温度

1/3ページ

あ、せかんどおぴにおん 第12回「トマダ・デ・カストロ グラン・リバド・アルバリーニョ」

『あ、せかんどおぴにおん』第12回 「トマダ・デ・カストロ グラン・リバド・アルバリーニョ」    このコラムについて(ここは毎回同じことが書いてあります。) あなたが五感で捉える感覚と他人が感じる感覚は同じとは限りません。もしかすると、同じ言葉で表現される感覚でも人によって感じている実際の感覚は異なるのかもしれません。逆にたとえ同じ感覚を得ていた […]

あ、せかんどおぴにおん 第11回「ヴィノジア ファランギーナ」

『あ、せかんどおぴにおん』第11回 「ヴィノジア ファランギーナ」    このコラムについて(ここは毎回同じことが書いてあります。) あなたが五感で捉える感覚と他人が感じる感覚は同じとは限りません。もしかすると、同じ言葉で表現される感覚でも人によって感じている実際の感覚は異なるのかもしれません。逆にたとえ同じ感覚を得ていたとしても、人によって別の言 […]

あ、せかんどおぴにおん 第10回「ボコパ マリーナ・アルタ」

『あ、せかんどおぴにおん』第10回 「ボコパ マリーナ・アルタ」    このコラムについて(いつも同じことが書いてあります。) あなたが五感で捉える感覚と他人が感じる感覚は同じとは限りません。もしかすると、同じ言葉で表現される感覚でも人によって感じている実際の感覚は異なるのかもしれません。逆にたとえ同じ感覚を得ていたとしても、人によって別の言葉で表 […]

あ、せかんどおぴにおん 第9回「シャトー・デギュイユ セニョール・デギュイユ」

『あ、せかんどおぴにおん』第9回 「シャトー・デギュイユ セニョール・デギュイユ」    このコラムについて(いつも同じことが書いてあります。) あなたが五感で捉える感覚と他人が感じる感覚は同じとは限りません。もしかすると、同じ言葉で表現される感覚でも人によって感じている実際の感覚は異なるのかもしれません。逆にたとえ同じ感覚を得ていたとしても、人に […]

あ、せかんどおぴにおん 第8回「エミール・ベイエ リースリング・トラディション」

『あ、せかんどおぴにおん』第8回 「エミール・ベイエ リースリング・トラディション」    このコラムについて(いつも同じことが書いてあります。) あなたが五感で捉える感覚と他人が感じる感覚は同じとは限りません。もしかすると、同じ言葉で表現される感覚でも人によって感じている実際の感覚は異なるのかもしれません。逆にたとえ同じ感覚を得ていたとしても、人 […]

あ、せかんどおぴにおん 第7回「フアン・ヒル シルバー・ラベル」

『あ、せかんどおぴにおん』第7回 「フアン・ヒル シルバーラベル」    このコラムについて(いつも同じことが書いてあります。) あなたが五感で捉える感覚と他人が感じる感覚は同じとは限りません。もしかすると、同じ言葉で表現される感覚でも人によって感じている実際の感覚は異なるのかもしれません。逆にたとえ同じ感覚を得ていたとしても、人によって別の言葉で […]

あ、せかんどおぴにおん 第6回「ドメーヌ・ダヴィッド ミュスカデ」

『あ、せかんどおぴにおん』第6回 「ドメーヌ・ダヴィッド ミュスカデ」    このコラムについて あなたが五感で捉える感覚と他人が感じる感覚は同じとは限りません。もしかすると、同じ言葉で表現される感覚でも人によって感じている実際の感覚は異なるのかもしれません。逆にたとえ同じ感覚を得ていたとしても、人によって別の言葉で表現することはよくあることです。 […]

気になるワイングッズ使ってみた!【第8回】ワイン温度計のおすすめはこれだ!

シリーズ『店長五十嵐の、気になるワイングッズ使ってみた!』第8回です。 前回予告で次回は『BIRDYステンレスデキャンタ』を検証します・・と予告していたのですが、季節が大分暑くなってきましたので急遽ひとつ別の企画を挟むことにしました。ワインをおいしく飲める温度に設定するのが大事なこの季節には必須、ワイン用温度計を実際に使ってその性能と正確性を検証します! ( […]

あ、せかんどおぴにおん 第5回「ドメーヌ・ペルノー・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ・コート・ドール」

『あ、せかんどおぴにおん』第5回 「ドメーヌ・ペルノー・ペール・エ・フィス ブルゴーニュ・コート・ドール」    このコラムについて あなたが五感で捉える感覚と他人が感じる感覚は同じとは限りません。もしかすると、同じ言葉で表現される感覚でも人によって感じている実際の感覚は異なるのかもしれません。逆にたとえ同じ感覚を得ていたとしても、人によって別の言 […]

あ、せかんどおぴにおん 第4回「ヴィッラ・ダヴィーニ モンテクッコ・ロッソ」

『あ、せかんどおぴにおん』第4回 「ヴィッラ・ダヴィーニ モンテクッコ・ロッソ」    このコラムについて あなたが五感で捉える感覚と他人が感じる感覚は同じとは限りません。もしかすると、同じ言葉で表現される感覚でも人によって感じている実際の感覚は異なるのかもしれません。逆にたとえ同じ感覚を得ていたとしても、人によって別の言葉で表現することはよくある […]

気になるワイングッズ使ってみた!【第7回】今、ボルドーグラスを買うならどれだ??

シリーズ『店長五十嵐の、気になるワイングッズ使ってみた!』、今回は「ワイングラス比較実験」の第3回をお届け致します。 これまで「より香りを楽しめるシャンパングラス」、「ブルゴーニュワインのポテンシャルを限界突破で引き出せるグラス」と検証をしてきましたので、次のテーマは当然のごとく「ボルドー用のグラス」です。 僕が普段ワインのご紹介ページやメールマガジンで「こ […]

あ、せかんどおぴにおん 第3回「ヴーヴ・オリヴィエ・エ・フィス セクレ・ド・カーヴ ブリュット」

  『あ、せかんどおぴにおん』第3回 「ヴーヴ・オリヴィエ・エ・フィス セクレ・ド・カーヴ ブリュット」 このコラムについて あなたが五感で捉える感覚と他人が感じる感覚は同じとは限りません。もしかすると、同じ言葉で表現される感覚でも人によって感じている実際の感覚は異なるのかもしれません。逆にたとえ同じ感覚を得ていたとしても、人によって別の言葉で表現 […]

ワイン職人に聞く、10の質問【第79回】ジャン・クロード・ムゾン(フランス・シャンパーニュ地方)

≪ひとりのワイン職人の頭の中を覗く一問一答インタヴュー!≫ 『ワイン職人に聞く、10の質問』 第79回 ジャン・クロード・ムゾン(フランス・シャンパーニュ地方) オーナー・醸造家:フレデリック&セドリック・ラエマードさんご夫妻 シリーズ『ワイン職人に聞く、10の質問』、今回話を聞いた生産者は、仏シャンパーニュ地方モンターニュ・ド・ランス最北のグラン・クリュ、 […]

あ、せかんどおぴにおん 第2回「トータス・クリーク カベルネ・ソーヴィニヨン」

  『あ、せかんどおぴにおん』第2回 「トータス・クリーク カベルネ・ソーヴィニヨン」 このコラムについて あなたが五感で捉える感覚と他人が感じる感覚は同じとは限りません。もしかすると、同じ言葉で表現される感覚でも人によって感じている実際の感覚は異なるのかもしれません。逆にたとえ同じ感覚を得ていたとしても、人によって別の言葉で表現することはよくある […]

あ、せかんどおぴにおん 第1回「カミーユ・エ・ローラン・シャレール シャブリ」

  『あ、せかんどおぴにおん』第1回 「カミーユ・エ・ローラン・シャレール シャブリ」   このコラムについて あなたが五感で捉える感覚と他人が感じる感覚は同じとは限りません。もしかすると、同じ言葉で表現される感覚でも人によって感じている実際の感覚は異なるのかもしれません。逆にたとえ同じ感覚を得ていたとしても、人によって別の言葉で表現する […]

「ボディ」って何だろう?

ワインについて、目にしたこと、耳にしたことがありませんか? 「ボディ」という言葉。 主に赤ワインの味わいを表現するときに使われる言葉なのですが、では、いったい何を意味しているのでしょう? 実はワインを選ぶ時にとても役に立つ言葉なのですよ。今回はそんな「ボディ」という言葉について触れたいと思います。知っていると貴方のワイン選びが変わるかもしれません。   「ボ […]

気になるワイングッズ使ってみた!【第4回】ブルゴーニュのポテンシャルを限界突破で引き出せるグラスを見つけ出せ!

コラムシリーズ『店長五十嵐の、気になるワイングッズ使ってみた!』第4回です。 これまで「より香りを楽しめるシャンパングラス」、人気のソムリエナイフ、電動ワインオープナーとシリーズを続けてきまして、今回のテーマは「ブルゴーニュワインのポテンシャルを限界突破で引き出せるグラスを見つけ出せ!」。 ・・・もっと後になってやろうと思っていた大ネタ中の大ネタではあります […]

自宅でのワインの保存

ワインは瓶詰めされた後も変化し続けていく飲み物です。そこがワインの面白いところでもあるのですが、保存の仕方ひとつで美味しくも不味くもなってしまうデリケートな飲み物でもあります。 普段飲み用にまとめ買いしたワイン、記念日やいつか楽しむために奮発したワイン。せっかくのワイン、美味しく頂きたいですよね。そのためには自宅でどのように保存したら良いのでしょうか?ワイン […]

「ワインのテイスティングについて」 ワインはじめて講座 

ワインテイスティングの流れ さて、ふさわしいグラスに注がれたワインがあなたの目の前にあります。 それではおもむろにグラスを掴み、一気に口の中へ流し込み・・・と焦ってはいけません。 ワインを楽しむときの「手順」があるのです。 この「ワインのテイスティング」の簡単な流れは以下の通りです。 色合いを見る 香りを愉しみ、分析する 味わいを愉しむ 余韻に浸る この一連 […]

ワインの醸造について①

ワインの作り方 − 用意するもの   ・ブドウ   ・容器  − 作り方   1. ブドウを容器に入れる。   2. 発酵が終わったら出来上がり。 (*ブドウを使って自家製ワインを作ることは酒税法違反です。ご注意下さい。)   私達人類の祖先が実っているブドウを食するために穫ってきて貯蔵し、数日後に食べようと思ったら 「ん? 底に液体が溜まっている […]

ワイン職人に聞く、10の質問【第56回】カザーレ・ヴァレッキエーザ(イタリア ラツィオ州フラスカーティ)

≪ひとりのワイン職人の頭の中を覗く一問一答インタヴュー!≫ 『ワイン職人に聞く、10の質問』 第56回 カザーレ・ヴァレッキエーザ(イタリア ラツィオ州フラスカーティ) オーナー・醸造家 ブルーノ・ガスペリーニさん *写真中央 「フラスカーティ」というワインは、日本でもカジュアルイタリアンのグラス白ワインとしてお馴染み。 ですがどうしても「安ワイン」のイメー […]

ワイン職人に聞く、10の質問【第55回】ルイジ・ピラ(イタリア ピエモンテ州セッラルンガ・ダルバ)

≪ひとりのワイン職人の頭の中を覗く一問一答インタヴュー!≫ 『ワイン職人に聞く、10の質問』 第55回 ルイジ・ピラ(イタリア ピエモンテ州セッラルンガ・ダルバ) オーナー・醸造家 ジャンパオロ・ピラさん  今週話を聞いた生産者は、イタリア ピエモンテ州の『ルイジ・ピラ』。 イタリアワインを代表する赤ワインと言えば「バローロ」の名前が真っ先に上がるわけですが […]

お店でワインをどう楽しむか その4

フレンチ・イタリアンの専門料理店などでワインを注文した際、注文した人にそのワインを少しだけ飲んでみるように促される「ホストテイスティング」は、「そのワインがおいしいかどうかではなく、品質劣化が無いかを確認する」儀式です。 前回は、ホストテイスティングで香りから品質状態を確かめるところまで。 この時点でブショネやヒネた酸化臭などからワインのダメージを見つけるこ […]

お店でワインをどう楽しむか その4

フレンチ・イタリアンの専門料理店などでワインを注文した際、注文した人にそのワインを少しだけ飲んでみるように促される「ホストテイスティング」は、「そのワインがおいしいかどうかではなく、品質劣化が無いかを確認する」儀式です。 前回は、ホストテイスティングで香りから品質状態を確かめるところまで。 この時点でブショネやヒネた酸化臭などからワインのダメージを見つけるこ […]

ワインボキャブラ天国【第47回】「閉じた」英:closed 仏:ferme

≪ちょっとずつワイン表現の語彙を増やしましょう!≫ 『Firadisワイン ボキャブラ天国』 第47回 「閉じた」 連載企画『Firadis ワインボキャブラ天国』は、ワインを表現する言葉をアルファベットのaから順にひとつずつピックアップし、その表現を使用するワインの例などをご紹介していくコーナー。 このコラムを読み続けていれば、あなたのワイン表現は一歩一歩 […]

ブドウ品種のまとめ その1

およそ60回にも渡って『ブドウ品種を詳しく知ろう』シリーズを続けてきまして、これまでの約半分がブドウ品種ひとつひとつの話だった訳ですが、ここで一旦まとめをしておきたいと思います。 今回まず覚えておいて戴きたいまとめポイントは、 「ブドウ品種を1種類で造るワインと複数品種のブレンドで造るワインがあるが、そこに単純な優劣はない」 ということです。 意外なことに、 […]

赤ワインも少し冷やした方がおいしく飲めるってこと、知ってましたか?

今回は「赤ワインの温度設定」についてのポイントです。 結論を先に言ってしまえば、日本では赤ワインも飲む前に少しだけ冷やしましょう、ということです。   先日開催したセミナーの参加者には皆様に実体験して戴いたのですが、 同じワインでも温度設定を変えるだけで全く異なる味のワインに変貌します。 この時の実験ではボルドーの赤ワイン『シャトー・ベルヴュー・カ […]

ワインと食事の「マリアージュ」について、整理してみよう⑤『チーズとワインに代表される「補完のマリアージュ」とは??』

今週はマリアージュ編の⑤、「3つのマリアージュ」遂に最後の一つです。 それは『補完のマリアージュ』。 『同調』や『中和』に比べると一見地味ですが・・・ 食材/料理とワイン、互いが味わいを補いつつも新たな風味を創造し、マリアージュのパズルを完成させていく。 2つのコンビネーションが新たな味の領域を切り開く、これぞまさに“マリアージュ究極形”です。 もう少し具体 […]

ワインボキャブラ天国【第19回】「室温で」英:at room temperature 仏:chambre

≪ちょっとずつワイン表現の語彙を増やしましょう!≫ 『Firadisワイン ボキャブラ天国』 第19回 「室温で」 連載企画『Firadis ワインボキャブラ天国』は、ワインを表現する言葉をアルファベットのaから順にひとつずつピックアップし、その表現を使用するワインの例などをご紹介していくコーナー。 このコラムを読み続けていれば、あなたのワイン表現は一歩一歩 […]

『○○型ワイングラス』は、本当にそのワインに最適な形なのか?最終回

さて、今回で「○○型グラス」実験レポートも遂に最終回! これまで細切れに読んで頂いて申し訳無かったのですが、 今回でいよいよフィラディスの辿り着いた結論をお伝えしたいと思います。   ワイン愛好家にとって、もっと幸福な結果を呼び込むグラス選び。 今回の実験レポートを読んで、Firadis WINE CLUBのお客様がもっと自由な考え方で ワイングラ […]

1 2 3
Translate »