ワイン通販のフィラディスワインクラブ

ワインペアリング奮闘記 第171回 鰻と赤ワイン、これはいける! / エレンシア・アルテス クパージュ

  ワインペアリング奮闘記 の記事一覧
ワインペアリング奮闘記 第171回 鰻と赤ワイン、これはいける! / エレンシア・アルテス クパージュ

鰻と赤ワイン、これはいける!

 
このコーナーはフィラディスの「お料理好き」スタッフ西岡が、毎回課題のワインに合わせたお料理を実際に作ってレポートするコラムです。※家族に乳製品アレルギーがあるため、レシピは乳製品不使用です。

今回の課題はエレンシア・アルテス クパージュです。

エレンシア・アルテス クパージュ(スペイン テッラ・アルタ産赤750ml)

スペイン北東部、カタルーニャ地方、テッラ・アルタの赤ワインです。品種はシラー 50%、ガルナッチャ・ネグラ 30%、 20%のブレンドです。ヴィンテージは2019年。

 

色調は輝きのあるダークルビー。ややパープルを帯びています。
香りは苺や砂糖漬けのチェリー、クランベリー、バラのようなフローラルな要素に、仄かなスモーク香。
口当たりはなめらかで、アタックは甘酸っぱいフレッシュな果実味が印象的なミドル・ボディです。
早い段階からタンニンを感じました。量は多くありませんが、少しくっつくような収斂性は感じます。
アフターの苦味は控えめですが、金属的なミネラルを感じます。
エレガントで、しなやか、落ち着いた、ストラクチャのある赤ワインです。
特にブルゴーニュが好きで、スペインの赤ワインにはパワフルな印象しかお持ちでない方には、是非一度お試しいただきたいですね。
眼から鱗が落ちるかも・・・?

合わせる料理『鰻のちらし寿司』

やはり基本は肉料理でしょうね。上品さのある赤ワインなので、繊維の細かい、柔らかい肉をチョイスしたいです。
などと考えながら
、お店を物色していたら、目に留まったのはなぜか「鰻」(笑)。
鰻の柔らかさ、タレの焦げたニュアンスに、このクパージュ・・・もしかして合うかも。いや、合う気がする
というわけで、まぁ失敗するかもしれませんが、久しぶりに鰻×赤ワインにチャレンジします。

レシピ 

鮨飯を用意します。(レシピは割愛)
鰻はリーズナブルな輸入物です。水で洗ってタレを塗り直し、グリルで焼いて切り分けます。
その他の具は白ごま、錦糸卵、海苔、大葉、刻み梅、紅大根のかいわれを用意。
ごまと刻み梅は鮨飯に混ぜ込んで。あとの具材は盛り付けます。

鰻のちらし寿司

ペアリングレポート

【総合評価】 星5つ:★★★★★

【評価ポイント】
○蒲焼の燻製香や大葉、海苔など様々な香りがクパージュのアロマと同調し華やか
鰻のタレの甘み、身の旨味やミネラルが赤ワインの果実味やアフターを強調
○梅と鮨飯の酸味が、クパージュのエレガントな酸味と同調
○強すぎないタンニンが鰻ちらし寿司に丁度良い

全然いけますね。美味しい!
鮨飯は意外と砂糖を使うので甘酸っぱく、ワインの果実味とも意外に相性が良かったです。
あと刻み梅を入れたのもワインとのマリアージュにおいて正解でした。良いアクセントになっています。
全体として、とてもおすすめできるペアリングになりました。

(西岡)

 

今回のペアリングワイン:
今回の課題はエレンシア・アルテス クパージュです。

エレンシア・アルテス クパージュ(スペイン テッラ・アルタ産赤750ml)

 

このコラムのライター

J.S.A.認定ワインエキスパート 西岡 卓哉 本業はフィラディスワインクラブのウェブデザイナー

CTA-IMAGE ワイン通販Firadis WINE CLUBは、全国のレストランやワインショップを顧客とするワイン専門商社株式会社フィラディスによるワイン直販ショップです。 これまで日本国内10,000件を超える飲食店様・販売店様にワインをお届けして参りました。 主なお取引先は洋風専門料理業態のお店様で、フランス料理店2,000店以上、イタリア料理店約1,800店と、ワインを数多く取り扱うお店様からの強い信頼を誇っています。 ミシュラン3つ星・2つ星を獲得されているレストラン様のなんと70%以上がフィラディスからのワイン仕入れご実績があり、その品質の高さはプロフェッショナルソムリエからもお墨付きを戴いています。 是非、プロ品質のワインをご自宅でお手軽にお楽しみください!
Translate »