hayateさんのレビュー一覧

1 ~ 18 件目を表示しています。(全18件)

これぞリースリング

レビュー対象商品:カール・ローウェン リースリング・クアント 750ml(ドイツ・モーゼル産辛口白ワイン)

投稿日時:2020/04/25 17:03:35

「私たちが急斜面で育てている接ぎ木なしの古木は、人間ごときが余計な手出しをする必要が無いんだよ」という生産者さんの言葉にシビれて4種類とも購入し、まずはこの1本から。これぞモーゼルのリースリングといった感じの、本当にピュアな味わいで大満足。残りの3本はさらに美味しいのだろうと、ワクワクしています^ ^

コクがあり美味しい!

レビュー対象商品:【瓶に擦り傷ありアウトレット品:20%OFF】ドメーヌ・デュテルトル トゥーレーヌ・メトード・トラディショネル・ブラン・ブリュット N.V.

投稿日時:2020/04/25 16:52:20

瓶内二次発酵の香りよりも、シュナンブランのコクの方がインパクトがあり、非常に美味しかったです。しっかり味わえるスパークリングワイン。またリピートしたいです!

ボルドーグラスがオススメ

レビュー対象商品:【キャップシール傷アウトレット品:20%OFF】レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ

投稿日時:2020/04/19 21:38:56

キャップシール傷アウトレットのためコルクが乾燥していたのか、私の抜栓が下手だったのか、コルクが途中で折れてしまいました(^_^;
残り半分のコルクを慎重に、、、無事抜栓できました!
サンジョヴェーゼはブルゴーニュグラスでいただくことが多いですが、ブルゴーニュグラスだと酸が突出して感じられる印象でした。このワインはMeとCSが4割なのだから、ボルドーグラスでいただくのが正解?ボルドーグラスでいただく方が、ずっとバランスが良かったです。
グラスとの相性を探るのも、ワインの楽しみ方のひとつですね!

コスパ高し!

レビュー対象商品:【ラベル傷アウトレット品:20%OFF】チトラ ヴェッラ・トッレ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ

投稿日時:2020/03/18 23:19:42

モンテプルチアーノをしばらく飲んでいなかったので、その味わいを再確認したくなり、注文。
開けたばかりのとき、タンニンが少し強く感じられたので、ブルゴーニュグラスに変えてみると、ちょうどよく感じられました。
タンニンが強めに感じられたのは適応より低かった可能性もあるかと、2日目は少し高めの温度で飲んでみることに。
すると、初日よりやわらかな口当たりで、バランスもよく感じられました。落ち着いた印象です。
そして3日目、最後の一杯を楽しんでいますが、2日目と同様に優しい口当たりで、名残惜しいですがなくなってしまいそうです(笑)

また飲みたい

レビュー対象商品:トータス・クリーク ジンファンデル ザ・チェロニアン

投稿日時:2020/03/07 07:34:17

カリフォルニアのジンファンデルだから、アルコール高そうだなぁと裏ラベルを見ると15.5%!15以上とは(汗) 飲んでみると確かにアルコール高いものの果実味がしっかり寄り添っていて、タンニンはジンファンデルらしく低めなので、家庭の洋食にも合わせられます!ワイン単体で飲んでも飲み疲れません。また飲みたいです!

深いところから

レビュー対象商品:【完売致しました】アナヨン・クラブ・バリッカ 2015年

投稿日時:2020/02/19 22:32:08

通常のアナヨンと比べてみると、基本的なところは変わらないんです。果実味しっかりでアルコール高めなのに、不思議と飲み疲れない。これは共通です。では、通常アナヨンとどう違うかなと飲み比べると、香りも味わいも深いんですね。深いところから香ってくるような感じ。味わいもビターです。もちろん嫌なビターではなく、この深みはどうやって出すのかなぁと興味深く惹かれる感じです。まだお試しでない方、是非是非お試しくださいね。

すごい凝縮感

レビュー対象商品:リーフェル シルヴァネール・グラン・クリュ ゾッツェンベルク

投稿日時:2020/02/07 18:59:15

このワインを買うのは何度目でしょうか。常にセラーにいてほしい、大好きなワインです。ブドウが土壌から吸い上げたものをワインにするってこういうことかと気づかされる、すごい凝縮感。それを実感するのが好きで、たいていワイン単体でいただいています。フランケンのジルヴァーナーはキリリとドライ、それと対極にあるようなすごい凝縮感のシルヴァネール。同じ品種なのに全然違って、ワインって楽しいなぁと思います。

お鍋に合わせて

レビュー対象商品:リーフェル ピノ・ブラン

投稿日時:2020/02/07 08:26:52

あっさりお鍋で始めて、途中でカマンベールチーズをまるごと投入して、チーズ鍋に味変。テレビで紹介されていたメニューに初挑戦。あっさりの前半、チーズ投入後の後半、両方をつないでくれるワインは?ドライすぎず、逆にこってりもしすぎないワイン。このピノブランで正解でした!アルコール度数も12%か12.5%で、スイスイ飲みやすいです^ ^

最初は還元してました

レビュー対象商品:【限定60本:メルマガ読者様先行ご案内】ドメーヌ・デ・リズ クローズ・エルミタージュ エキノックス

投稿日時:2020/02/07 08:09:10

初日開けたてはかなり還元していて、もうひとつグラスを持ってきて、デキャンタぽいことを数回やってみましたがとれず。2日目まだ還元しているけれど、初日よりはとれてきた。3日目、ブルゴーニュグラスでいただくといい感じになっていました。4日目、今晩のお楽しみ(笑)

なめらかなタンニン

レビュー対象商品:シャトー・カップ・ドール サン・ジョルジュ・サン・テミリオン 750ml(フランス ボルドー産赤ワイン)

投稿日時:2020/02/06 23:47:03

初めて買ったとき、美味しくて印象に残ったので、2度目の購入^ ^ 久しぶりの再会を楽しみながら飲んでみました。私は何故美味しいと思ったのか探りながら。香りが良いのはもちろん、タンニンがきめ細やかで非常になめらか。なので、飲み疲れることなく、ついついまた口に運んでしまいます。今回はハヤシライスに合わせてみましたが、ハンバーグなどにもとても合いそうです

凛として

レビュー対象商品:リーフェル ゲヴュルツトラミネール グランクリュ ゾッツェンベルク

投稿日時:2020/01/19 00:09:24

甘みを残していながら、アルコール度数が14%ある。発酵前のブドウの糖度がいかに高かったか。温暖なワイン産地ならまだしも、アルザスでは並大抵のことではないのでは。きっと収穫までたくさんの愛情を注がれたブドウ。
華やかゲヴュルツのように、ゲヴュルツらしさをアピールしてくる感じではなく、真面目なゲヴュルツ。ブドウが土壌から吸い上げたものを丁寧に表現し、アピールしてくるのではなく、凛としてたたずんでいるような。
アルコール14%あるのに、サラリと飲めてしまう不思議さ。知ろうとしなければ過ぎ去り、知ろうとすれば知れる凝縮感が、自在にバランスをとっているような。

見た目より飲みやすい!

レビュー対象商品:グランデス・ビノス・イ・ビニェドス アナヨン・セレクシオン 750ml(スペイン カリニェナ産赤ワイン)

投稿日時:2019/12/24 23:27:17

アナヨンは、果実味たっぷりでアルコール高いのに飲み疲れないのがスゴイ!このセレクションだけではなく、他のラインナップにも共通していると思います。セレクションは、カベルネ・ソーヴィニヨンとシラーとテンプラリーニョが3分の1ずつでアルコールが14.5% 家飲みでは手におえないくらいのパワフルさを想像するも、これがなぜかいけるんです。なぜ飲み疲れないのか、飲みながら考えてみたところ、タンニンが控えめで細やかだからではないかと。ギシギシしないので、またグラスを口に運ぶ。そんな感じです^ ^

たくあんとメチャ合います!

レビュー対象商品:シャトー・アントニャック クロズリー・デ・リ クレマン・ド・リムー 750ml(フランス ラングドック産辛口スパークリングワイン)

投稿日時:2019/12/24 23:08:21

初めて気づいたのですが、たくあんとメチャメチャ合います!なぜ合うのか考えてみました。たくあんは大根を糠で発酵させている。クレマンは瓶内二次発酵で酵母の香りがする。この発酵繋がりではないかと!たくあんにも色々ありますが、今回メチャ合ったのは、白っぽくて水分多め、甘味も感じられるたくあんです^ ^

樽のかかり方がキレイ

レビュー対象商品:カン・フェイセス シャルドネ

投稿日時:2019/12/24 22:57:36

華やかな果実味を落ち着かせるように樽がかかっていて、果実味と樽香のバランスがとても良いと思います。余韻の中になんとも言えない香ばしさが漂うのが素敵で、また次の一口を誘います。アルコールが高すぎないところも、キレイさに花を添えています。

中華にあいます

レビュー対象商品:ドメーヌ・フィリップ・ヴァンデル シャルドネ トラディション

投稿日時:2019/12/10 23:38:59

飲み慣れたシャルドネとは違い、ジュラ仕立てでフロール香がしっかりと感じられます。私はフロール香が好きですが、苦手な方もおられるかも。好みが分かれるところかもしれません。家飲みで家庭料理にもあうと思います。中華にあうように思いました!

冬のソーヴィニョンブラン

レビュー対象商品:ドメーヌ・ド・テール・ブランシュ コトー・デュ・ジェノワ アルシミー

投稿日時:2019/12/01 00:10:19

ソーヴィニョンブランは夏向き爽やかワインのイメージが強く、冬になると何にどう合わせたらよいものかと思います。でも緑の香りをまとった柑橘系ですから、すだちをイメージすれば、ポン酢で食べる鍋に合うだろうと思い、今宵の鍋に合わせてみました!すると、ソーヴィニョンブランで酸味が補われるからか、ポン酢を使わずに市販の鍋出汁だけで最後まで食べてしまいました。アルコール度数が高くなく、それに加えて鍋の白菜からたくさんの水分も摂れるので、いつまでも飲んでいられました(笑)

家庭料理にも合う

レビュー対象商品:モンテカルヴィ キャンティ・クラッシコ 750ml(イタリア トスカーナ州産赤ワイン)

投稿日時:2019/11/30 00:04:53

まず、抜栓したときの香り。果実の香りと適度な複雑味が上がってきて、たまりまへんな〜と幸せになります!飲んでみると、適度な酸と強すぎないタンニンで、家で食べる普通の夕食にも寄り添ってくれます。それがいいですよね。もう何度かリピ買いしていますが、今回は、ハヤシライスや青椒肉絲と合わせていただきました!家にいつもいてほしい。そんなワインです^ ^

初めて買ったオレンジワイン

レビュー対象商品:【完売致しました。次回入荷は2020年秋以降の予定です。】カ・オロロジオ サラローラ(イタリア ヴェネト州産辛口白ワイン)

投稿日時:2019/11/29 20:41:08

ボトルで買うのは初めてで楽しみにしていました。初日、合う食事の幅が広そう、中華にも合いそう、ゲヴュルツぽい合わせ方もいけるのでは?と思いました。2日目、渋味が感じられたのですが、冷蔵庫から出してスグ、温度が低すぎるのだと気づき、少し待って美味しくいただきました。3日目、たまたま中華だったので合わせてみると、やはりよく合いました。そしてボトルが空になりました!