• collection
  • ドメーヌ・デ・リズ クローズ・エルミタージュ(仏ローヌ産赤750ml)

北ローヌ伝説の生産者『リズ』!!

ドメーヌ・デ・リズ クローズ・エルミタージュ(仏ローヌ産赤750ml)

Domaine des Lises Crozes Hermitage

容量
750ml
タイプ
ワイン > 赤ワイン
産地
フランス コート・デュ・ローヌ Cotes du Rhone / クローズ・エルミタージュ Crozes Hermitage
生産者名
Domaine des Lises
生産年
2018
ぶどう品種
シラー100% / 樹齢18-25年 / リュット・レゾネ
熟成
バリック11ヶ月(新樽比率5-10%)&大樽(4,000L)3か月熟成
ドメーヌ・デ・リズ クローズ・エルミタージュ(仏ローヌ産赤750ml)
コート・デュ・ローヌ北地域の天才的トップ生産者として名高い『ドメーヌ・デ・リズ』が誇る最重要フラッグシップ『クローズ・エルミタージュ』2018年最新ヴィンテージが限定入荷!これはもう絶対に見逃さないで戴きたい希少なワインです!!
赤系の完熟果実に薔薇の花束を思わせる圧倒的に華やかな香り、そして黒胡椒を挽いたばかりのように鼻にスーッと抜けるスパイシー感。まずその香りの時点で、引き寄せられずにはいられないような魅力全開の佇まいにノックアウトされました。
じゅうぶんに開いた段階での果実味はフルーツリキュールのように濃厚、ヴェルヴェット・タッチで飲み手を官能の世界に誘ってきます。
初めから終わりまで終始華やかな表現力を魅せながらも、アフターは静かに、深く、長い。ボルドーにもブルゴーニュにも無い、ローヌ・シラーならではの魅力が炸裂する1本・・・素晴らしい作品です。
「神の雫」〝最終章・マリアージュ″でも、赤身の魚料理と最上の美しいマリアージュを見せるワインとして紹介されましたよ。
(ワインレヴュー担当:Firadis WINE CLUB collection店長 五十嵐 祐介)

通常価格5,280円

4,320円 (4,752円税込)

43 ポイント獲得

10%OFF!

ドメーヌ・デ・リズ クローズ・エルミタージュ(仏ローヌ産赤750ml)

ドメーヌ・デ・リズ クローズ・エルミタージュ(仏ローヌ産赤750ml)

Domaine des Lises Crozes Hermitage

通常価格 5,280円

4,320円(4,752円税込)

43 ポイント獲得

10%OFF!

容量
750ml
タイプ
ワイン > 赤ワイン
産地
フランス コート・デュ・ローヌ Cotes du Rhone / クローズ・エルミタージュ Crozes Hermitage
生産者名
Domaine des Lises
生産年
2018
ぶどう品種
シラー100% / 樹齢18-25年 / リュット・レゾネ
熟成
バリック11ヶ月(新樽比率5-10%)&大樽(4,000L)3か月熟成

コート・デュ・ローヌ北地域の天才的トップ生産者として名高い『ドメーヌ・デ・リズ』が誇る最重要フラッグシップ『クローズ・エルミタージュ』2018年最新ヴィンテージが限定入荷!これはもう絶対に見逃さないで戴きたい希少なワインです!!
赤系の完熟果実に薔薇の花束を思わせる圧倒的に華やかな香り、そして黒胡椒を挽いたばかりのように鼻にスーッと抜けるスパイシー感。まずその香りの時点で、引き寄せられずにはいられないような魅力全開の佇まいにノックアウトされました。
じゅうぶんに開いた段階での果実味はフルーツリキュールのように濃厚、ヴェルヴェット・タッチで飲み手を官能の世界に誘ってきます。
初めから終わりまで終始華やかな表現力を魅せながらも、アフターは静かに、深く、長い。ボルドーにもブルゴーニュにも無い、ローヌ・シラーならではの魅力が炸裂する1本・・・素晴らしい作品です。
「神の雫」〝最終章・マリアージュ″でも、赤身の魚料理と最上の美しいマリアージュを見せるワインとして紹介されましたよ。
(ワインレヴュー担当:Firadis WINE CLUB collection店長 五十嵐 祐介)

        



ワイン選びで「絶対にハズさない」4つの理由 ワイン選びで「絶対にハズさない」4つの理由

About the producer 生産者の横顔

Domaine des Lises

ドメーヌ・デ・リズ

  • ドメーヌ・デ・リズ クローズ・エルミタージュ(仏ローヌ産赤750ml)
  • ドメーヌ・デ・リズ クローズ・エルミタージュ(仏ローヌ産赤750ml)
  • ドメーヌ・デ・リズ クローズ・エルミタージュ(仏ローヌ産赤750ml)
北ローヌのトップ生産者として、ギガルやシャーヴと並び取り上げられる。明確で鮮明な 果実の表現を追求するセンスと、才能が類まれなるものであることが証明されている。現在は父アラン・グライヨのワインも手掛ける。

3つのポイント

  • 『クローズ・エルミタージュの神様』と称されるアラン・グライヨの息子、マキシム・グライヨが、2003年に畑を購入し興したドメーヌ。
  • 『ワイン・スペクテイター』誌の北ローヌ特集では、ギガルやシャーヴと並んで堂々のトップドメーヌ入り。「マキシムは彼自身の道を探し続けているが、しかし彼のワインはすでに荘厳で堂々としている。もし、伝統と現代的醸造技術の共存を見たいならば、シェ・グライヨを見るべきだ!」と記され、彼の類まれなるセンスと才能は熱い注目を集めている。
  • 5ha所有する畑は、ローヌ川とイゼール川の沖積土で砂や砂利、丸い小石が混ざり、非常に水はけの良い土地。平均樹齢18-25年で、栽培方法は伝統的だが、収量をこのアペラシオンでは非常に低い35-40hl/haと生産効率を無視し、品質重視に徹している。

生産者詳細

クローズ・エルミタージュの神様アラン・グライヨの息子であるマキシム・グライヨが、2003年に畑を購入し、興したドメーヌ。タン・レルミタージュの南数キロ、ボーモン・モントュウのコミューンに位置する。彼は、ブルゴーニュで醸造学を学んだ後、カリフォルニアのターリー・ワインセラーズなどで修行し、現代的醸造技術も吸収した。

父と同じワインではなく、あくまで彼自身のワインを造っており、その強い意志と自信はすでに彼に大物の風格を与えている。初ヴィンテージの2004年で 8千本を生産。いきなり素晴らしいワインを世に送り出し、周囲を驚愕させた。パリ随一のワインショップ“Cave d'Auge”で店頭に大陳列され、ロンドンでは “Berry Bros & Rudd”が代理店として名乗りをあげる。『ワイン・スペクテイター』の北ローヌ特集では、ギガルやシャーヴと並んで堂々のトップドメーヌ入りを果たし、「マキシムは彼自身の道を探し続けているが、しかし彼のワインはすでに荘厳で堂々としている。もし、伝統と現代的醸造技術の共存を見たいならば、シェ・グライヨを見るべきだ!」と記され、彼の類まれなるセンスと才能は熱い注目を集めている。

5ha所有する畑は、ローヌ川とイゼール川の沖積土で砂や砂利、丸い小石が混ざり、非常に水はけの良い土地だ。平均樹齢18-25年で、栽培方法は伝統的だが、収量をこのアペラシオンでは非常に低い35-40hl/haと生産効率を無視し、品質重視に徹している。手収穫、除梗後、低温浸漬を数日行った後、醸しを20-25日間行う。強いルモンタージュよりも極力丁寧なピジャージュにより、柔らかい果実味を引出す。樽に詰めた後マロラクティック発酵をする。

区画ごとに最適だと思われる醸造分類をし、瓶詰め前に最終的なアッサンブラージュをする。決して抽出に傾いたワインではなく、マキシムは果実をきれいに表現することにこだわり、新樽の使用も5-10%に抑えている。現在では、ドメーヌ・アラン・グライヨのワインも手掛けているが、『父のドメーヌ』と『自らのドメーヌ』の区別は明確であり、ドメーヌ・デ・リズでは独自のスタイ ルを追求している。

こちらもおすすめ!

RELATED PRODUCTS

こちらもおすすめ!

RELATED

みんなのワインレヴュー

REVIEW

みんなのワインレヴュー

REVIEW

レヴュー投稿ごとに100円分のポイントプレゼント中

レヴュー総合点:4.50(6件の評価)

飲んだのは2017。

商品レビューにある「赤系の完熟果実に薔薇の花束を思わせる圧倒的に華やかな香り」は少し大袈裟だけど、飲み心地の良い軽い、柔らかな旨みが溶けて行くワインで、濃いめの味噌鍋によく合った。どちらかと言うと、ワイン単体で楽しむというよりは上質な食中酒という感じ。

moukan1972♂ さん

シラー100%でコスパを選ぶならコレ

シラーが好きで低価格帯から高価格帯のワインを飲んできたが、このワインがコスパ的に最高。
マキシム・グライヨのワインは他にもあり飲み比べしたが、このワインが一番シラーの深みと黒コショウの香りが強い。
香りが強いワインなので、料理は肉料理がオススメ

ariadasuto さん

モダンなローヌ

シラーでイメージする干しプラムのような黒い果実よりも、完熟した、もしくは煮詰めたような赤い果実がよく香ります。黒胡椒と清涼感のあるメントール。以前飲んだ'13には感じませんでしたが、微かに獣感。
けっこうタンニンがザラついて硬い印象を受けたので、もう数年寝かせるために買い足しました。お気に入りの造り手です。

お気に入りの造り手

2013年を先に飲んで、今飲んでも若いのではと少し悩みましたが、若くても美味しく飲めます。シラーらしく黒胡椒の香りがしっかりと感じます。強さとエレガントさを併せ持つ造り手で大好きです。

せあん さん

ワクワクのある一本

とても美味しく頂きました。スパイシー感のある香りにワクワクし、濃厚な飲み口がお肉料理によく合いました。
次はマグナム買っても良いかも。

迷ったらマグナム

シラー嫌いですが、一人ですぐに飲み切ってしまいました。保管場所さえあればマグナムボトルを買って、ワイン会に持ち込むとMVP間違いなしです。

特集ページ

FEATURE

特集ページ

FEATURE

ご予算・タイプでワインを選ぶ