ワイン通販のフィラディスワインクラブ

ワインボキャブラ天国【第11回】「バター」英:butter 仏:beurre

ワインボキャブラ天国【第11回】「バター」英:butter 仏:beurre

連載企画『Firadis ワインボキャブラ天国』は、 ワインを表現する言葉をアルファベットのaから順にひとつずつピックアップし、 その表現を使用するワインの例などをご紹介していくコーナー。

このコラムを読み続けていれば、あなたのワイン表現は一歩一歩豊かになっていく・・・はずです!

取り上げる語彙の順番はフランス語表記でのアルファベット順、 ひとつの言葉を日本語、英語、フランス語で紹介し、簡単に読み方もカタカナで付けておきますね。
英仏語まで必要ないよー、という方も、 いつかワイン産地・生産者を訪れた時に役に立つかもしれませんから参考までに!!

ということで今回ご紹介する言葉は・・・

「バター」
英:butter
仏:beurre (男性名詞:発音は「ブゥール」)

 

今週も、香りの表現に使用する用語のひとつ。
バターの香りは、主に熟成した濃厚なスタイルの白ワイン、 シャンパーニュなどに見つけることのできる香りです。
主にシャルドネ種を使用したワイン、例えばブルゴーニュの白、 シャンパーニュならブラン・ド・ブランなどがこの香りを見つける代表的ワイン。

まろやかでやわらか、こってりとしたバターの香りを感じるワインは、 非常に良い状態で熟成の年月を重ねてきたのだな、という印象を受けます。
ところが飲んでみるとまだまだ若々しく鮮烈な酸を感じることなどもあり、 香りは円熟、でもまだまだ味わいはフレッシュという驚きが待っていることもあります。

バターの香りに樽熟成由来の香りが重なると 例えば表面がきつね色にこんがりと焼けたバタートースト、 オーブンで焼きたてでパリパリのパイ生地を想わせる実に芳醇な香りとして現れてくることも。
更に年を重ねて熟成の段階が進行していくと、 それがチョコレートやモカのような印象にも変化していきます。

程よく年数を経た白ワインにバターの香りを感じたら、 それは適切な熟成由来のものと感じて良いと思います。
まったり濃厚、色合いも濃い白ワインに出会ったら、バターの香りがあるかどうか探してみてくださいね。

それでは今週はこのへんで。
今日、あなたの表現するワインの世界が少し広がりました!

CTA-IMAGE ワイン通販Firadis WINE CLUBは、全国のレストランやワインショップを顧客とするワイン専門商社株式会社フィラディスによるワイン直販ショップです。 これまで日本国内10,000件を超える飲食店様・販売店様にワインをお届けして参りました。 主なお取引先は洋風専門料理業態のお店様で、フランス料理店2,000店以上、イタリア料理店約1,800店と、ワインを数多く取り扱うお店様からの強い信頼を誇っています。 ミシュラン3つ星・2つ星を獲得されているレストラン様のなんと70%以上がフィラディスからのワイン仕入れご実績があり、その品質の高さはプロフェッショナルソムリエからもお墨付きを戴いています。 是非、プロ品質のワインをご自宅でお手軽にお楽しみください!
Translate »