ワイン通販のフィラディスワインクラブ

ワインペアリング奮闘記 第65回 「セバスチャン・クリストフ シャブリ」

  ワインペアリング奮闘記 の記事一覧
ワインペアリング奮闘記 第65回 「セバスチャン・クリストフ シャブリ」

『お料理パパのワインペアリング奮闘記』第65回
簡単お手軽にシャブリとのマリアージュを楽しもう!

このコーナーは毎回課題のワインに合わせたお料理を実際に作ってレポートするコラムです。

コラムの性質上下記について、ご容赦いただいております。
■失敗してもやり直しできませんので、その時は何がダメだったのか考察する回とさせて下さい。
■うちの子に乳製品アレルギーがあるため、チーズやクリーム、ミルクなど乳製品不使用です。

さて、今回のお題は『セバスチャン・クリストフ シャブリ』です。

グラスに注ぐと、色調は仄かに緑の入った、輝きのあるレモンイエロー。
香りはレモンやグレープフルーツ、白胡椒、火打ち石や貝殻、そしてハーブ類、爽やかですね。
口に含むと、しっかりと熟した果実と、生き生きとした酸味が早い段階から現れます。
辛口ですが、親しみやすいジューシーさを感じます。
中盤以降印象的に感じるのは、チョークのようなミネラル感です。
後半オレンジピールのような苦味と相まって、舌を引き締める感覚があり、余韻は長いです。
全体として、シャープさと豊かさ、しっかりとした骨格を備えた、バランスの良い白ワインだと思いました。
ああ、やっぱりシャブリだなぁと思わせてくれる、美味しい白ワインですね!
 
では、合わせる料理を考えましょう。
やはり第一に、特徴的なミネラル感をうまく生かしたいですね。
そうなると貝類や、甲殻類は有力です。
シャブリにシーフード、ちょっとベタと言われてしまうかも知れませんが、やはり王道!
広域シャブリのワインでもあるので、ここは考え過ぎずに、ぱっと作れる料理が良いでしょう。
というわけで今回チョイスしたのは、あさりを使ったパスタ『ボンゴレ・ビアンコ』です。

レシピ:
フライパンにオリーブオイル、微塵切りニンニクと鷹の爪を入れ、中火で温めます。
ニンニクがきつね色になったら、砂抜きしたアサリ、白ワイン、イタリアン・パセリを加え蓋をして蒸します。
アサリの口が開き始めたら蓋をあけ、アサリは一旦、別皿に。
塩水で堅めに茹でたスパゲティをフライパンに移し、オリーブオイルを加えてあえます。
味見して、水かゆで汁を加えて塩味と汁気を調整します。
パスタを皿に移し、アサリを盛り付けてイタリアン・パセリを振りかけて出来上がり。

ボンゴレ・ビアンコ

ペアリングレポート:
アサリはやや小粒ですが、ボンゴレと言えばこの出汁。パスタによく吸わせて頂きましょう。
・・・すごいです。調味料は塩しか使っていないのに、このスープのコク。アサリおそるべし!
このボンゴレの余韻がたっぷりと残っているうちに、セバスチャン・クリストフ シャブリを頂きましょう。
はー・・・何とも爽やかなシトラスのアロマが、ボンゴレの磯の風味と混ざり合って心地良いです。
鷹の爪のピリッとした部分も、このシャープ感のある白ワインとなら良いアクセントと思えます。
どんどん食べ合わせていくにつれ、アルデンテに茹でたパスタのプリっと感とシャブリの張りのあるテクスチャとの相性もよく、引き締めのあるミネラル感が、全体の味わいに骨格や芯を与えてくれました。
シンプルな料理なのに、このシャブリを合わせることで、とても贅沢な食事をしているような気分になります。
予想通りですが、アサリとシャブリ、難なくマリアージュです!

如何でしたか?内陸の産地なのに、こんなにシーフードに合うシャブリ、実はこの場所は太古は海だったことが関係しているそうですね。シャブリを飲むたびに、ワインってロマンだなぁ・・・と感じます。(西岡)

 

今回のペアリングワイン:
セバスチャン・クリストフ シャブリ

 

CTA-IMAGE ワイン通販Firadis WINE CLUBは、全国のレストランやワインショップを顧客とするワイン専門商社株式会社フィラディスによるワイン直販ショップです。 これまで日本国内10,000件を超える飲食店様・販売店様にワインをお届けして参りました。 主なお取引先は洋風専門料理業態のお店様で、フランス料理店2,000店以上、イタリア料理店約1,800店と、ワインを数多く取り扱うお店様からの強い信頼を誇っています。 ミシュラン3つ星・2つ星を獲得されているレストラン様のなんと70%以上がフィラディスからのワイン仕入れご実績があり、その品質の高さはプロフェッショナルソムリエからもお墨付きを戴いています。 是非、プロ品質のワインをご自宅でお手軽にお楽しみください!
Translate »