ワイン通販のフィラディスワインクラブ

ワインペアリング奮闘記 第137回 肉豆腐と赤ワイン / シャトー・スオウ カディヤック・コート・ド・ボルドー 2015年

  ワインペアリング奮闘記 の記事一覧
ワインペアリング奮闘記 第137回 肉豆腐と赤ワイン / シャトー・スオウ カディヤック・コート・ド・ボルドー 2015年

『お料理パパのワインペアリング奮闘記』第137回

肉豆腐と赤ワイン

 
このコーナーは毎回課題のワインに合わせたお料理を実際に作ってレポートするコラムです。コラムの性質上下記について、ご容赦いただいております。
 
■失敗してもやり直しできませんので、その時は何がダメだったのか考察する回とさせて下さい。
■子供に乳製品アレルギーがあるため、チーズやクリーム、ミルクなど乳製品不使用です。

 

今回のペアリング課題はシャトー・スオウ カディヤック・コート・ド・ボルドー 2015年』です。フランス・ボルドー、コート地区の赤ワインです。品種はメルロ70%、カベルネ・ソーヴィニヨン20%、 カベルネ・フラン 10% 、 こちらのキュベは2010年を以前取り上げていますが、その時よりもメルロ比率が上がっているのと、ラベル前面にオーガニック認証マークが入りました!

シャトー・スオウ カディヤック・コート・ド・ボルドー 2015年(仏ボルドー産赤750ml)

テイスティング

 

グラスに注ぐと色調は黒みを帯びたガーネット。
香りは熟したブルーベリー、ドライプルーン、ミント、シナモン、杉。やや涼やかな印象です。
口に含むとアタックはまず爽やかさな酸味を感じました。ボリューム感は中程度。果実の熟度は十分な印象です。
タンニンはシルキーでよく溶け込んでいます。
ミドルからは鉄っぽいミネラルのニュアンス、熟成に由来するじんわりとした甘味、茶系スパイスやドライハーブのフレーヴァを感じました。
アフターは軽い苦味を伴い、ほっこりとした腐葉土のようなニュアンスがあります。
全体的に落ち着きがあり穏やかな印象の中に、じんわりとした甘味や旨味、熟成による複雑味のある赤ワインです。
2010年の方は、熟成感の中にもより果実味とタンニンの強さがありましたが、2015年はバランスと調和をより感じます。
どちらもワイン歴の長い方が「これ良いね」なんて言ってくれそうな大人っぽいワイン、という部分で共通していますね。

合わせる料理『肉豆腐』 

ミドル以降の熟成由来の甘みや旨味、そして角の取れた印象から、薄切り肉を使った和食が良いかなと思いました。焼物か煮物でいうと、煮物が合いそうな赤ワインです。

レシピ 

日本酒、みりんを煮切って砂糖、醤油、出し汁を加えます。
ここに牛薄切り肉を加え、色が変わる程度に煮たら一旦取り出します。

肉豆腐レシピ
灰汁を取り除き、長ねぎ、玉ねぎ、しらたき、焼き豆腐、キノコを加え、落とし蓋をして15分ほど煮込みます。
肉を戻し入れ、春菊を加えて2分ほど温めれば出来上がりです。

肉豆腐

ペアリングレポート

【総合評価】 星5つ:★★★★★

【評価ポイント】
豆腐と肉の柔らかさに対して、ワインのシルキーなタンニンや落ち着いた果実味のバランスが程良い

具の旨味が溶け出した煮汁に、赤ワインの熟成による旨味や甘味が同調し、より奥深さや広がりが出る
焼き豆腐醤油との相性も非常に良好!

今回は狙い通りの相乗効果が出せました。こういった作りやすい和食と合うボルドー赤ワインは本当に重宝します。夫婦でゆっくり週末の食事を楽しむのにぴったりですね。変なクセもなく、料理に合わせやすい赤ワインです。それでは次回もお楽しみに!(西岡)

 

 

今回のペアリングワイン:

 

このコラムのライター

J.S.A.認定ワインエキスパート 西岡 卓哉

CTA-IMAGE ワイン通販Firadis WINE CLUBは、全国のレストランやワインショップを顧客とするワイン専門商社株式会社フィラディスによるワイン直販ショップです。 これまで日本国内10,000件を超える飲食店様・販売店様にワインをお届けして参りました。 主なお取引先は洋風専門料理業態のお店様で、フランス料理店2,000店以上、イタリア料理店約1,800店と、ワインを数多く取り扱うお店様からの強い信頼を誇っています。 ミシュラン3つ星・2つ星を獲得されているレストラン様のなんと70%以上がフィラディスからのワイン仕入れご実績があり、その品質の高さはプロフェッショナルソムリエからもお墨付きを戴いています。 是非、プロ品質のワインをご自宅でお手軽にお楽しみください!
Translate »