リーフェル ピノ・ブラン

容量
750ml
タイプ
産地
フランス アルザス
生産者名
Rieffel
生産年
2016
ぶどう品種
ピノ・ブラン100%
熟成
ステンレスタンク熟成
リーフェル ピノ・ブラン
ミッテルベルクハイムにある沖積土の畑で栽培される樹齢約20年のブドウを使用。良く熟した柑橘類や白桃の柔らかな香りにミントやセージなどのフレッシュハーブの爽やかさ。シンプルでクリーンな味わいの中に感じられるしっかりとしたボリューム感がハーブの爽やかなニュアンスとともにフィニッシュまで続きます。(*商品画像は2007年のものです。)

通常価格2,646円

2,180円 (2,354円税込)

リーフェル ピノ・ブラン

リーフェル ピノ・ブラン

通常価格 2,646円

2,180円(2,354円税込)

容量
750ml
タイプ
産地
フランス アルザス
生産者名
Rieffel
生産年
2016
ぶどう品種
ピノ・ブラン100%
熟成
ステンレスタンク熟成

ミッテルベルクハイムにある沖積土の畑で栽培される樹齢約20年のブドウを使用。良く熟した柑橘類や白桃の柔らかな香りにミントやセージなどのフレッシュハーブの爽やかさ。シンプルでクリーンな味わいの中に感じられるしっかりとしたボリューム感がハーブの爽やかなニュアンスとともにフィニッシュまで続きます。(*商品画像は2007年のものです。)

About the producer 生産者の横顔

Rieffel

リーフェル
アルザスで唯一シルヴァネールが認められたグランクリュ『ゾッツェンベルグ』を所有。ワインに複雑味やミネラルを与える為、澱と共に長く熟成させるスタイルは、独特のスモーキーさや重厚感を生み出す。

3つのポイント

  • 1946年に元詰めを開始。ミッテルベルクハイムを中心に両隣のバールとアンドローに計9.5haの畑を所有し、アルザスで唯一シルヴァネールが認められたグランクリュ『ゾッツェンベルグ』も有する。
  • 現在、栽培・醸造を担うルカ・リーフェルは、アルザス、ブルゴーニュ、ドイツで修業を積み、特に同郷の奇才アンドレ・オステルターグから多くを学んだ。
  • 2009年よりビオディナミに完全転換。自然酵母での発酵では伝統的なフードルとステンレスタンクを使い分け、熟成においてはワインに複雑味やミネラル感を与えるため、澱とともに長く熟成させることを大切にしている。

生産者詳細

コルマールから北へ約35km、フランスで最も美しい村と称えられるミッテルベルクハイムが誇るゾッツェンベルクは、アルザスで唯一シルヴァネールが認められたグランクリュである。この村とバールを隔てるようにヴォージュ山麓からせり出した丘の南側斜面に位置しており、近隣のグランクリュに比べると勾配が緩やかで、アルザス平原に向かって開けたアンドローの谷の扇状地に面しているため全体的に非常に日当たりが良い。重く保水性のよい泥灰石灰質の土壌と温暖な気候は、シルヴァネールやゲヴュルツトラミネールのような、豊かなボディのある柔らかな味わいの品種の特徴をさらに生かす働きをする。
1946年に元詰めを開始したリーフェルは、ミッテルベルクハイムを中心に両隣のバールとアンドローに計9.5haの畑を所有している。現在、栽培・醸造を担うルカ・リーフェルは、アルザス、ブルゴーニュ、ドイツで修業を積み、特に同郷の奇才アンドレ・オステルターグから多くを学んだ。1996年に父親からドメーヌを任されたルカは徐々に有機農法を採用し、2009年よりビオディナミに完全転換。自然酵母での発酵では伝統的なフードルとステンレスタンクを使い分け、熟成においてはワインに複雑味やミネラル感を与えるため、澱とともに長く熟成させることを大切にしている。またこれにより、彼のワインに特徴的なスモーキーさが生まれるという。
品種特有のフローラルで優しい果実を重要視するゲヴュルツトラミネール以外は全て辛口となるようワイン造りを行っているが、比較的穏やかで湿潤な気候を持ち、中部や南部アルザスほどブドウの糖度が上がらない北のエリアにおいては当然の表現方法であるかもしれない。マルク・クライデンヴァイスのアントワン・クライデンヴァイスやジャン・ダニエル・ヘリング等、近隣の同世代の生産者との親交も深く、今後の活躍が楽しみな若い造り手である。

こちらもおすすめ!

RELATED PRODUCTS

こちらもおすすめ!

RELATED

関連ショップのご紹介

SHOP