naoccinoさんのレビュー一覧

1 ~ 20 件目を表示しています。(全63件)

果実味豊かで親しみやすい熟成ワイン

レビュー対象商品:シャトー・クロワ・デュ・リヴァル リュサック・サン・テミリオン 2008年(仏ボルドー産赤750ml)

投稿日時:2020/08/05 21:08:36

熟成感をしっかりと楽しめて、かつ親しみやすい果実味。とてもバランスが良い、商品説明どおりのワインだと思います。
友人にオススメしました!

難解。

レビュー対象商品:ドメーヌ・フィリップ・ヴァンデル ヴァン・ジョーヌ・レトワール

投稿日時:2020/07/20 22:16:20

「クルミやローストアーモンド、クミンシード、ナツメグ、バニラ、ハチミツ、ドライフルーツが複雑に絡み合う芳しい香り」
商品説明に並べられたこれらの中で感じられたのは、バニラとハチミツ。
あとはただひたすら、酒精強化していないシェリーという感想に尽きます。
クルミやアーモンド…もわからないではないけど、種子系よりはどちらかというと花弁の印象かなぁと、個人的には感じる。
この手に馴染みがなさすぎて、こんな素人の率直な感想ですみません。

軽やかさ&爽やかさと、柔らかさの好バランス

レビュー対象商品:ドメーヌ・ダヴィッド・エ・デュヴァレ ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー クロ・デュ・フェール

投稿日時:2020/07/20 21:53:54

レ・バルボワールは何度か飲んでいましたが、こちらは初体験。
どちらも軽やか&爽やかな夏ワインとして好印象ですが、時間経過後に待っているボリューム感ある味わいは、こちらに軍配が上がるかな、と思います。
商品説明にある「まだ若いメロン」は、あまりポジティブなイメージを描けずにいたんですが、飲んでみると納得。そして、それがまたこのワインの良さでもある。
軽やかであり、充実感も伴っている。良いワインだと思います。

いわゆる安ウマなボルドー

レビュー対象商品:シャトー・マルタン ボルドー サン・テステフ(仏ボルドー産赤)

投稿日時:2020/07/20 20:55:29

正直、商品説明が少々煽り過ぎな印象は否めない。
でも、そこらに売ってる金賞ボルドーとは一線を画すと思います。
開けたてで飲み切ったとしたら、それには気付かないでしょう。
例えば2日目に飲んだら、お値段以上の変貌を見せてくれると思います。
丸みを帯びた黒系果実に、アクセントを加えるブラックペッパー。
欲を言えば、2,000円を切ってほしいところですね。
ハイコスパ!…とまでは言えないかなぁ。

何本飲んでも好き!

レビュー対象商品:ドメーヌ・ルシアン・ミュザール ブルゴーニュ・ピノ・ノワール(仏ブルゴーニュ産赤750ml)

投稿日時:2020/07/05 22:33:08

紹介にあるとおり、club30に並んでいるブルピノの中では最もパワフル。ブルピノの求めるスタイルにもよりますが、僕は断然これが一番好きです。
食べ頃の佐藤錦。
高級さくらんぼを思わせるような、力強いのに繊細で、口中に広がって止まる果実味と旨味。
僕の勝負ブルゴーニュルージュは、これで決まりです。

よく言えば表情豊かで楽しく、悪く言えば中途半端

レビュー対象商品:ルナ・ベベリデ ヴィーニャ・アラリア(スペイン カスティーリャ・イ・レオン産辛口白750ml)

投稿日時:2020/07/05 22:16:18

タイトルのままの感想です。
前評判からの期待値には、残念ながら届かなかった。
ゲヴュルツの個性は、シャルドネやソーヴィニヨンブランとのコラボより、単体でシッカリと味わうのが個人的な好みです。
どの品種の良さも中途半端に味わえる、良くも悪くもそんなワインだと思いました。

「まるでシャンパーニュ」って言っていい!

レビュー対象商品:ドメーヌ・デリアンス クレマン・ド・ブルゴーニュ ブリュット・レゼルヴ NV年

投稿日時:2020/06/06 16:26:37

リンゴ、洋梨のフレッシュな香り。ハチミツをかけた焼き菓子も。
泡も細やかで、文句なしの充実感。
驚くべきコストパフォーマンスだと思います。
リピート確実!

重厚な飲みごたえ

レビュー対象商品:ジャン・ラルマン・エ・フィス レゼルヴ・ロゼ グラン・クリュ N.V.

投稿日時:2020/05/09 13:39:12

鮮やかで女性的なピンクではなく、透き通ったオレンジ〜薄茶色。
香りにはふんだんな赤いベリーと、焼き菓子やトーストの香ばしさが感じられる。
味わいは実に重厚で、酸とミネラルが太い骨格を形成しているイメージ。
あたたかい食事と合わせて、夫婦で充実した大人の時間を過ごす…そんな風に飲めたら最高の演出をしてくれる一本だと思います。

率直に、旨い。価格を超えるエレガンス。

レビュー対象商品:イル・ヴァレンティアーノ ロッソ・ディ・モンタルチーノ カンポ・ディ・マルツォ

投稿日時:2020/04/18 18:58:43

2014を飲みました。
赤いドライな果実に、少しミント系の抜け感。上質な酸が立体感を生み出していて、価格以上の旨みに満足。
あまり経時変化の面白みはないけれど、2日目にもヘタれない体幹の強さは備えている。
フランスに傾き出したなーと思った頃にこういう品の良いイタリアワインの世界に立ち寄ると、ワインというジャンルの魅力がより多層的で奥行きのあるものだと再確認できていい。

贅沢&優美

レビュー対象商品:【ラベル傷アウトレット品:25%OFF】ヴーヴ・オリヴィエ・エ・フィス セクレ・ド・カーヴ ブリュット N.V.

投稿日時:2020/03/24 14:57:16

グラスに注ぐと、りんごの蜜を思わせるような濃い黄金色。
香りの第一印象はアプリコット。濃縮された甘みと酸味を思わせる、少し懐かしい香り。そして焼き菓子の香ばしさ。
細やかな泡に乗って口中に広がる味わいは、…もう何とも言えないほどに、贅沢で優美。アプリコットに蜜リンゴの甘みを、程よい酸と苦味が追いかけてきて、心地良いバランスで飲み手を包み込む感じ。
このコストパフォーマンス…すごい。
すごいという言葉だけで締め括ってはいけない…と思いつつも、味わうたびについつい「すごい!」と口に出してしまうんです。

価格を知って開けたら…

レビュー対象商品:シャトー・ベルヴュー・ラ・ランデ ボルドー(仏ボルドー産赤750ml)

投稿日時:2020/03/05 21:51:30

この価格帯のワインを日頃から何本も飲んでいる人なら、このワインのコスパの良さには素直に納得できると思います。
樽の厚化粧が鼻に付くもの、渋いだけで奥行きがペラペラなもの…
そういう失敗が大いにある価格帯で、「ハズレじゃなくてホッ」というレベルを明らかに超えて、香りを取った瞬間から期待が膨らみます。
決して複雑性や底知れぬ奥行きがあるとまでは言えませんが、ボリューム感とタンニン・酸のバランスが秀逸。
印象はブルーベリー。黒と赤の果実が程よくミックスされた香りと味わいで、広く好感を持たれるつくりだと思います。

きっといいワイン

レビュー対象商品:ベルフォンテーヌ サン・テステフ2010年(仏ボルドー産赤750ml)

投稿日時:2020/02/18 21:51:42

当たり年、銘醸地。
バランスの良さから、強い可能性を予感させます。
でも(だから?)、まだ飲み頃ではないのかな?
きっといいワインだと思います。
もう3〜5年(もっと?)寝かせたらどうなるかな?
そんな期待をさせるワインだと思います。
すぐ開けても、楽しめないわけではないんです。

商品説明どおりで、教科書にもなる一本

レビュー対象商品:【数量限定】シャトー・リリアン・ラドゥイ サン・テステフ 2015年

投稿日時:2020/02/18 21:32:05

ボルドーだけど赤っぽい果実で始まり、確かに酸が前に出る印象。
香りには鉛筆っぽさとミルクっぽい感じがはっきりと感じられ、30分、60分、90分と時間経過に連れて、抜栓直後からのイメージがどんどん好ましい方向に収束していく。
ワインは時間が経つと開いていきますよ、という教科書的なことが見事にわかりやすく伝わってくる一本。
そして何より、旨い。
40分経過した頃から「いいワイン買ったな」と思い始めて、そこから確かに90分経過する頃まで、旨さが増していく実感に軽い興奮を覚える。
教科書としてはもう少しお値打ちだと理想的だけど、それを差し引いても文句のない、買いの一本だと思います。

ガッカリ

レビュー対象商品:【発掘良品ボルドーSALE!】シャトー・ラフィット・カルカッセ サン・テステフ・クリュ・ブルジョワ 2012年

投稿日時:2020/02/12 20:52:34

香りの第一印象は、樽の厚化粧。
味は酸が目立って、深みも厚みもない。
時間が経過して開いてくれば…と1時間、2時間と待ってみても、好転の兆しなし。
念のため翌日に持ち越してみると、1日置いた安ワインと変わらない虚無感。
この価格で、この品質。
心底信頼しているフィラディスさんからこういう買い物をすることになるとは…と、残念でなりません。
個体差かな?と思えば、酷評のレビューあり。
ガッカリしました。

程よい熟成感、適度なタンニン、甘美な果実味

レビュー対象商品:【キャップシール傷アウトレット品:20%OFF】シャトー・ラボルド オー・メドック・クリュ・ブルジョワ 2010年

投稿日時:2020/01/29 21:02:14

自宅で一番大きいボルドーグラスで。
ラベルに施された鏡面色の赤が想像させるとおりの、美しいルビーレッド。主体となるメルロー種の存在と、熟成感を上手に表現する、丸く角の取れた、奥行きを感じさせる香り。
期待を胸に口に含むと、ヴィンテージのわりに主張するタンニン。とは言え優しさを兼ね備えていて、過度な締め付け感は無し。
熟成し切って、閉幕の一歩手前を味わうのが熟成ワインの醍醐味だと思っていたけれど、果実の甘みと熟成感の間を行ったり来たり、心地良い揺さぶりを感じさせてくれるこんな熟成ワインも、とても好感が持てますね。
バランスという言葉の奥深さを垣間見たような気がします。よくできたワイン!

大人しくて目立たないけど、整った顔立ちの優等生

レビュー対象商品:シャトー・アントニャック クロズリー・デ・リ シャルドネ(仏ラングドック産辛口白750ml)

投稿日時:2020/01/21 07:06:11

果実味豊かで優しいシャルドネ。
ピノのレビューにも同じようなタイトルを付けましたが、そんな印象。学年に1人はいた、大人しくて可愛らしい子。
どこかほっとする、わかりやすいけど安っぽくなくて、誰にでも親しみやすいワインです。

優等生。ハイコスパ。

レビュー対象商品:シャトー・カンピヨ メドック 2007年

投稿日時:2020/01/20 12:47:38

カベルネソーヴィニヨンとメルローがイコール、カベルネフランとプチヴェルドがアクセントに加えられたという表示から、バランス良く優等生に仕上がっているんだろうなという期待。
グラス越しの色は、2007年ヴィンテージから想像するよりもずっと鮮やかな赤。反して香りのスモーキーな感じには、思わず嬉しくなる。
開けたての味の第一印象は、優等生故の大人しさ?と、少し物足りなさを感じ。そこから、時間経過に連れてじわじわと深みが増していく。まさに、優等生の本領発揮。
嬉しくなってつい、どんどん飲み進めて、どこまでのポテンシャルがあるのか確かめる前にボトルが空に…
素晴らしいコスパ。

久しぶりの再会 記憶に勝る甘さ

レビュー対象商品:【ラベル傷アウトレット品】フアン・ヒル シルバー・ラベル

投稿日時:2020/01/08 21:51:24

グラスに注ぐと思ったよりオレンジ〜茶っぽい色調で、「そうだっけ?」と一瞬なりましたが、香りを取り、一口含むと、あーコレコレ!という感じ。
人懐っこく、親しみやすい甘さ。記憶と照らし合わせると、それを上回ってくる甘さ。
飽きずに一本飲み切れるか…というと、今の自分はちょっと飲み疲れて、翌日にまた会おうかなという感じ。
でも、主張は控えめながらも渋みが程よく締めてくれて、後に残るビターな感じも手伝って、決して嫌な甘さが全開という印象は残さない。
翌日の再会を素直に楽しみにして、またゆっくり楽しみます。

肉?

レビュー対象商品:CLUB30が選ぶ、肉に合わせて旨いワイン3本セット/人気赤3本セットで29%OFF!税送料込4,999円(750ml×3本)

投稿日時:2020/01/08 21:30:11

どれも美味しいけれど、肉に合わせて美味しいという売り口上には、ガッシリ骨太な赤を思い浮かべるのが一般的では…
それぞれのマリアージュレシピや解説を見れば、そういう性格じゃないことはわかりますけどね。
どれも美味しくて、お値打ちなセットであることは間違いないです。

ふくよか&やわらか、泡は細やか

レビュー対象商品:シャトー・ド・ロレ クレマン・ド・ロワール ブリュット・ゼロ N.V.

投稿日時:2020/01/02 21:52:08

グラスに注ぐと、粘性を想像させるような黄金色。香りは蜜りんご、糖度の高い柑橘の印象。開けたてかつよく冷えた状態では、グレープフルーツのような爽やかな味わい。時間が経過すると、焼き菓子っぽい香りと洋梨の味わい。それらが細やかな泡に乗って舌を優しく包み込む、贅沢な一本。
これが二千円台前半というのは…本当に信じられない!!自宅に常備したい!!