シャトー・オー・マルビュゼ サン・テステフ 2007年

  • シャトー・オー・マルビュゼ サン・テステフ 2007年
  • シャトー・オー・マルビュゼ サン・テステフ 2007年
  • シャトー・オー・マルビュゼ サン・テステフ 2007年
  • シャトー・オー・マルビュゼ サン・テステフ 2007年
商品名(原語):
Chateau Haut Marbuzet Saint-estèphe 2007
評価:
2003年 クリュ・ブルジョワ・シューペルール・エクセプショネル
タイプ・容量:
赤ワイン (750ml)
生産者:
産地:
ブドウ品種:
カベルネ・ソーヴィニヨン 75%、メルロー 25% / 平均樹齢30年
ヴィンテージ:
2007
熟成:
フレンチオーク樽最低18か月熟成(新樽比率100%)

シャトー・オー・マルビュゼ サン・テステフ 2007年

税込 7,678円 送料について

セール情報

70 ポイント獲得

只今のところ、入荷予定がございません。
商品名(原語):
Chateau Haut Marbuzet Saint-estèphe 2007
評価:
2003年 クリュ・ブルジョワ・シューペルール・エクセプショネル
タイプ・容量:
赤ワイン (750ml)
生産者:
産地:
ブドウ品種:
カベルネ・ソーヴィニヨン 75%、メルロー 25% / 平均樹齢30年
ヴィンテージ:
2007
熟成:
フレンチオーク樽最低18か月熟成(新樽比率100%)

ソムリエのワイン解説

世界中の評論家が称賛を惜しまないサン・テステフ村の超高評価シャトー『シャトー・オー・マルビュゼ』の2007年ヴィンテージ。
まずその色合いで、静かに適切に年を重ねてきたのだろうと確信。グラスの中で揺れるワイン、エンジ色にほんの少しの綺麗なレンガ色が見えました。香りの第一印象は東洋的な香辛料からスタート。八角、ナツメグにシナモン、クローブそして松の木や濡れた腐葉土を想わせる熟成感が。スワリング後は動物的な印象も加わり非常に複雑な構成のアロマを楽しませてくれました。
口に含むと色合いからは想像のできない瑞々しい酸が・・・そしてたっぷりとボリュームある果実味。赤い果物のドライフルーツを噛みしめたような甘さと、良く溶け込んでこなれたタンニンにずっと浸っていられました。
抜栓1時間ほどが経過した頃から甘みがグッと増して酸が後半に心地よく残る流れになりますので、お食事前3-40分ほど前に開けておいて変化をゆっくり楽しむのが良いかと思います。
(ワインレヴュー担当:Firadis WINE CLUB店長 五十嵐 祐介)

生産者を知ると、ワインはもっと美味しくなる

  • シャトー・オー・マルビュゼ サン・テステフ 2007年
  • シャトー・オー・マルビュゼ サン・テステフ 2007年
  • シャトー・オー・マルビュゼ サン・テステフ 2007年

Chateau Haut Marbuzet

生産者の概要

ワイン評論家ロバート・パーカーが格付けシャトーではないにもかかわらず、「四級、あるいは三級のレベルに達している。」と評価する、サン・テステフのベストバリュー生産者。

3つのポイント

  1. サン・テステフの堅牢さを和らげ、熟成のポテンシャルを保ちながらも親しみやすいワインを実現している。 徹底した遅摘みによる完熟したブドウを用い、100%新樽での長期熟成、メルローの比率が高いことも相まって、力強く凝縮した味わいと滑らかなタンニン、エキゾチックで魅惑的な香りをワインにもたらしている。
  2. ジロンド川に面する緩やかな斜面にあり、一級格付けに限りなく近い二級格付け”スーパーセカンド”を代表する生産者であるシャトー・コス・デストゥルネルやシャトー・モンローズにほど近い好立地を誇っている。
  3. 好立地を生かし、徹底的にこだわった個性的な味わいのワインを作り続けることで、ロバート・パーカーやワインスペクテイター誌が太鼓判を押すなど、格付けシャトーでないながらも高い評価を得たベスト・バリューワインとしての地位を確立している。

生産者のこだわり

シャトー・オー・マルビュゼはサン・テステフに位置する最も古いシャトーの一つである。畑はジロンド川に面する緩やかな斜面にあり、一級格付けに限りなく近い二級格付け”スーパーセカンド”を代表する生産者であるシャトー・デストゥルネルやシャトー・モンローズにほど近い好立地を誇っている。砂利に石灰質の粘土が混じった土壌であり、粘土に適したメルローの比率が相対的に高い。また石灰質の特性によりきりりとした酸味と複雑な香りがワインに加わる。

シャトーの歴史は18世紀までさかのぼるが、転機となったのは1952年。現在の当主アンリ・デュボスクの父ハーヴェ・デュボスクが畑を拡張し、シャトーを立て直し始めたことである。そこから栽培や醸造方法を見直し、より消費者を意識したワインづくりが始まったことで、評価を高めていった。1997年には現在の当主アンリが、隣接するシャトー・マッカーシーの畑と一体化させ、現在では栽培面積は66haに及ぶ。若い木のブドウをマッカーシーに用い、より良いブドウをオー・マルビュゼに用いている。

このワインの特徴は力強く凝縮された味わいと滑らかなタンニン、エキゾチックで魅惑的な香りである。本来サン・テステフはメドックのコミューン名アペラシオンの中で最北にあり、ボルドー市内よりも平均気温が約一度も低いほどの涼しい気候であるため、硬さをもった味わいになりやすい。しかしアンリは徹底的に遅摘みをすることで完熟したブドウを使用し、醸しは最低三週間。新樽100%のオークで18ケ月間熟成させている。そこにメルローの比率が比較的に高いことも相まって、熟成のポテンシャルを保ちながら、サン・テステフらしい硬さを和らげ、凝縮感と複雑さをもたらすことに成功している。

こうしてオー・マルビュゼは2003年に格付けシャトーではないメドックの中でも最高級の「クリュ・ブルジョワ・シューペルール・エクセプショネル」に選出された。ロバート・パーカーが「四級、あるいは三級のレベルに達している。格付けシャトーへの昇格を真剣に検討されるだけの価値があるだろう。」と評価し、ワインスペクテイター誌には「ここはいつも成績優秀だ」と太鼓判を押されるなど、格付けシャトーではないものの非常に高い評価を得ている。
現在ではアンリの息子であるブルーノとウゲも経営に携わり、消費者を第一に考えるという伝統や個性を厳格に守りながら家族で運営を続けている。

美味しいワインギフト

味わいでセレクトされたフィラディスのワインなら、ワインにちょっとうるさいあの人も笑顔に!ギフトのご指定はご注文画面で受け付けております。

■ ギフトボックス1本用、2本用:275円(税込)

ボックスをご注文の方は無料の簡易のしを追加することができます。※名入れ不可

■ ワイン用手提げ袋:275円(税込)

ギフトボックス1本用がぴったり入るサイズの手提げ袋です。

■ セルフラッピング:無料

お客様ご自身で簡単にお包みいただけるラッピングキットです。ご希望の方にご注文本数分、無料でおつけします。

ワインギフトの詳しいご説明はこちらへどうぞ。

まとめ買いがお得です!

  • 商品6点以上、または合計1万円以上お買い上げで送料無料!
  • 商品12点以上お買い上げで10%OFFになります。
  • セット商品は全て送料無料です。

みんなのワインレヴュー

ご購入商品へのレビュー投稿で、100円分ポイントをプレゼント!

シャトー・オー・マルビュゼ サン・テステフ 2007年

シャトー・オー・マルビュゼ サン・テステフ 2007年

この商品にはまだレヴューがありません。最初の一人になりましょう!

『フィラディスのワインは絶対にハズさない』

星付きレストラン
が選ぶワイン商社直営

コストパフォーマンス
中間マージン無し

品質管理
4人のプロフェッショナル

情熱
ワインにかける想い

フィラディスのワインはなぜ美味しいのか。知っていただきたい『4つの理由』はこちら。

配送・送料

  • 通常送料550円(税込)※沖縄県、離島は別料金、その他は一律です。
  • ・商品6点以上、または税込11,000円以上で送料無料となります。
  • ・通常平日午前8:29までのご注文で当日発送が可能です。※定期コースは所定の配送日となります。
  • ・指定可能時間帯:午前中 | 12~14時 | 14~16時 | 16~18時 | 18~20時 | 19~21時
  • ・セット、定期コースは送料込み価格です。セットと合わせ買いの単品にも送料はかかりません。
  • ・クール配送は全品220円(税込)で承っております。また、夏季はワインのコンディションを保つため全便クール便となります。
  • ・土日祝日、夏季、冬季休業中は配送をお休みさせて戴いております。夏季、冬季休業の日程は別途ご案内となります。

お支払い方法

  • VISA
  • mastercard
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • Diners Club
  • 代金引換
  • PayPay
  • amazon pay
  • R Pay
  • Pay-easy
  • セブンイレブン
  • LAWSON STATION
  • FamilyMart
  • MINI STOP
  • seicomart
  • ・上記の決済方法がご利用いただけます。
  • ・お電話でのご注文の場合は、代金引換でのみ承ります。
  • ・各決済の詳細はご利用ガイドよりご確認ください。

ワインカテゴリ

生産者

(検索数上位から抜粋)

続きを読む