ワイン通販のフィラディスワインクラブ

ワインペアリング奮闘記 第83回 シャンパーニュ・ジャン・クロード・ムゾン グラン・ブークワン ヴェルズネイ・グラン・クリュ・ブリュット N.V.×スズキの白ワイン蒸し

  ワインペアリング奮闘記 の記事一覧
ワインペアリング奮闘記 第83回 シャンパーニュ・ジャン・クロード・ムゾン グラン・ブークワン ヴェルズネイ・グラン・クリュ・ブリュット N.V.×スズキの白ワイン蒸し
『お料理パパのワインペアリング奮闘記』第83回
バランス型シャンパーニュに安定のペアリングを
 
このコーナーは毎回課題のワインに合わせたお料理を実際に作ってレポートするコラムです。コラムの性質上下記について、ご容赦いただいております。
 
■失敗してもやり直しできませんので、その時は何がダメだったのか考察する回とさせて下さい。
■子供に乳製品アレルギーがあるため、チーズやクリーム、ミルクなど乳製品不使用です。
今回のお題はジャン・クロード・ムゾン グラン・ブークワン ヴェルズネイ・グラン・クリュ・ブリュット N.V.です。ピノ・ノワールの聖地と称されるグラン・クリュ格付けの村で生産されたシャンパーニュです。期待が高まります。


テイスティング:
プシュッ・・・と抜栓した瞬間から、甘いフルーツの香り。外交的な第一アロマです。
細やかな泡立ちが落ち着くと、ゴールデン・イエローの液体が姿を表します。色調はやや濃い目ですね。
改めて香りを取ると、桜桃やカリンなど、熟度が高い黄色い果実を中心に、柑橘やベリーっぽいニュアンスも取れました。その奥にカラメルやアーモンド、コリアンダーのような香ばしいニュアンスも。やや熟成が感じられます。
口に含むと、アタックの強さは中程度でしょうか。ジューシーさが感じられ、酸はそこまでシャープでなく程よくフレッシュで、甘味とのバランスが取れて親しみやすく感じます。
中盤から塩味を伴うミネラル、コク、そして旨味が広がり、アフターにかけて少しトースト感のあるフレーヴァーを感じました。
全体としてはバランス感のある造りですね。美味しいです!落ち着いた重心で、しっかりとしたアミノ酸の旨味が魅力のシャンパーニュだと思います。

合わせる料理:
ワインはミドルな印象で、アペリティフからメインの食事まで広く合わせられると思います。品種はグラン・クリュのピノ・ノワール主体なの
ですが、どこか熟成した白ワインのような印象があって、肉よりは魚料理に合いそうに思えます。メイラード系の香りがありますので、料理も熱を通すのがおすすめです。
正解のイメージとしては、ソテーされた淡白な魚の身にシャンパーニュの酸と旨味がプラスされ、よりリッチで複雑な味わいに・・・です。ペアリングの王道ですね。
では、今回はたまたま魚屋さんでリーズナブルだったスズキの切り身を、フライパンで蒸し焼きにしてみます。
『スズキの白ワイン蒸し』に決定です!

レシピ:
スズキは目立つ骨を取り除き軽く洗い、水分を拭って塩胡椒を。
皮には切れ目を入れておきましょうね。※私はこれをせず、熱で身が丸まってしまいました。(汗)
フライパンにオリーブオイルをしき、皮目から焼いていきます。
両面ある程度焼けたら、白ワインと乾燥タイム、オレガノを加えて蓋をし、蒸し焼き状態で中心まで火を通して、魚は取り出します。
残ったフライパンで玉ねぎとパプリカのみじん切りを炒め、これをソースにします。汁気が飛びすぎたら白ワインで調整しましょうね。
仕上げにケッパー、ミニトマトを加えてソースは完成。
お皿にスズキとソース、スプラウト盛り付けて出来上がりです。

スズキの身がツイストしてしまいましたが・・・大皿に盛るとなんとなくゴージャスに。

ペアリングレポート:
実食です。美味しいシャンパーニュをいただいてから、さっそくスズキの身をほぐしてソースと一緒に。うーん、美味しい。さらにシャンパーニュを飲み進めていきます。
シャンパーニュの酸味が、少し酸味のある白ワインソースを纏った魚に程よく相乗し、シャンパーニュのコクが魚の旨味を引き立ててくれます。まぁ狙い通りですね。私も少しは成長したなぁ・・・。
シャンパーニュから感じた黄色い果実に合わせて黄パプリカのソースにしましたが、こんな風に色のイメージを合わせるだけで、ぐっとペアリングも良くなると思います。ペアリングは香りや味だけじゃないわけです。
スズキのような白身魚はあまり癖がなく、バランスの取れたシャンパーニュとのペアリングは「安全牌」という感じがしました。白ワイン含め、今後も汎用的に使えそうな料理です。
最後にマスタード・スプラウトを散らしているのですが、マスタードの香りがしてシャンパーニュとの相性も良かったですよ。これはちょっとした発見です。
全体を通して、今回は「難なくペアリング」という感じですね!良かった。

如何でしたか?
飲む前はワインのデータから、ピノ・ノワール主体だし、お肉かな・・・?なんて思っていたのですが、テイスティングしてみるとシャルドネの印象も意外と感じて、思っていたのとは違う展開になりました。きちんとペアリングしたければ事前の味見はアリですね!ストッパーをつけておけばそう簡単に泡は抜けませんし、実食時にはワインの香りもより開きます。
それでは、次回もお楽しみに!

(西岡)
 
 
今回のペアリングワイン:ジャン・クロード・ムゾン グラン・ブークワン ヴェルズネイ・グラン・クリュ・ブリュット N.V.

 

 
CTA-IMAGE ワイン通販Firadis WINE CLUBは、全国のレストランやワインショップを顧客とするワイン専門商社株式会社フィラディスによるワイン直販ショップです。 これまで日本国内10,000件を超える飲食店様・販売店様にワインをお届けして参りました。 主なお取引先は洋風専門料理業態のお店様で、フランス料理店2,000店以上、イタリア料理店約1,800店と、ワインを数多く取り扱うお店様からの強い信頼を誇っています。 ミシュラン3つ星・2つ星を獲得されているレストラン様のなんと70%以上がフィラディスからのワイン仕入れご実績があり、その品質の高さはプロフェッショナルソムリエからもお墨付きを戴いています。 是非、プロ品質のワインをご自宅でお手軽にお楽しみください!
Translate »