ワイン通販のフィラディスワインクラブ

ワインペアリング奮闘記 第135回 お洒落でヘルシーなチコリボートと白ワイン / ル・クロー・ドローム ヴァランセ・ブラン

  ワインペアリング奮闘記 の記事一覧
ワインペアリング奮闘記 第135回 お洒落でヘルシーなチコリボートと白ワイン / ル・クロー・ドローム ヴァランセ・ブラン

『お料理パパのワインペアリング奮闘記』第135回

お洒落でヘルシーなチコリボートとのペアリング

このコーナーは毎回課題のワインに合わせたお料理を実際に作ってレポートするコラムです。コラムの性質上下記について、ご容赦いただいております。
■失敗してもやり直しできませんので、その時は何がダメだったのか考察する回とさせて下さい。
■子供に乳製品アレルギーがあるため、チーズやクリーム、ミルクなど乳製品不使用です。

今回のペアリング課題はル・クロー・ドローム ヴァランセ・ブラン』です。フランスのロワール地方より、ソーヴィウニヨン・ブラン100%の白ワインです。

ル・クロー・ドローム ヴァランセ・ブラン(仏ロワール産白750ml

テイスティング

グラスに注ぐと色調はグリーンがかかった淡いイエロー。
香りはグレープフルーツなどの柑橘類や青リンゴ、そして火打ち石の香りを感じます。
ロワールのソーヴィニヨンには珍しくないかもしれませんが、やや還元的な印象を受けますね。
口に含むとアタックからややシャープで爽やかな酸味を感じます。中々の辛口ですね。
ボリュームは中程度で、ミドル以降少しグリーンなフレーヴァと、心地よい苦味を感じました。
アフターまで、すっきり、さっぱりとした印象です。
ソーヴィニヨン・ブランという品種の特徴であるグレープフルーツっぽさと、青草のような清涼感が感じられる、涼やかな印象の白ワインです。

合わせる料理『チコリボート』 

ピュアで爽やかな酸味と、ちょっとした青みから、魚介類野菜類が合いそうだなと感じました。
今回合わせるのはチコリボートです。チコリは小さな白菜のような野菜で、パリッとした食感と苦味が特徴。その上にグレープフルーツと魚介のタルタルをトッピングして、ワインとの同調を狙っていきたいと思います。

レシピ 

トッピングにするタルタルを作ります。
スモークサーモン、刺身用ホタテ、薄切りのラディッシュ、長ネギみじん切り、ケーパー、オリーブオイル、レモン汁を混ぜ合わせます。

チコリボートレシピ1

チコリを一枚ずつ剥がし、タルタル、グレープフルーツ、スプラウトをトッピングしてボートのように並べれば完成です。

チコリボート

ペアリングレポート

【総合評価】 星5つ:★★★★★


【評価ポイント】
フレッシュな野菜類やグレープフルーツが、ソーヴィニヨンのフレーヴァに同調
○料理の余韻が適度に続く中に、ル・クロー・ドロームを流し込むと、ミネラルが同調し旨味を感じやすくなる
○アフターのさっぱり感がとても心地よく、次の一口に続いていく

うーん、美味しかった。
白ワインをよくテイスティング上で、チコリボートの具の構成を決めていったので、自分で言うのもなんですが、本当に同調していました。このワインのための、この一品、という感じになっています。
ただ、ロワールのソーヴィニヨン・ブラン100%であれば他の白ワインでも合う可能性が高いでしょう。
皆さんも是非、ル・クロー・ドローム ヴァランセ・ブランチコリボートのマリアージュ、お試しください!

それでは次回もお楽しみに!(西岡)

今回のペアリングワイン:

このコラムのライター

J.S.A.認定ワインエキスパート 西岡 卓哉

CTA-IMAGE ワイン通販Firadis WINE CLUBは、全国のレストランやワインショップを顧客とするワイン専門商社株式会社フィラディスによるワイン直販ショップです。 これまで日本国内10,000件を超える飲食店様・販売店様にワインをお届けして参りました。 主なお取引先は洋風専門料理業態のお店様で、フランス料理店2,000店以上、イタリア料理店約1,800店と、ワインを数多く取り扱うお店様からの強い信頼を誇っています。 ミシュラン3つ星・2つ星を獲得されているレストラン様のなんと70%以上がフィラディスからのワイン仕入れご実績があり、その品質の高さはプロフェッショナルソムリエからもお墨付きを戴いています。 是非、プロ品質のワインをご自宅でお手軽にお楽しみください!
Translate »