• collection
  • クロ・サン・ジャン シャトーヌフ・デュ・パプ

≪完売致しました、ありがとうございました!≫ クロ・サン・ジャン シャトーヌフ・デュ・パプ

容量
750ml
タイプ
産地
フランス コート・デュ・ローヌ シャトーヌフ・デュ・パプ Chateauneuf-du-Pape
生産者名
Clos Saint Jean
生産年
2014
ぶどう品種
グルナッシュ75%、シラー15%、 ムールヴェードル4%、サンソー3%、 ヴァカレーズ2%、ミュスカルダン1%
熟成
グルナッシュ:コンクリートタンク16カ月 / その他品種:バリック12ヶ月
クロ・サン・ジャン シャトーヌフ・デュ・パプ
主体となるグルナッシュは全てLa Crauからのもので、樹齢50~100年を超える。完熟した甘いブラックチェリーや煮詰めたブラックベリー、それに加えてリコリスやスパイスの香り高いアロマ。何層にも折り重なるようなジューシーな甘やかさが印象的。熟して滑らかなタンニンはシルキーなテクスチャーを生み出す。リリース時に飲んでも楽しむことができ、長期熟成を経てもなお楽しむことができる。

通常価格7,344円

5,980円 (6,458円税込)

クロ・サン・ジャン シャトーヌフ・デュ・パプ

≪完売致しました、ありがとうございました!≫ クロ・サン・ジャン シャトーヌフ・デュ・パプ

通常価格 7,344円

5,980円(6,458円税込)

容量
750ml
タイプ
産地
フランス コート・デュ・ローヌ シャトーヌフ・デュ・パプ Chateauneuf-du-Pape
生産者名
Clos Saint Jean
生産年
2014
ぶどう品種
グルナッシュ75%、シラー15%、 ムールヴェードル4%、サンソー3%、 ヴァカレーズ2%、ミュスカルダン1%
熟成
グルナッシュ:コンクリートタンク16カ月 / その他品種:バリック12ヶ月

主体となるグルナッシュは全てLa Crauからのもので、樹齢50~100年を超える。完熟した甘いブラックチェリーや煮詰めたブラックベリー、それに加えてリコリスやスパイスの香り高いアロマ。何層にも折り重なるようなジューシーな甘やかさが印象的。熟して滑らかなタンニンはシルキーなテクスチャーを生み出す。リリース時に飲んでも楽しむことができ、長期熟成を経てもなお楽しむことができる。

About the producer 生産者の横顔

Clos Saint Jean

クロ・サン・ジャン
上級キュヴェ全てで同時にWA100を獲得した伝説のトップドメーヌ。最上区画と名高い La Crauを開墾した歴史を持ち、最大の所有者である。最高のテロワールと高樹齢、そして“笑えるほど”の低収量が唯一無二のエネルギーに満ちた味わいをもたらす。

3つのポイント

  • シャトーヌフ・デュ・パプに最上区画と評されるLa Crau。アンリ・ボノーの最上キュヴェであるセレスタンを筆頭にシャトー・ヴュー・テレグラフやシャトー・グロ・カイユといった一流の生産者たちのトップキュヴェを生み出すことで有名だが、この区画の最大所有者でありかつこの地を開墾した歴史を持つドメーヌがクロ・サン・ジャン。
  • 注目すべきは、1haあたり15 ~20hlという採算を度外視した収量であり、ワイン・アドヴォケイト誌からは 「笑えるほどに少ない」と評されている。こうした彼らの恐ろしい程の執念が、パワフルでエネルギーに満ちあふれたワインを生み出している。他区画のブドウを少量ブレンドする年もあるが、基本的には全キュヴェがLa Crauからのもの。
  • 2007年のヴィンテージでは上級3キュヴェ全てでパーカーポイント100点をたたき出し、その重厚で奥深い味わいの体験は、パーカーが過去30年間に体験した全てを凌駕していたという。パーカーはその時、「南ローヌワインの中で最高位にランクすることは間違いない。この年のクロ・サン・ジャンはある一つの到達点に達しており、このレベルの経験は今後一生真似することのできない特別なものである。」と語った。

生産者詳細

シャトーヌフ・デュ・パプにおいて最上区画と評されるLa Crau。アンリ・ボノーの最上キュヴェであるセレスタンを筆頭にシャトー・ヴュー・テレグラフやシャトー・グロ・カイユといった一流の生産者たちのトップキュヴェを生み出すことで有名だが、この区画の最大所有者でありかつこの地を開墾した歴史を持つドメーヌがクロ・サン・ジャンである。

La Crauが開墾され初めてグルナッシュが植えられたのが1905年、その後1910年にはワイナリーが誕生し、現在はパスカル&ヴァンサン兄弟がワイナリーの指揮をとる。著名なワインコンサルタントであるフィリップ・カンビとタッグを組むことで、2003年のファーストヴィンテージ以降、世界中を熱狂させるワインを生み出している。所有畑の3分の2がLa Crauにあることだけでも驚きだが、開墾当時に植えられたグルナッシュの樹齢が現在100年を超えていることも忘れてはならない。さらに注目すべきは、1haあたり15 ~20hlという採算を度外視した収量であり、ワイン・アドヴォケイト誌からは 「笑えるほどに少ない」と評されている。こうした彼らの恐ろしい程の執念が、パワフルでエネルギーに満ちあふれたワインを生み出している。他区画のブドウを少量ブレンドする年もあるが、基本的には全キュヴェがLa Crauからのものである。

多くの古樹が残るシャトーヌフ・デュ・パプでは、看板となる上級キュヴェのみに古樹のブドウを使用するワイナリーが多いが、クロ・サン・ジャンではノーマルキュヴェですら50~100年を超える樹齢のグルナッシュをメインに使用している。低収量がもたらす凝縮された黒系果実の濃厚な甘さや、白・黒コショウのスパイシーさ、プロヴァンスのハーブ香といった要素はもちろん高いレベルで存在しているが、注目すべきは樹齢の高さが生み出す滑らかなテクスチャーと果実味との調和である。パーカーをして「一流のブルゴーニュワインに混ぜてブラインドテイスティングに出せば周りを驚かせることができる」と言わしめたそのシルキーで滑らかなタンニンのおかげで 濃厚だがエレガントでシームレスな印象を与えるのである。また、上級キュヴェで使われるグルナッシュは全て1905年植樹の古樹であるため、より凝縮された果実味と巨大なストラクチャーを持つ。しかしながら、ビロードのようなシルキーなタンニンが完璧に溶け込むことで非常にエレガントで洗練された感動的な味わいとなるのである。

2007年のヴィンテージでは上級3キュヴェ全てでパーカーポイント100点をたたき出し、その重厚で奥深い味わいの体験は、パーカーが過去30年間に体験した全てを凌駕していたという。「南ローヌワインの中で最高位にランクすることは間違いない。この年のクロ・サン・ジャンはある一つの到達点に達しており、このレベルの経験は今後一生真似することのできない特別なものである。」と語っている。こうした最高の賛辞を得た後もパスカル&ヴァンサンは決して過去の栄光を振り返らない。彼らはこの先も毎年シャトーヌフ・デュ・パプのトップワインを従えて更なる高みを目指し続けていくのである。

こちらもおすすめ!

RELATED PRODUCTS

こちらもおすすめ!

RELATED

関連ショップのご紹介

SHOP