• collection
  • ドメーヌ・デュテルトル トゥーレーヌ・アンボワーズ・ブラン クロ・デュ・パヴィヨン(仏ロワール産白750ml)

スパークリングワイン『クレマン・ド・ロワール キュヴェ・サン・ジル』で人気のドメーヌ・デュテルトルより、シュナン・ブラン100%の白ワインが初入荷!

ドメーヌ・デュテルトル トゥーレーヌ・アンボワーズ・ブラン クロ・デュ・パヴィヨン(仏ロワール産白750ml)

Domaine Dutertre Touraine Amboise Blanc Clos du Pavillon

容量
750ml
タイプ
産地
フランス / France ロワール地方トゥーレーヌ・アンボワーズ / Touraine Amboise
生産者名
Domaine Dutertre
生産年
2017
ぶどう品種
シュナン・ブラン 100% / Chenin Blanc 100%
熟成
ステンレスタンク(95%)&バリック(5%)6ヶ月
ドメーヌ・デュテルトル トゥーレーヌ・アンボワーズ・ブラン クロ・デュ・パヴィヨン(仏ロワール産白750ml)
クロ・デュ・パヴィヨンは4haの単一畑でドメーヌが構えるリムレの村の斜面上方に位置する。南向きで日照豊かなことに加え、ヴーヴレにも見られるペリュシュと呼ばれるシレックスが混ざった粘土質土壌が上質なシュナン・ブランを育む。シトラスや洋ナシ、白桃の奥ゆかしい香り。切れ味鋭い酸が口の中に広がり、そこからしなやかな味わいを背後から支える堂々たるミネラル感は余韻にも長く感じられる。

通常価格2,420円

1,980円 (2,178円税込)

20 ポイント獲得

10%OFF!

ドメーヌ・デュテルトル トゥーレーヌ・アンボワーズ・ブラン クロ・デュ・パヴィヨン(仏ロワール産白750ml)

スパークリングワイン『クレマン・ド・ロワール キュヴェ・サン・ジル』で人気のドメーヌ・デュテルトルより、シュナン・ブラン100%の白ワインが初入荷!

ドメーヌ・デュテルトル トゥーレーヌ・アンボワーズ・ブラン クロ・デュ・パヴィヨン(仏ロワール産白750ml)

Domaine Dutertre Touraine Amboise Blanc Clos du Pavillon

通常価格 2,420円

1,980円(2,178円税込)

20 ポイント獲得

10%OFF!

容量
750ml
タイプ
産地
フランス / France ロワール地方トゥーレーヌ・アンボワーズ / Touraine Amboise
生産者名
Domaine Dutertre
生産年
2017
ぶどう品種
シュナン・ブラン 100% / Chenin Blanc 100%
熟成
ステンレスタンク(95%)&バリック(5%)6ヶ月

クロ・デュ・パヴィヨンは4haの単一畑でドメーヌが構えるリムレの村の斜面上方に位置する。南向きで日照豊かなことに加え、ヴーヴレにも見られるペリュシュと呼ばれるシレックスが混ざった粘土質土壌が上質なシュナン・ブランを育む。シトラスや洋ナシ、白桃の奥ゆかしい香り。切れ味鋭い酸が口の中に広がり、そこからしなやかな味わいを背後から支える堂々たるミネラル感は余韻にも長く感じられる。

        



ワイン選びで「絶対にハズさない」4つの理由 ワイン選びで「絶対にハズさない」4つの理由

About the producer 生産者の横顔

Domaine Dutertre

ドメーヌ・デュテルトル

  • ドメーヌ・デュテルトル トゥーレーヌ・アンボワーズ・ブラン クロ・デュ・パヴィヨン(仏ロワール産白750ml)
  • ドメーヌ・デュテルトル トゥーレーヌ・アンボワーズ・ブラン クロ・デュ・パヴィヨン(仏ロワール産白750ml)
  • ドメーヌ・デュテルトル トゥーレーヌ・アンボワーズ・ブラン クロ・デュ・パヴィヨン(仏ロワール産白750ml)
設立は19世紀後半、5世代続く家族経営の老舗ドメーヌ。トゥーレーヌにある6つのサブ・アペラシオンの中でも高い評価を受けるトゥーレーヌ・アンボワーズの設立に尽力した生産者の1人であり、このアペラシオンを代表する造り手。

3つのポイント

  • トゥーレーヌ・アンボワーズの設立に尽力した生産者の一人がデュテルトル。ロワール右岸のリムレ村に構えるこのドメーヌは、19世紀後半に設立された老舗である。
  • 5代目となるジル・デュテルトルがワイン造りに参加した1989年以降、リュット・レゾネでワイン造りを行っている。37haの所有畑はロワール河 を望む南向き斜面にあり、日照の良さとロワール河の影響を受けた温暖な準海洋性気候によりブドウがよく熟す。
  • 設立以降数々のコンクールやワインガイドで高い評価を受けている彼らのワインには1世紀以上に渡るワイン造りの歴史が詰まっており、その実直な味わいには、トゥーレーヌ・アンボワーズを代表する生産者としての静かな貫禄が感じられる。

生産者詳細

A.O.C.トゥーレーヌはトゥールの街を中心に、ロワール河の両岸に沿って広がる。4400haのもの栽培面積を持つこの広大なアペラシオンは6つのサブ・アペラシオンを含んでいる。その中で高い評価を受けるのが、ヴーヴレに隣接するトゥーレーヌ・アンボワーズだ。

レオナルド・ダ・ヴィンチが晩年を過ごしたことで知られるアンボワーズ周辺の10のコミューンからなるこのアペラシオンは、1939年に設立されたコトー・ド・トゥーレーヌに含まれるエリアを基に1954年に制定された。古くから認められてきたこの地のポテンシャルを示すため、トゥーレーヌ・アンボワーズの設立に尽力した生産者の一人がデュテルトル。ロワール右岸のリムレ村に構えるこのドメーヌは、19世紀後半に設立された老舗である。

5代目となるジル・デュテルトルがワイン造りに参加した1989年以降、リュット・レゾネでワイン造りを行っている。37haの所有畑はロワール河 を望む南向き斜面にあり、日照の良さとロワール河の影響を受けた温暖な準海洋性気候によりブドウがよく熟す。畑には砂や粘土など様々な土壌があるが、ヴーヴレにも見られるシレックスが混ざった粘土質土壌、ペリュシュが特に優れたワインを生む。デュテルトルでは、この土壌の区画にはシュナン・ブランをはじめコット、カベルネ・フランといった高貴品種を栽培している。

設立以降、数々のコンクールやワインガイドで高い評価を受けている彼らのワインには1世紀以上に渡るワイン造りの歴史が詰まっている。その実直な味わいには、トゥーレーヌ・アンボワーズを代表する生産者としての静かな貫禄が感じられる。

【ドメーヌ・デュテルトル オーナー・醸造家ジル・デュテルトルさんに、Firadis WINE CLUBから一問一答インタヴュー!】

Q1:ワイン造りを一生の仕事にしよう、と決意したきっかけは何ですか?
⇒ここまで5世代にもわたって私のファミリーが受け継いできた家業だから、自然とね。14歳の時にはもう、将来はワイン造りをするんだ、と心に決めていたよ。

Q2:これまでワインを造ってきて、一番嬉しかった瞬間は?
⇒毎年のことだが、発酵が終わってブドウの果汁が完全にワインに変わったことを見届ける瞬間。発酵はやっぱり神秘的なことだと思う。

Q3:その反対に、一番辛い(辛かった)ときは?
⇒これもやはり発酵の時だ。ブドウに付着している肉眼では見えない雑菌が発酵の邪魔をしてしまうことがある。出来上がったワインを見て、この1年の成果が駄目になったことに落胆するときが最も辛い。

Q4:ワイン造りで最も「決め手になる」のは、どの工程だと思いますか?
⇒繰り返しになってしまうけど、これもやはり、発酵の時。自分の目指す果物のピュアな香りと味わいがきれいにでるかどうか、発酵の良し悪しで全てが決まってしまうからだ。

Q5:あなたにとっての「理想のワイン」とは?
⇒喜び・幸せを提供できるワイン、かな・・・。家族や友人と飲んで、その時が素晴らしい時になるワインこそが理想のワインだと思うよ。

Q6:今までに飲んだ中で最高のワインを1本だけ選ぶとしたら?
⇒1971年のシャトー・アンジェリュス(*仏ボルドー サン・テミリオンのプルミエ・グラン・クリュ)。ベルギーで僕のワインを取り扱ってくれている輸入業者の人が飲ませてくれたのだけど・・・決して忘れられない1本になった。

Q7:自分のワインと料理、これまでに一番マリアージュしたと思った組み合わせを教えてください。
⇒シュナン・ブラン100%で造った白ワイン「トゥーレーヌ・アンボワーズ・ブラン」と、僕の住む地域の郷土料理でもある川魚料理。シンプルな調理法でワインと合わせることで、魚の旨みが本当に良く出るんだよ!

Q8:もしあなたが他の国・地域でワインを造れるとしたら、どこで造ってみたいですか?
⇒そうだな・・・オーストラリアかな。特に理由は無いんだ、思い付き 笑

Q9:あなたの「ワイン造り哲学」を、一言で表現してください。
⇒「僕の仕事は、ブドウに魔法をかけること」!

Q10:最後に・・・日本にいるあなたのワインのファンに、メッセージを!
⇒ロワール地方のワインは、どれも果物のおいしさが存分に出ていて軽やか、誰にでも楽しみやすい、そして親しみやすいワイン。日本の皆さんに、ふだんの食事と一緒に気軽にロワールワインを楽しんで欲しい!

こちらもおすすめ!

RELATED PRODUCTS

こちらもおすすめ!

RELATED

みんなのワインレヴュー

REVIEW

みんなのワインレヴュー

REVIEW

レヴュー投稿ごとに100円分のポイントプレゼント中

レヴュー総合点:4.00(3件の評価)

期待と違った。

自分には、酸が前面に出て、フルーツ感、甘みは余り感じられませんでした。それを期待していたので、ちょっと違いました。ドライなシトラスのニュアンスが感じられ、スッキリいただきました。

ミネラル感豊かなシュナンブラン

風味は、解説にあるシュナンブランの特徴が良く出てます。
完熟した黄グレープフルーツ、白桃、洋梨

そこに、シトラスと細やかな石灰系のミネラル感
特にミネラル感は、自分のシュナンブラン歴の中では一番で、収斂感もありました。

果実味以上にミネラル感と収斂感があります。
同じつくり手さんのクレマンドロワールのふくよかなイメージで飲むと、ちょっとびっくりするかも笑

私は試せませんでしたが、つくり手さんもインタビューでおっしゃってた様に川魚のグリルにレモンなんか、ピッタリかと。
そういう意味では、同じロワールでもソーヴィニヨンブランのイメージで飲むと、しっくり来るかと。

ぽんちー さん

妻の妹が絶賛!

シュナン・ブラン 初めて頂きました。
上品なフルーツの甘さ、けして甘ったるくなく、
ミネラル感が凄く感じられ、とても美味しいです。
お口の中がとても贅沢な感じ・幸せ~
妻の妹も絶賛・ゴクゴク飲んでいました。

goppe さん

特集ページ

FEATURE

特集ページ

FEATURE

ご予算・タイプでワインを選ぶ