ワイン通販のフィラディスワインクラブ

ワインペアリング奮闘記 第48回「シャトー・カンピヨ メドック 2007年」

  ワインペアリング奮闘記 の記事一覧
ワインペアリング奮闘記 第48回「シャトー・カンピヨ メドック 2007年」

『お料理パパのワインペアリング奮闘記』 第48回
熟成ボルドー×煮物

このコーナーは毎回課題のワインに合わせたお料理を実際に作ってレポートするコラムです。

コラムの性質上下記について、ご容赦いただいております。
■失敗してもやり直しできませんので、その時は何がダメだったのか考察する回とさせて下さい。
■うちの子に乳製品アレルギーがあるため、チーズやクリーム、ミルクなど乳製品が使えません。

今回のお題はシャトー・カンピヨ メドック 2007です。

シャトー・カンピヨ メドック 2007年

グラスに注ぐと、中央が黒っぽく落ち着いたトーンのダークレッド。
エッジにかけてやや明るい色調が見られます。
香りは熟したチェリーから、煮詰めたベリー類、ドライフルーツや、ドライフラワー。
ほっこりとした土のような香りに、シナモンなど茶系スパイス。
しっかりとした熟成を感じさせる香りです。
口に含むと、果実の芯を思わせる綺麗な酸味。ちょっと梅っぽい感じですね。
そして柔らかく細かいタンニンを感じました。繊細な舌触りです。
ミドルから、舌にじわじわと広がっていく、出汁のような旨味をしっかりと感じます。
アタックからアフターまで、熟した赤い果実を干したようなフレーヴァーが長く続きました。
全体的に熟成感をしっかりと感じ、うまみ舌に染み込んで水平に伸びていくような味わいが特徴の赤ワインですね。
時を経てこなれたボルドーワインをリーズナブルに楽しみたい方に、とてもおすすめです!

合わせる料理ですが、テイスティングしてみて真っ先に思いついたのは、和食!
この赤ワインは、熟成による複雑味や、絶妙なバランス感を楽しむものだと思います。
合わせるお料理も、大味なものではなく、素材の風味を楽しむ繊細な料理が良いでしょう。
特に素材が出汁の旨味を吸ったようなものが合うだろうと思いました。
というわけで、今回は『手羽先と根菜の煮物』にチャレンジです。

料理レシピ:
手羽先を皮を下にして、焼き目がつくまで炒めます。
出てきた油は一度取り除きましょう。
カットして水にさらしたごぼうを加え、炒め合わせます。
ここに、あらかじめ湯がいておいた里芋と、ひたひたまでの昆布出汁、砂糖、醤油、みりんを適量加え、落し蓋をして中火で1時間弱、煮詰めます。
仕上げにサヤインゲンを軽く煮合わせて、出来上がり!

ペアリングレポート:
手羽先がとっても柔らかく煮上がりました。
お肉をしゃぶって、ごぼうや里芋を口に放り込むと懐かしい味がします・・・。
ここにシャトー・カンピヨを合わせて行きましょう。

ああ・・・。じんわりきますね。しみじみうまい!
気づいた点としては、単体だと手羽先の柔らかさがたまらないのですが、カンピヨのペアリングを考えると、手羽先が柔らかすぎて赤ワインが勝ってしまう印象でした。
むしろ少し歯ごたえのある部位の方が良いでしょう。例えば手羽元や、もも肉といった所でしょうか・・・。
とはいえ、出汁の風味やお醤油の味わいと、このカンピヨとの相性は十分に頷けるものでした。
特に、昆布とお肉の出汁が染み込んだ、ごぼう!
カンピヨとの相性の良さといったら、特筆すべきものがありましたよ。
ほっこりとした土っぽさが、熟成ボルドーと共鳴し合って、とてもノスタルジックな美味しさなんですね。
和食と赤ワインを繋ぐ架け橋として、やはりごぼうは使えます!!

如何でしたか?
熟成ボルドー赤ワインと煮物、大いなる可能性を感じました。
材料をもう少し調整することで、素晴らしいマリアージュを生み出すことも夢ではありません。
是非、各ご家庭の煮物でも、お試しくださいね。それでは次回もお楽しみに!(西岡)

今回ペアリングで取り上げたワイン

シャトー・カンピヨ メドック 2007年

CTA-IMAGE ワイン通販Firadis WINE CLUBは、全国のレストランやワインショップを顧客とするワイン専門商社株式会社フィラディスによるワイン直販ショップです。 これまで日本国内10,000件を超える飲食店様・販売店様にワインをお届けして参りました。 主なお取引先は洋風専門料理業態のお店様で、フランス料理店2,000店以上、イタリア料理店約1,800店と、ワインを数多く取り扱うお店様からの強い信頼を誇っています。 ミシュラン3つ星・2つ星を獲得されているレストラン様のなんと70%以上がフィラディスからのワイン仕入れご実績があり、その品質の高さはプロフェッショナルソムリエからもお墨付きを戴いています。 是非、プロ品質のワインをご自宅でお手軽にお楽しみください!
Translate »