ワイン通販のフィラディスワインクラブ

WINE CLUB 30の人気赤ワイン3本を比べてみた

WINE CLUB 30の人気赤ワイン3本を比べてみた

フィラディスワインクラブ30の人気上位3本の赤ワインを比較します!
じっくり飲み比べてみたら、実際どんな違いがあるのでしょうか。
「どのワインも何度も飲んでいるけど、そういえば同時に飲み比べたことはなかった・・・」

そんなワインインポーター勤務のワインエキスパートが、改めてじっくり試飲の上、解説します!
選び方のガイドとしてお役立てください。

※2022年11月末の執筆時点でトップ3の赤ワインになります。
実際のところ人気は固定していてあまり変動していませんが、
ご覧になっている時点で入れ替わっていたり、品切れの可能性はご了承ください。

人気白ワイン3本を比べてみたはこちら。

では、それぞれの赤ワインを飲み比べて行きます!


フアン・ヒル シルバー・ラベル(スペイン フミーリャ産赤750ml)

香り・味わいの特徴
スペインの赤ワインです。ショップ一番人気はこれ。
香りの第一印象は、煮詰めたベリージャム。甘やかです。
その奥に、樽熟成からくるトーストのような香ばしさ、軽くツンとくる黒胡椒。
口に含むと濃厚で、香りの印象に違わず甘味がやや勝っていますね。ただ、酸味の芯もちゃんとあるので、ぼやけた印象になっていない。
タンニン(渋みの成分)は一瞬ギュッと来てからすぐにリリース。良い感じに溶け込んでいます。
アルコール度はしっかりと高めです。
後味にも特徴があって、葉巻のようなニュアンス、ほんのり残る苦味がなんとなくダンディ。
本格感があって「良いワインを飲んでる」と思えます。
これは人気が出る理由がわかるなぁ。

合わせる料理
牛肉やラム肉など、赤身の肉がおすすめです。
シンプルな塩胡椒で全く問題ありませんが、甘酸っぱいソースとは相性が良いと思います。
そういう意味では、赤身ではありませんが、とんかつも良いですね。
ハンバーグ、ステーキ、煮込み、焼肉と「今日は肉だ」という時にこのワインを開けてみてください。

では次です。

トータス・クリーク カベルネ・ソーヴィニヨン(USAカリフォルニア産赤750ml)トータス・クリーク カベルネ・ソーヴィニヨン

香り・味わいの特徴
出ました。カベルネ・ソーヴィニヨン!赤ワイン品種の王様ですね。
産地はアメリカ、カリフォルニアです。
香りは、フレッシュなカシスやダークチェリー。さっきと違ってジャムっぽくはないですね。より色の濃いベリーを感じます。
奥の方には、黒胡椒や樹脂、スモーク、そして海苔のようなヨード系の香りもあります。
口に含むと、こちらもジューシーで濃い。
甘味と酸味がバランス良くじわーっと舌に広がって行く印象です。アルコール度も高めですね。
タンニンは収斂性があり、ちょっと角張っていますね。
後味は苦味が残るということはなく、果実の甘い余韻が残ります。

合わせる料理
こちらもやはり、しっかりとした肉料理に合わせたい赤ワインですね。
おすすめはステーキや、バーベキュー、豪快に焼いた肉です!
炭火焼のパティを挟んだハンバーガーなんてすごく合いそうですね〜。
タンニンがしっかりとしている分、噛み応えのある肉料理とのバランスが良いと思います。
最初のワインとの明らかに違うのは、カリフォルニアらしいからっと陽性な雰囲気、大らかさ。
家飲みだけでなく、アウトドアに持っていく赤ワインとしても、良いですね。

さて、最後の1本です。

フランソワ・ド・ゴーダール ブルゴーニュ・ピノ・ノワール(仏ブルゴーニュ産赤750ml)

フランソワ・ド・ゴーダール ブルゴーニュ・ピノ・ノワール(仏ブルゴーニュ産赤750ml)

香り・味わいの特徴
こちらはフランス、ブルゴーニュ産のピノ・ノワール。
香りはミックス・ベリー。かごに積んだラズベリーやブルーベリー、ザクロを連想します。
そして紅茶やシナモン、注意深く香りを取ると、毛皮のような少し動物的な香りもあります。
明るいトーンの華やかな香りですね。
口当たりはさらっ軽快で、味わいはフレッシュな酸味がメインの果実味です。
ただ酸っぱいだけでなく、野生のベリーのように酸味の中に甘やかさも感じることができます。
タンニンはシルキーでさらさらした印象ですね。
後半はじんわりと舌に滲み入るような旨味が特徴的です。
アルコールは前の2つと比べればやや軽めに感じますが、十分な飲み応えがあります。
3つの中では、はっきりとキャラが違いますね。
やや繊細なタイプのミドルボディで、品の良さを感じる赤ワインです。

合わせる料理
鶏肉がおすすめです。照り焼きや、筑前煮。和風ハンバーグなども良いですね。
また、ビーフシチューのような煮込み料理にも合うと思います。
変わりどころでは、マグロのお寿司やうなぎの蒲焼という手もありそうです。
強すぎない赤ワインで出汁のような旨味も感じられるため、料理も味付けが強すぎないものが良いでしょう。
和食にも合わせやすいのは魅力ですね!

まとめ

・濃厚ジューシーフルボディ。後に残る本格感や複雑味を楽しみたいなら
フアン・ヒル シルバー・ラベル

・カラリと陽性なフルボディ。分かりやすい美味しさとカチッとした渋み
トータス・クリーク カベルネ・ソーヴィニヨン

・エレガントな赤ワインで、旨味と複雑味を楽しみたいなら
フランソワ・ド・ゴーダール ブルゴーニュ・ピノ・ノワール

どのワインも、ワイン商社直営ショップで好評販売中です!
Firadis WINE CLUB30トップへ

 

このコラムのライター

J.S.A.認定ワインエキスパート 西岡 卓哉 本業はフィラディスワインクラブのウェブデザイナー

CTA-IMAGE ワイン通販Firadis WINE CLUBは、全国のレストランやワインショップを顧客とするワイン専門商社株式会社フィラディスによるワイン直販ショップです。 これまで日本国内10,000件を超える飲食店様・販売店様にワインをお届けして参りました。 主なお取引先は洋風専門料理業態のお店様で、フランス料理店2,000店以上、イタリア料理店約1,800店と、ワインを数多く取り扱うお店様からの強い信頼を誇っています。 ミシュラン3つ星・2つ星を獲得されているレストラン様のなんと70%以上がフィラディスからのワイン仕入れご実績があり、その品質の高さはプロフェッショナルソムリエからもお墨付きを戴いています。 是非、プロ品質のワインをご自宅でお手軽にお楽しみください!
Translate »