コンビニ惣菜ペアリング道 第20回 「カニクリームコロッケ×フルーティ泡最強説を検証する」

コンビニ惣菜ペアリング道 第20回 「カニクリームコロッケ×フルーティ泡最強説を検証する」

コラムシリーズ「店長五十嵐のコンビニ惣菜ペアリング道」、戻って参りました!!の第20回です。
コンビニなどのお店で売っている市販のおつまみやレトルト食品などで何の手間もかけずに色々なワインペアリングを楽しんじゃおう!というちょっとズボラなペアリングチャレンジ企画。
前回は2020年11月公開の第19回、そこまでに主要コンビニエンスストアやスーパー、輸入食品店や外食チェーンなどのお惣菜を色々試してきまして、新たなネタ探しのためにちょっと充電期間を戴いておりました。

ではなぜ急に充電期間を終了させたのかと言いますと・・・
実はこの度、某若い女性向けファッション誌のオンラインサイトにて、編集の方と一緒にこのシリーズの連載企画を始めることになりまして(僕みたいなオッサンがコンビニでおつまみ買ってきてワイン飲むだけのこんな企画を載せて良いのか???と思うような、誰もが知っている一流雑誌です 汗)、それならば折角だからワインレターの方でも並行して色々やっていこうじゃないか、と考えた次第です。
久々のチャレンジでやや緊張しておりますが、引き続きご愛読ください!

それではまず、今回初めてこのシリーズを目にされた戴いた方にまずご説明しておきますね。
コラムのタイトルは「コンビニ惣菜ペアリング道」なのですが、その他のスーパーさんや輸入食材店、飲食店のテイクアウトも含め「お手軽に手に入る、調理しなくて良いおつまみ」なら何でもペアリングチャレンジのテーマにしています。
これまで19回分の記事はすべてアーカイブ掲載してありますので、是非これまでのチャレンジ結果も見てみてください。

これまでのシリーズアーカイブはこちらから!B級グルメとのペアリングも色々やっております。
↓↓↓
https://firadis.net/column/category/souzai-pairing/  

それでは今回のコラムテーマ。
今回第20回目は、この数か月間に僕がハマりにハマっているペアリングをご紹介したいと思います。
題して『カニクリームコロッケ×フルーティなスパークリングワインのペアリング最強説』

お肉屋さんで買う揚げたてコロッケのおいしさと言ったらもう幸せの象徴みたいなもの。
そして揚げ物に良く冷えた生ビール・・・というのが大人の至福であることは百も承知で、僕が今こそ提唱したいのがこのペアリングなのです。

今回はスパークリングワインの選定も、カニクリームコロッケがどこで買ってきたものなのかも大体何でもよいのですが、まずは一応僕が試した組み合わせ例はご紹介しておきますね。
今回僕はFiradis WINE CLUBで取り扱いの中で最安値の下記ワインを選びましたが、フルーティなスタイルでそれほど高くないもの(シャンパーニュは勿体ないので、高くてもクレマンくらいでOKです)を選んで頂ければと思います。
1,000円台の泡は大体フルーティで複雑性や熟成感などはありませんので、ご自分のお好みの産地やブドウ品種、ラベルなどで選んでみてください。


『ビコーズ』フランス産スパークリング ブラン・ド・ブラン (当店通常時税抜販売価格1,738円)
ブドウ品種:100%


そして、カニクリームコロッケもご自身で作ったものでも、お惣菜屋さんやスーパーで買ってきたものでもなんでも大丈夫です。
僕は今回、とんかつチェーン『かつや』さんのカニクリームコロッケ(1個120円)をテイクアウトで買ってきました。
そしておまけでポテトコロッケ(1個100円、小さめサイズ)もいくつか。
『かつや』さんはとんかつ、海老フライ、イカフライ、アジフライなどテイクアウトもその場で揚げてくれるので、晩ご飯直前にお近くのお店に買いに行くと熱々のものが食べられて良いですね。近所のお肉屋さん感覚!

さて、それではいよいよカニクリームコロッケと泡を合わせていくのですが、ここでひとつ重要なポイントが。
それは『ソース(や醤油)は使わない』ことです。
なぜかというと今回の組み合わせは「ワインをソースにするペアリング」だから。
言葉で聞いてもピンとこないかもしれませんが、実際に合わせてみればすぐに分かるはずなので、早速試してみましょうよ・・・
それではカニクリームコロッケをひとくち分口に入れて、少しだけモグモグしたらそこにすかさずワインを含んでみましょう。

・・・どうですか??
まずカニクリームソースがワインで伸びやかに広がり、そして熱々のソースがワインで少しずつ冷まされて味わいがはっきりしてくる感じ、ありませんか?
そして更に、衣のサクサク感にスパークリングワインのシュワシュワ、ぱちぱち感が重なり合うテクスチュア=食感がマリアージュする楽しさ、感じませんでしたか?
ワインがカニクリームコロッケのソースとなって、味わいを深くしてくれるこの組み合わせ、ハマったらいくらでもいけちゃいます。

もしポテトコロッケも一緒に用意された方は、そちらも是非試してみてください。
コロッケの中のポテトは水分が少なくホクホク、ポソポソしているので、ワインの水分に溶けた時の味の拡がりも抜群です。

実はこのペアリングはここがポイントでして、とんかつ・海老フライ・アジフライなど素材そのものを揚げたものも勿論ワインとの相性は良いですが、実はコロッケやメンチカツのように中身の具材が練ってあるものの方が「馴染み感」が格段に上。
具材の旨味にワインの様々な味覚要素がプラスされて、カニクリームコロッケがまるでフレンチ専門店の料理みたいな味わい(大袈裟じゃなく)に展開していきます。

ワインと一緒に楽しむお料理を考えるとき、高級食材や素材の良いものを選ばなくちゃいけないなんていうルールはありません。
たとえB級・C級クラスのグルメでも、味わいの要素・方向性、そして食感のヒントなどから素晴らしいペアリングを見出せる可能性があるものです。
今日取り上げた120円のカニクリームコロッケとスパークリングワインのペアリングは、そんな実例を知って戴きたいと思ってご紹介ました。
皆さんも是非、お手軽なペアリングを探求する楽しさを実感してみてくださいね。

それでは今回はこの辺で・・・
最後まで読んで戴いてありがとうございました!
次回第21回目は、昨今大手外食チェーンも続々参入中の「からあげ」がテーマ。
人気チェーンのテイクアウトからあげとワインの、最強ペアリングを探してみたいと思います!

*某女性ファッション誌オンラインサイトの企画記事は、公開されたらメールマガジン等でリンクをご案内致します。
どんな内容になるかご期待くださいね。
もし企画がポシャってしまったら、その時はそういうことだったとご理解を 笑!!!

 

CTA-IMAGE ワイン通販Firadis WINE CLUBは、全国のレストランやワインショップを顧客とするワイン専門商社株式会社フィラディスによるワイン直販ショップです。 これまで日本国内10,000件を超える飲食店様・販売店様にワインをお届けして参りました。 主なお取引先は洋風専門料理業態のお店様で、フランス料理店2,000店以上、イタリア料理店約1,800店と、ワインを数多く取り扱うお店様からの強い信頼を誇っています。 ミシュラン3つ星・2つ星を獲得されているレストラン様のなんと70%以上がフィラディスからのワイン仕入れご実績があり、その品質の高さはプロフェッショナルソムリエからもお墨付きを戴いています。 是非、プロ品質のワインをご自宅でお手軽にお楽しみください!
Translate »