ワイン通販のフィラディスワインクラブ

「ソーヴィニヨン・ブラン種について その2」 ワインはじめて講座

「ソーヴィニヨン・ブラン種について その2」 ワインはじめて講座

「ブドウ品種を詳しく知ろう」シリーズ、6品種目は『ソーヴィニヨン・ブラン』。
前回はその主要産地がフランスのロワール地方やニュージーランドであること、 そのフレッシュで切れのある香り・味わいスタイルなどについてご紹介をしました。
今回はもうちょっと、この品種についてのウンチク的な情報をご提供したいと思います。

この品種について良く聞かれるのが、 「カベルネ・ソーヴィニヨンの白ブドウ版がソーヴィニヨン・ブランなのですか?」というご質問です。
なんてったってカベルネ・ソーヴィニヨンは黒ブドウの王様、 色々なブドウの源流になっていそうな雰囲気がありますが・・・実はその逆。
『ソーヴィニヨン・ブラン』が、カベルネ・ソーヴィニヨン種の原種の一つです。

この品種と黒ブドウの『カベルネ・フラン』種が交配することで生まれたのがカベルネ・ソーヴィニヨン。
だからでしょうか、生産国では『ソーヴィニヨン・ブラン』と呼ばずに、 敢えて『ソーヴィニヨン』とだけで呼ぶことも多いんですよね。
ちなみに、Sauvignon(ソーヴィニヨン)という名前は仏語の「Sauvage(ソバージュ=野性的な)」、 という言葉から来ているそうです。

そして、最近はそのソーヴィニヨン・ブラン自体も元はと言えば別の品種の子孫だと言う説が。
フランスのジュラ地方などで栽培されるSavagnin(サヴァニャン)種が元だとか、 サヴァニャン種とカルメネール種(チリ産の赤ワインで知られています)の交配品種では、という説も。
どんどん新説が出てくるので、まだ真偽の程は確かではありませんのでご容赦を。

最後にご紹介したいのが、こんなエピソード。
数年前のこと、ソーヴィニヨン・ブラン種を100%使用したフレッシュなロワール産白ワインに、 『3MH』というグレープフルーツと全く同じ香り成分が発見された、という驚きのニュースが報じられました。

ブドウから造られるワインに、グレープフルーツの香り成分が含まれていた。
原料の状態のブドウ果汁には、その香り成分は一切含まれていない。
アルコール発酵をして熟成する過程で、2つの異なる果実の香りが重なると言う奇跡・・・。
こんなことが起こるのも、ワインならではの神秘ですよね。

それでは今回はこのへんで。
次はまた黒ブドウ、Firadisでは最近なぜかとても人気の高い『シラー』種についてご紹介しますね!

今日も1歩、あなたはソムリエに近付きました!

CTA-IMAGE ワイン通販Firadis WINE CLUBは、全国のレストランやワインショップを顧客とするワイン専門商社株式会社フィラディスによるワイン直販ショップです。 これまで日本国内10,000件を超える飲食店様・販売店様にワインをお届けして参りました。 主なお取引先は洋風専門料理業態のお店様で、フランス料理店2,000店以上、イタリア料理店約1,800店と、ワインを数多く取り扱うお店様からの強い信頼を誇っています。 ミシュラン3つ星・2つ星を獲得されているレストラン様のなんと70%以上がフィラディスからのワイン仕入れご実績があり、その品質の高さはプロフェッショナルソムリエからもお墨付きを戴いています。 是非、プロ品質のワインをご自宅でお手軽にお楽しみください!
Translate »