ワイン通販のフィラディスワインクラブ

ワインペアリング奮闘記 第157回 牛肉のフェットチーネにこの赤ワイン! / ヴィノジア ネロモーラ

ワインペアリング奮闘記 第157回 牛肉のフェットチーネにこの赤ワイン! / ヴィノジア ネロモーラ

『お料理パパのワインペアリング奮闘記』第157回

牛肉のフェットチーネにこの赤ワイン!

 
このコーナーはフィラディスの「お料理好き」スタッフ西岡が、毎回課題のワインに合わせたお料理を実際に作ってレポートするコラムです。家族に乳製品アレルギーがあるため、レシピは乳製品不使用です。

今回の課題はヴィノジア ネロモーラです。
産地は南イタリア、ナポリのあるカンパーニャ州で品種は特産のアリアニコ。早速テイスティングしましょう。

テイスティング

 

色調はやや紫がかったダークチェリーレッド。
香りからもダークチェリー、そしてブルーベリー、ローズマリー、ややスモーキーで、クローヴやチョコレートの要素も感じます。
口に含むと熟した黒系果実を中心にジューシーで程よくボリュームのある印象。早い段階から爽やかさのある酸が広がります。
中盤以降、タンニンは溶け込んでおり、しっかりと感じるもののキメが細かいです。
後半にかけて舌に残る苦味とオークのフレーヴァ、果実の余韻が程よく残ります。
全体的に、熟した印象とフレッシュな酸味、クリアーな果実味と樽感のバランスに優れた赤ワインです。
料理に合わせやすそうで好印象です!

合わせる料理『牛スネ肉のフェットチーネ』

決めては赤ワインのタンニンの質感。豊かでありながらしなやかな印象です。そして爽やかさのある酸味ですね。
これに対して、ゼラチン質を豊富に含む牛スネ肉とトマトの酸味を合わせたソースを作り、パスタと和えます。

レシピ 

牛スネ肉は塩胡椒をして、ベーコンと共に焼き色をつけます。

牛スネ肉のフェットチーネ レシピ1
出てきた油で、セロリ、人参、玉ねぎ、ニンニクの微塵切りを炒め、ソフリットを作ります。

牛スネ肉のフェットチーネ レシピ2

上の写真はトマトペーストを加えて炒め合わせた所ですね。ここにチキンストックとブーケガルニ、赤ワインを加え2時間ほど煮込みます。※たまたま自家製チキンストックがあったので使いましたが、なければスープの素を加えるか水でも良いです。

牛スネ肉のフェットチーネ レシピ3

フェットチーネを時間通りに茹で、オリーブオイルを回しかけ、ソースと和えます。
パルメザンチーズを削りかけるかわりに、仕上げに豆乳を少し加えてクリーミーさを出します。

牛スネ肉のフェットチーネ 完成

ペアリングレポート

【総合評価】 星5つ:★★★★★

【評価ポイント】
まるでお互いのために存在するかのように合う!
○ネロモーラのしなやかさのあるテクスチャと、柔らかいスネ肉のテクスチャが同調

○同時に、角の取れた煮込みの味わいにネロモーラのフレッシュな酸が補完される心地良さ

この赤ワインを口に含むことで、フェットチーネをさらにもう一口食べたくなる、そんなマリアージュに仕上がったと思います。
時間は少しかかりますが難しくはないので、是非お試しくださいね。
それでは次回もお楽しみに。
(西岡)

 

今回のペアリングワイン:

 

今回の課題はヴィノジア ネロモーラです。
産地は南イタリア、ナポリのあるカンパーニャ州で品種は特産のアリアニコです。

 

 

このコラムのライター

J.S.A.認定ワインエキスパート 西岡 卓哉 本業はフィラディスワインクラブのウェブデザイナー

CTA-IMAGE ワイン通販Firadis WINE CLUBは、全国のレストランやワインショップを顧客とするワイン専門商社株式会社フィラディスによるワイン直販ショップです。 これまで日本国内10,000件を超える飲食店様・販売店様にワインをお届けして参りました。 主なお取引先は洋風専門料理業態のお店様で、フランス料理店2,000店以上、イタリア料理店約1,800店と、ワインを数多く取り扱うお店様からの強い信頼を誇っています。 ミシュラン3つ星・2つ星を獲得されているレストラン様のなんと70%以上がフィラディスからのワイン仕入れご実績があり、その品質の高さはプロフェッショナルソムリエからもお墨付きを戴いています。 是非、プロ品質のワインをご自宅でお手軽にお楽しみください!
Translate »