フランス

1/3ページ

フランス:2023年の収穫予測

ルーションでは既に今年の収穫が始まっていますが、8月中旬、フランス農務省による2023年の収穫予測が発表されました。 まずは、良いニュースから: シャンパーニュ地方、ロワール地方、コルシカ島、コニャック地方、ジュラ地方、プロヴァンス地方は、このまま順調にいけば安定した収量となる見込みです。アルザス、ブルゴーニュ、ローヌ、サヴォワも、2023年におけるフランス […]

雹による損失の見通しを立てるフランス

6月上旬フランスはまたもや異常気象に見舞われたようです。 6月上旬、フランス全土のワイン産地を雹が襲いました。サヴォワ、ベルジュラック、ロワール、アルマニャック、ルーションでは、雹によるブドウ畑の被害が報告され、中には100%もの損失を記録した先もありました。   アルマニャックでは、6月10日、4000ha以上のブドウ畑が雹に覆われ、ブドウ栽培者 […]

ロワールで復活の兆しを見せる忘れられた品種

ピノ、カベルネ、メルローといった同じようなワインに飽きて、何か変化が欲しいと思ったことがありませんか? そんな時、新たに発見された品種を検討してみてはいかがでしょうか。 ロワールのスター醸造家が、忘れられていた品種の栽培を開始しました。 人の手の介入を最小限に抑えた醸造で大きな知名度を誇るロワールのビッグネーム、Clos du Tue-BoeufのThier […]

壊滅的な霜害に身構えるフランス

昨年、霜がフランスのブドウ畑に大きな被害をもたらし、過去半世紀で最小の収穫量となりましたが、これが再び起こるかもしれません。 2021年の壊滅的な春先の霜害からまさに1年後の4月上旬。 4月1~3日の週末にかけて夜に全国的に霜が降りる可能性があるとの予報を受け、栽培家たちは再び週末の寒波に備える事となりました。フランスの気象学者Serge Zaka博士が発表 […]

ワイン市場の枯渇に備えよ

母なる自然が私たちに与えるものもあれば、時には奪うものもあります。   近年、特にワイン業界に属する人にとっては、天気を話題にすることはあまり適切ではありません。発芽後の霜害や山火事、干ばつ、洪水、猛暑と湿気など、気候変動によって引き起こされる様々な異常気象の影響で、世界の多くのワイン生産地で収量が激減しています。   フランスのワイン生 […]

カリフォルニアが夢見るグレート・ヴィンテージ

カリフォルニアでは長い間、ヴィンテージの概念は重要視されてきませんでした。しかし今ではフランス同様に重要視されていますが、それは偉大なヴィンテージを称えるものではなく、不作のヴィンテージを避ける目的で用いられます。   ナパ・ヴァレーでは 10 月初旬、2021 年のカリフォルニアを定義づけていくであろう、カベルネ・ソーヴィニョンの収穫を行っていま […]

“ 古樹 ” の新たな概念

ワイン業界では新たな流行語が誕生しては消えていきますが、どうやら ” 古樹(ヴィエイユ・ヴィーニュ)” という言葉は定着しているようです。   古樹に実るブドウとそのブドウから造られるワインによって、古樹のイメージは消費者と業界の崇拝の的となっています。しかし実際のところ、樹齢の高いブドウ樹は若いものより優れているのでしょうか?そして醸造の面におい […]

カリフォルニアが直面する干ばつのヴィンテージ

  一般的に干ばつが発生した年はワインにとって良い年になると言われています。しかしカリフォルニアは今年、その限界を試されることになるでしょう。   アメリカ海洋大気庁によると、2021年のカリフォルニアは観測史上4番目に乾燥した年となっており、2020年は3番目でした。そしてその影響は至る所で確認されています。9月中旬、カリフォルニア州は […]

サンジョヴェーゼは市場で足場を得ることができるか

  国内市場で成功すると、その実力をより広範囲なエリアで試したくなるのは当然のことですが、一つの分野で成功したからといって別の分野で広く認められるというわけではありません。   サンジョヴェーゼは長い間愛されてきたイタリアの赤ワインで、イタリア国内における植樹の10%をサンジョヴェーゼが占めています。溌剌とした酸と芳醇なフレーバー、そして […]

自根のブドウ樹が見据える現実

フィロキセラの脅威が絶えず存在しているにもかかわらず、著名生産者たちが属する生産者団体が“自根の樹から造られたワイン”のユネスコ認定に向けて動いているため、ブドウ畑の遺産がユネスコに認定される可能性があります。   19世紀にフィロキセラ(害虫の一種)がヨーロッパに上陸すると、地球上の偉大なワイン生産地が壊滅状態に陥ったので、現存する大半のブドウ樹はフィロキ […]

1 2 3
Translate »