018年(仏ブルゴーニュ産赤ワイン750ml)
  • シャトー・ド・マルサネ マルサネ・ルージュ 2018年(仏ブルゴーニュ産赤ワイン750ml)

シャトー・ド・マルサネ マルサネ・ルージュ 2018年(仏ブルゴーニュ産赤ワイン750ml)

希望小売価格 5,775円
税込 5,197円 送料について

セール情報

10%OFF

47 ポイント獲得

商品名(原語):
Chateau de Marsannay Marsannay 2018
タイプ・容量:
赤ワイン (750ml)
生産者:
産地:
ブドウ品種:
ピノ・ノワール 100%
ヴィンテージ:
2018
熟成:
バリック15ヶ月(新樽比率20%)

ソムリエのワイン解説

マルサネ村を知り尽くしたシャトーの入門ワイン。クロ・デュ・ロワやロンジュ・ロワなど、マルサネでも有数の優良畑をブレンドした贅沢すぎる村名格ワイン。マルサネ村にはプルミエ・クリュ、グラン・クリュがないのですが、ここ数年マルサネでは「プルミエ・クリュ昇格運動」が熱を帯びています。もしプルミエ・クリュが制定されれば、これらの畑は間違いなく昇格するでしょう。そうなったらこのワインがどれだけお得かお分かりいただけるのではないでしょうか。トーンの高いベリー系果実のアロマティックな香りにスモーキーなニュアンス。フレッシュな果実が口の中をしなやかに満たしてくれます。果実の旨味と美しさの共存、それこそマルサネの美味しさなのです。

生産者を知ると、ワインはもっと美味しくなる

  • シャトー・ド・マルサネ マルサネ・ルージュ 2018年(仏ブルゴーニュ産赤ワイン750ml)
  • シャトー・ド・マルサネ マルサネ・ルージュ 2018年(仏ブルゴーニュ産赤ワイン750ml)
  • シャトー・ド・マルサネ マルサネ・ルージュ 2018年(仏ブルゴーニュ産赤ワイン750ml)

Chateau de Marsannay

生産者の概要

名実ともにマルサネを代表する生産者。その『柔軟な伝統的アプローチ』により、味わいはより洗練され、各畑の個性を生き生きと表現している。

3つのポイント

  1. 1989年にボワソー家によりシャトーが建造され、1990年からワイン造りを開始。
  2. 2012年にオリヴィエ・アレイが新たなオーナーとなり、潤沢な資本力を武器に、2012年より本質的な改革を実施した。
  3. 栽培はリュット・レゾネで行い、土壌にも注目。畑の土は耕し、シンプルな有機肥料を用いることで土中の微生物を活性化させ、土壌の構成を改良している。

生産者のこだわり

シャトー・ド・マルサネは、1989年にボワソー家によりシャトーが建造され、1990年からワイン造りが始まった。3つのグランクリュを含め、北はマルサネから南はヴォーヌ・ロマネまで36haの畑をコート・ド・ニュイに所有する。その内28haをマルサネが占め、クロ・デュ・ロワ、レ・ロンジュロワ、レ・ゼシェゾーなど、このアペラシオンを代表する畑が揃っている。
現在ブルゴーニュでは、マルサネの優れた畑をプルミエクリュに昇格しようという動きが活発になっているが、これが認められればシャトー・ド・マルサネはマルサネのプルミエクリュを最も多く所有する造り手となる。また、これらの畑に加え、2006年から4haのオスピス・ド・ディジョンの栽培・醸造も一手に担っている。名実ともにマルサネを代表する生産者であるこのシャトーは、2012年にオリヴィエ・アレイが新たなオーナーとなり、ブルゴーニュで大きな話題を呼んだ。彼はフランスの長者番付に名を連ねる資産家で、前所有者のボワソー家との5年に及ぶ交渉を経て、シャトー・ド・マルサネとシャトー・ド・ムルソーを手に入れた。その後、潤沢な資本を基に行われた投資は総額100万ユーロを超える。畑では改植プログラムが実施され、セラーでは新たなプレス機や光学式選果台など最新の醸造設備が導入され、ワイン造りの手法も見直された。また、実務を取り仕切る責任者として、ブシャール・ペール・エ・フィスの前社長であるステファン・フォラン・アルブレが両シャトーのディレクターに招かれた。栽培はリュット・レゾネで行い、土壌にも注目。畑の土は耕し、シンプルな有機肥料を用いることで土中の微生物を活性化させ、土壌の構成を改良している。芽かきやグリーンハーヴェストで収量制限を行い、ブドウの実の通気性を確保するため、枝は長く伸ばして固定する。畑仕事を行うのは、タシュロンと呼ばれる職人たちだ。彼らは長年同じ区画を専属で管理しているため、それぞれの畑の特徴を熟知しており、気象条件や土壌によって異なる各区画のブドウの生育を健全に導くことができる。収穫時期になると区画ごとにブドウの熟度がチェックされ、収穫スケジュールが立てられる。以前はこれほど綿密な準備ができていなかったため、通常の収穫でも2週間以上かかっていたが、現在ではその期間は約1週間ほどに短縮された。
手早く収穫されたブドウは容量20g/Lのカゴに入れてセラーに運ばれ、厳正な選果後、醸造が始まる。ディレクターのステファンによると、彼らのワイン造りは『柔軟な伝統的アプローチ』をベースにしている。つまり、道理にかなう手法は残し、そうでないところは時代に合わせて変えていくということだ。現在、赤ワインの醸造では100%除硬しているが、必要であれば全房発酵を取り入れる可能性もあるという。
日々向上するための調整は続ける一方、本質的な改革は既に2013年に大部分が完了したと彼は語る。その改革の成果は、ワインの味わいにもはっきりと現れている。新体制での初ヴィンテージとなる2012年でもその兆しはみられたが、畑仕事を最初から手掛けることができた2013年のクオリティは段違いだ。味わいはより洗練され、果実とともに各畑の個性が生き生きと表現されている。新たなラベルとともに世に送り出された新生シャトー・ド・マルサネは、専門各誌の注目を集めている。

【シャトー・ド・マルサネ栽培醸造責任者シルヴィアン・パヴィオンさん一問一答インタヴュー】
Q1:ワイン造りを一生の仕事にしよう、と決意したきっかけは何ですか?

⇒たぶんこういう人が多いのだと思うけど、ワイン造りの家系で育ってきたから自然と、という感じだね。実は僕はFiradisで取り扱っているロワールのワイン生産者『ル・クロー・ドローム(*ソーヴィニヨン・ブラン100%のワイン「ヴァランセ」を取り扱っています)』で修業をして、そこから『シャトー・ド・マルサネ』に移ってきたんだ。憧れのブルゴーニュ地方でワイン造りに携わることが出来て、本当に幸せだよ。

2:これまでワインを造ってきて、一番嬉しかった瞬間は?
⇒僕は、発酵を見つめている時に一番幸せを感じるんだ。その1年間、畑でずっと向き合ってきたブドウがワインに姿を変えていく様を見ているのが、ワイン造りに関わるものとして一番幸せな時だと思う。

Q3:その反対に、一番辛い(辛かった)ときは?
⇒これは2の質問と同じ答えで相反するんだけど、その終わりを待っている間かな。発酵がうまく進むかどうにも心配になったりしてね、ストレスとプレッシャーがかかり続ける時間だ。まあ、無事に終わって素晴らしいワインが出来上がっているのが分かると、全部忘れちゃうけどね 笑

Q4:ワイン造りで最も「決め手になる」のは、どの工程だと思いますか?
⇒クオリティの高いブドウを収穫する、に尽きると思う。ブルゴーニュワインは、区画単位まで細かくテロワールの個性・ポテンシャルが異なるので、それがワインにダイレクトに反映されてしまうワインだからね。テロワールを徹底的に知り尽くすことこそが、良いワインを造ることなんだと思う。

Q5:あなたにとっての「理想のワイン」とは?
⇒エモーションに直接訴え、揺さぶるようなワイン・・・かな。

Q6:今までに飲んだ中で最高のワインを1本だけ選ぶとしたら?
⇒ついこの間飲んだ1950年の『クロ・ド・タール』。なにせ70年近くも経っているし、もうピークはとうに越していると思って期待せずに飲んだのだけど、絶句したよ。華やかで複雑な香りは衰えるどころか力を増していて、フレッシュさすら感じさせられた。

Q7:自分のワインと料理、これまでに一番マリアージュしたと思った組み合わせを教えてください。
⇒それが、実はブルゴーニュの郷土料理じゃないんだよ。シャトー・ド・マルサネの赤ワインは、トリュフをよく使うアルザス地方の料理と相性が良いと思うんだ。土や枯葉の印象が重なり合うのかな・・・?

Q8:もしあなたが他の国・地域でワインを造れるとしたら、どこで造ってみたいですか?
⇒修業を積んだロワール地方に帰って、そこでもう一度ワイン造りをしてみたいな。経験を積んだ今なら、多様性溢れるテロワールとブドウ品種に向き合ってもっともっと良いワインを造れると思うんだ。

Q9:あなたの「ワイン造り哲学」を、一言で表現してください。⇒「テロワールは、人の力よりもはるかに強い」。


Q10:最後に・・・日本にいるあなたのワインのファンに、メッセージを!
⇒Wine is friendship !!(*ここは折角なので原文のままです)

美味しいワインギフト

味わいでセレクトされたフィラディスのワインなら、ワインにちょっとうるさいあの人も笑顔に!ギフトのご指定はご注文画面で受け付けております。

■ ギフトボックス1本用、2本用:275円(税込)

ボックスをご注文の方は無料の簡易のしを追加することができます。※名入れ不可

■ ワイン用手提げ袋:275円(税込)

ギフトボックス1本用がぴったり入るサイズの手提げ袋です。

■ セルフラッピング:無料

お客様ご自身で簡単にお包みいただけるラッピングキットです。ご希望の方にご注文本数分、無料でおつけします。

ワインギフトの詳しいご説明はこちらへどうぞ。

まとめ買いがお得です!

  • 商品6点以上、または合計1万円以上お買い上げで送料無料!
  • 商品12点以上お買い上げで10%OFFになります。
  • セット商品は全て送料無料です。

みんなのワインレヴュー

ご購入商品へのレビュー投稿で、100円分ポイントをプレゼント!

シャトー・ド・マルサネ マルサネ・ルージュ 2018年(仏ブルゴーニュ産赤ワイン750ml)

シャトー・ド・マルサネ マルサネ・ルージュ 2018年(仏ブルゴーニュ産赤ワイン750ml)

総合点:4.67(3件の評価)

Aquiro さん

投稿日時:2020/11/30 11:52:36

果実味たっぷりでおいしい

23時間前に抜栓。室温22度液温14度。赤い果実の酸っぱい香りがしましたが、酸味はありません。果実味中心で、少し酸味が欲しいと感じました。開きすぎたのかもしれません。しゃぶしゃぶで飲みましたけど、特に違和感はありませんでした。好みの旨みでした。次回は、朝開けて夜飲むを試してみます。酸っぱいのが苦手なブルピノファンにはよいと思います。

おおくん さん

投稿日時:2020/05/21 10:31:17

エレガントなピノ

家族が集まった夕食で開けました。きれいで美味しいピノ、ステーキによく合いました。もう一本あるけど、しばらく取っておきます。

くらのすけ さん

投稿日時:2020/01/19 10:50:54

鴨で呑む

鴨の脂の甘さを引き立ってくれる逸品。ピノ・ノワールの酸味が鴨の脂の美味さを引き立ってくれます。

『フィラディスのワインは絶対にハズさない』

星付きレストラン
が選ぶワイン商社直営

コストパフォーマンス
中間マージン無し

品質管理
4人のプロフェッショナル

情熱
ワインにかける想い

フィラディスのワインはなぜ美味しいのか。知っていただきたい『4つの理由』はこちら。

配送・送料

  • 通常送料550円(税込)※沖縄県、離島は別料金、その他は一律です。
  • ・商品6点以上、または税込11,000円以上で送料無料となります。
  • ・通常平日午前8:29までのご注文で当日発送が可能です。※定期コースは所定の配送日となります。
  • ・指定可能時間帯:午前中 | 12~14時 | 14~16時 | 16~18時 | 18~20時 | 19~21時
  • ・セット、定期コースは送料込み価格です。セットと合わせ買いの単品にも送料はかかりません。
  • ・クール配送は全品220円(税込)で承っております。また、夏季はワインのコンディションを保つため全便クール便となります。
  • ・土日祝日、夏季、冬季休業中は配送をお休みさせて戴いております。夏季、冬季休業の日程は別途ご案内となります。

お支払い方法

  • VISA
  • mastercard
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • 代金引換
  • PayPay
  • amazon pay
  • R Pay
  • Pay-easy
  • セブンイレブン
  • LAWSON STATION
  • FamilyMart
  • MINI STOP
  • seicomart
  • ・上記の決済方法がご利用いただけます。
  • ・お電話でのご注文の場合は、代金引換でのみ承ります。
  • ・各決済の詳細はご利用ガイドよりご確認ください。

ワインカテゴリ

生産者

(検索数上位から抜粋)

続きを読む