キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元
キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

ジャン・ルイ・ヴェルニョン コンヴェルサシオン ブリュット ブラン・ド・ブラン グラン・クリュN.V.

J.L.Vergnon Conversation Blanc De Blanc Grand Cru Brut N.V.

通常価格 8,140円

6,599円(7,258円税込)

11%OFF!

66 ポイント獲得

ジャン・ルイ・ヴェルニョン コンヴェルサシオン ブリュット ブラン・ド・ブラン グラン・クリュN.V.
容量 750ml
タイプ
産地 フランス
生産者名 J.L.Vergnon
生産年 NV
ブドウ品種 シャルドネ100%
熟成 36ヶ月
ドサージュ量 5-7g/L

「Conversation=会話」、とユニークな名前が付けられたブラン・ド・ブランのキュヴェ。食事中に人を饒舌にさせることを目指しての名だとしたら、その狙い通り的確に機能する「陽性のシャンパーニュ」担っていると思います。グレープフルーツや白桃、ジャスミンのニュアンスから、ビスケット&ナッツの香りへ。ル・メニル・シュール・オジェの力強いシャルドネが存在感を発揮し、全体をピュアに、表現力豊かにまとめあげています。飲むたびに、あたたかな幸福感を感じさせてくれる1本です
(シャンパーニュレヴュー担当:THE CHAMPAGNE店長 五十嵐 祐介)

ワイン選びで「絶対にハズさない」4つの理由 ワイン選びで「絶対にハズさない」4つの理由

THE PRODUCER

J.L.Vergnon

シャンパーニュにおいて「クラフトマンシップ」という言葉は、J.L.ヴェルニヨンのためにある。

3 Essential Points

  1. 1ジャン-ルイ・ヴェルニヨンが1950年にコート・デ・ブラン地区の畑を購入して操業、1985年に初リリース。
  2. 2ル・メニル・シュール・オジェ中心に所有する畑は樹齢30年以上のヴィエイユ・ヴィーニュが多く、ミネラルを豊富に含有したブドウはマロラクティック発酵を必要としないほど果実の力が溢れている。
  3. 3デゴルジュマンまで手作業で行う徹底的な伝統主義。

The Hands

J.L.ヴェルニヨンの歩んできた道のりは、決して順風満帆ではなかった。1950年に創始者ジャン-ルイが畑を手に入れ栽培に取り組み、シャンパーニュの自家生産に乗り出そうという折に長男が若くして逝去。ジャン-ルイは失意でワイン造りの夢を一旦は諦めかけるが、妻・二男と再びその夢に向けて歩き出した。1985年に自らのシャンパーニュを初リリースすると、早々にギド・アシェット等が絶賛、一躍彼はシャンパーニュで一目置かれる生産者に。彼が亡くなった後は、信頼する醸造責任者クリストフ・コンスタンが遺志を受け継いだ。「ル・メニル・シュール・オジェでマロラクティック発酵をしないシャンパンなど、ドサージュを十分にしなくては飲めたものではない」という一般論を撥ねつけ、彼のシャンパーニュはエキストラ・ブリュットでもミネラルと果実味が心地よく広がる。

Related Champagne同じ生産者によるシャンパーニュ

The Review

レヴュー投稿ごとに200円分のポイントプレゼント中

個人的にメニル主体のNVは何故か鬼門・・・

2018年10月30日に「極上のシャンパーニュ体験セット」で購入。

個人的にメニル主体のNVはどうにも「薄い」と感じてしまう時間帯が多くなる。ノンマロでこの厚みのある果実感は素晴らしいと思うけれど、また飲みたいとは思えない。ま、そこは嗜好や経験数の問題もあるんでしょう。フィラディスさんの扱いではないが、最近飲んだ中で個人的にメニルのブラン・ド・ブランで「ハっ」とさせられたのは「LAUNOIS pére & fils Veuve Clémence」くらい。

「Conversation=会話」という名前のキュヴェであることを踏まえると仕方のない面もあるけれど、ちょっとドザージュの量が多い。3g-4g/1Lで十分。

moukan1972♂ さん

アタック強めの印象

フレッシュな酸味とレーズンの様なコク味が共存していて、味の深さを感じました。インパクトが強く、飲みごたえがあります。

タカ さん

グランクリュ村のブランドブランの比較🎵

セルヴネイのブランドブランとの違いは、
○柑橘+αの部分で、セルヴネイは洋梨で、これは白桃
○はちみつ感は共通、セルヴネイはヨーグルト、これはビスケットのニュアンスが強い
このビスケット感の印象からか、セルヴネイに比べるとより陽性に感じる

村が違うものの、同じコートデブランのグランクリュ村のブランドブランで澱抜きまでの期間が同じ三年でも、違いはありますね!
当然の話しですが笑

個人的に、乳酸発酵の有無の割合が気になりました!
ブレンドしていくベースワインでも、乳酸発酵有りと無しの両方が当然あり、生産者がベストと思う調合が成されていくんですかね?
情報としてザックリした割合が出せるなら、面白いと思います。

ぽんちー さん