ワイン通販のフィラディスワインクラブ

ワインペアリング奮闘記 第3回「フアン・ヒル シルバー・ラベル」

  ワインペアリング奮闘記 の記事一覧
ワインペアリング奮闘記 第3回「フアン・ヒル シルバー・ラベル」

お料理パパのワインペアリング奮闘記 第3回
「フアン・ヒル シルバー・ラベル」

このコーナーは「お料理好き」スタッフ西岡が、毎回課題のワインに合わせたお料理を実際に作りレポートするコラムです。

コラムの性質上下記の点について、ご容赦いただいております。
■失敗してもやり直しできませんので、その時は何がダメだったのか考察する回とさせて下さい。
■家庭の料理なので、冷蔵庫にたまたま余っていた物なども積極的に使います。
■うちの子に乳製品アレルギーがあるため、チーズやクリーム、ミルクなど乳製品が使えません。

さて今回のお題は・・・でました!フアン・ヒル・シルバー・ラベルです!フアン・ヒル シルバー・ラベル 750ml(スペイン フミーリャ産赤ワイン)

CLUB30では、ほぼ常にランキング一位の「鉄板」赤ワイン
さっそく味見をしてみると非常によく熟したカシスやブルーベリーのような濃縮した果実味。
煮詰めたような、コンポートのような、そんな甘みが感じられます。
そしてスモーキーでスパイシーな香り、しっかりとしたタンニンが、本格感や飲みごたえを演出してくれます。 このバランスが人気の秘訣なのでしょうね。

このワインに合うお料理は、まずお肉であることは間違いないと思います!
それも、タンニンがしっかりしているので、ある程度噛み応えのあるお肉ですね。
そしてこの、凝縮感のある果実味には、甘味のあるソースを合わせたいです。

そこで私が選んだお料理は「ラム肉とキドニービーンズのトマト煮込み」です。
煮込みと言ってもお肉を柔らかくする必要はないので、フライパンを使い短時間で炒め煮にします。
ラム肉の個性、そして煮込みの凝縮感が、シルバー・ラベルの強さと拮抗してバランスがとれることに期待します!
ワインポイントとして煮込むときに「ジャム」を加えますよ。(今回はイチジクジャムを使用)

作り方:
ラム肉に塩コショウで下味をつけ、オイルをひいたフライパンでしっかりと炒めます。
一旦ラム肉をバットなどにあけ、次は玉ねぎのみじん切りを焼き色が付くまで炒めます。
(玉ねぎは、塩をふると早く炒めることができます)さらにトマト缶を加え、煮立ったらラム肉を戻して、ジャム、赤ワイン、キドニービーンズ缶を加えて、程よい汁気になるまで煮たら、最後にコショウしっかり目と、塩で味を調えて出来上がり。

ラム肉とキドニービーンズのトマト煮込み

実食:
やはり、シルバー・ラベルの存在感は伊達じゃないです。豊満な果実味が、どんどん主張してきます!
お料理も個性強めにしたつもりでしたが、それでもまだパワー負けしている感がありました。
煮込む時に、一つ一つの食材にしっかりと熱を通し、ある程度水気を飛ばし、凝縮感を高めて香ばしさを出したほうが良さそうですね。
使用したイチジクジャムが「甘さ控え目」だったのですが、中途半端にせずしっかり甘みを出す方が、このワインには好相性でしょう。
ワインの味わい要素に近い、カシスや、ブルーベリージャムの方がより合うかもしれません。
上記に気を付けてもう一度トライすれば、 素晴らしくマリアージュするポテンシャルのあるお料理ではないかと思いました。

ごちそうさまでした。
いかがでしたか?ご意見、ご感想お待ちしておりますね。 それでは、次回もお楽しみに!

≪「不動の人気」シルバー・ラベルを美味しく戴きましょう!≫
『フアン・ヒル 12メセス “シルバー・ラベル” 2016年』
(スペイン フミーリャ産赤ワイン ブドウ品種:モナストレル種100%
熟成:フレンチオーク樽で12ヶ月間じっくり熟成)フアン・ヒル シルバー・ラベル 750ml(スペイン フミーリャ産赤ワイン)

CTA-IMAGE ワイン通販Firadis WINE CLUBは、全国のレストランやワインショップを顧客とするワイン専門商社株式会社フィラディスによるワイン直販ショップです。 これまで日本国内10,000件を超える飲食店様・販売店様にワインをお届けして参りました。 主なお取引先は洋風専門料理業態のお店様で、フランス料理店2,000店以上、イタリア料理店約1,800店と、ワインを数多く取り扱うお店様からの強い信頼を誇っています。 ミシュラン3つ星・2つ星を獲得されているレストラン様のなんと70%以上がフィラディスからのワイン仕入れご実績があり、その品質の高さはプロフェッショナルソムリエからもお墨付きを戴いています。 是非、プロ品質のワインをご自宅でお手軽にお楽しみください!
Translate »