「ワインの熟成について その3」 ワインはじめて講座

「ワインの熟成について その3」 ワインはじめて講座

ワインのについての話、3回目となりました。
昨日は「ボージョレ・ヌーボーのように、そもそもすぐに飲むことを前提として造られているワインもある」 という話でした。
こういうワインはいくら一生懸命寝かせても、熟成せずに劣化するだけですよ、と。

それと相反するように今度は「そもそも長期熟成を前提として造られているワイン」もあります。
寝かせて、熟成させて初めてその真価が現れるワイン、ということです。
有名な「」など、ボルドー地方の特級クラスの赤ワインなどは、 20年いや30年以上も熟成させることを前提として仕込まれているワインも少なくありません。
こういったワインは、いくら高級ワインと言っても、 あまりにも早く開けてしまうとちっとも美味しくない、というのが本当のところです。
ガシガシ口の中を締め付けてくるように渋く、濃すぎて、飲み辛い。

高級ワインを買って「高いだけでたいして美味しくなかった」という方の多くは、 飲み頃のいちばん良いタイミングからはるか遠い時点で開けてしまっています。
そりゃあ、美味しくないはずですよ、 だってトマトで言ったら全体が真緑の状態で齧ってることになりますから。

前回と今回で覚えておいて戴きたいのは、 「ワインにはそれぞれ飲み頃があり、それは1本1本違う」ということ。
そして、いつ「飲み頃」が来るのか、が的確にわかれば、 どんなワインでも最高のポテンシャルを引き出して楽しめる、ということです。

今日も1歩、あなたはソムリエに近付きました!

CTA-IMAGE ワイン通販Firadis WINE CLUBは、全国のレストランやワインショップを顧客とするワイン専門商社株式会社フィラディスによるワイン直販ショップです。 これまで日本国内10,000件を超える飲食店様・販売店様にワインをお届けして参りました。 主なお取引先は洋風専門料理業態のお店様で、フランス料理店2,000店以上、イタリア料理店約1,800店と、ワインを数多く取り扱うお店様からの強い信頼を誇っています。 ミシュラン3つ星・2つ星を獲得されているレストラン様のなんと70%以上がフィラディスからのワイン仕入れご実績があり、その品質の高さはプロフェッショナルソムリエからもお墨付きを戴いています。 是非、プロ品質のワインをご自宅でお手軽にお楽しみください!
Translate »