コルク

1/2ページ

ワインボキャブラ天国【第93回】「生き生きした」英:alive 仏:vivant

連載企画『Firadis ワインボキャブラ天国』は、ワインを表現する言葉をアルファベットのaから順にひとつずつピックアップし、その表現を使用するワインの例などをご紹介していくコーナー。 このコラムを読み続けていれば、あなたのワイン表現は一歩一歩豊かになっていく・・・はずです! 取り上げる語彙の順番はフランス語表記でのアルファベット順、ひとつの言葉を日本語、英 […]

ワイン職人に聞く、10の質問【第85回】カン・フェイセス(スペイン・ペネデス地方)

≪ひとりのワイン職人の頭の中を覗く一問一答インタヴュー!≫ 『ワイン職人に聞く、10の質問』 第85回 『カン・フェイセス(スペイン・ペネデス地方)』 醸造家:ジョゼップ・マリア・ウゲットさん(写真) 連載シリーズ『ワイン職人に聞く、10の質問』、今回話を聞いた生産者は1768年に創業されたスペインの老舗ボデガ『カン・フェイセス』。シャンパーニュのミレジムの […]

気になるワイングッズ使ってみた!【第7回】今、ボルドーグラスを買うならどれだ??

シリーズ『店長五十嵐の、気になるワイングッズ使ってみた!』、今回は「ワイングラス比較実験」の第3回をお届け致します。 これまで「より香りを楽しめるシャンパングラス」、「ブルゴーニュワインのポテンシャルを限界突破で引き出せるグラス」と検証をしてきましたので、次のテーマは当然のごとく「ボルドー用のグラス」です。 僕が普段ワインのご紹介ページやメールマガジンで「こ […]

気になるワイングッズ使ってみた!【第6回】アルゴンガスのワインセーバー

コラムシリーズ『店長五十嵐の、気になるワイングッズ使ってみた!』第6回です。 今回は、2ヶ月ほど前に予告していた内容をやっとのことでお届けすることが出来ます。 ということでシリーズ第6回は、ブルゴーニュグラス比較実験の最後に予告していた「アルゴンガスのワインセーバー」をご紹介します! 「飲み残しワインを保持するためのグッズ」というものは、実は結構昔からありま […]

気になるワイングッズ使ってみた!【第5回】ワイングラス洗いにはこれがお勧め!

コラムシリーズ『店長五十嵐の、気になるワイングッズ使ってみた!』第5回です。 前回ブルゴーニュグラス比較実験の最後に「次回はアルゴンガスのワインセーバー」と予告したのですが、ガス充填無し/ありのワイン2本を最長1ヶ月放置して最終結果を検証してからコラムを執筆する、としたために本日の公開タイミングには間に合わず・・・アルゴンガス実験レポートは来月半ば頃に公開予 […]

気になるワイングッズ使ってみた!【第4回】ブルゴーニュのポテンシャルを限界突破で引き出せるグラスを見つけ出せ!

コラムシリーズ『店長五十嵐の、気になるワイングッズ使ってみた!』第4回です。 これまで「より香りを楽しめるシャンパングラス」、人気のソムリエナイフ、電動ワインオープナーとシリーズを続けてきまして、今回のテーマは「ブルゴーニュワインのポテンシャルを限界突破で引き出せるグラスを見つけ出せ!」。 ・・・もっと後になってやろうと思っていた大ネタ中の大ネタではあります […]

気になるワイングッズ使ってみた!【第3回】電動ワインオープナー、本当に使えるの??

コラムシリーズ「店長五十嵐の、気になるワイングッズ使ってみた!」第3回。 ワイングラスやコルクスクリュー、ポアラーなど話題のワイングッズ諸々について僕がひたすら試し、皆さんに本当にお薦めできるものを見つけていく企画です。 ワイングッズといっても本職のソムリエがお店で使う数万円もするようなものではなく、お手頃価格&通販サイトなどでレヴュー点数の高いものを中心に […]

気になるワイングッズ使ってみた!【第2回】高評価のソムリエナイフを試してみました!

コラムシリーズ「店長五十嵐の、気になるワイングッズ使ってみた!」第2回。 ワイングラスやコルクスクリュー、ポアラーなど話題のワイングッズ諸々について僕がひたすら試し、皆さんに本当にお薦めできるものを見つけていく企画です。 ワイングッズといってもプロ仕様の高額のものではなく、お手頃価格で且つ通販サイトなどでレヴュー点数の高いものを中心に選んでいきますよ。 第1 […]

お店でワインをどう楽しむか その3

フレンチ・イタリアンの専門料理店などでワインを注文した際、注文した人にそのワインを少しだけ飲んでみるように促される「ホストテイスティング」は、「そのワインがおいしいかどうかではなく、品質劣化が無いかを確認する」儀式です。 前回の「はじめて講座」では、品質劣化の判断には自信が無いと思うのであれば、ソムリエの事前確認に任せて断ってしまっても全く問題はない、とご提 […]

お店でワインをどう楽しむか

ワイン完全初心者向けのコラムと銘打ちながらも第81回から142回までずっと「ブドウ品種」についての話ばかり。 「そういう専門的な知識はもういいよ」と思っていた方も多いと思います。 このあたりでちょっと話題を「実戦向け」の内容に変えまして、今回からは『お店でワインをどう楽しむか』をテーマにしたいと思います! ではまず、ワインを最近飲み始めた、という皆さんにお伺 […]

ワインボキャブラ天国【第47回】「閉じた」英:closed 仏:ferme

≪ちょっとずつワイン表現の語彙を増やしましょう!≫ 『Firadisワイン ボキャブラ天国』 第47回 「閉じた」 連載企画『Firadis ワインボキャブラ天国』は、ワインを表現する言葉をアルファベットのaから順にひとつずつピックアップし、その表現を使用するワインの例などをご紹介していくコーナー。 このコラムを読み続けていれば、あなたのワイン表現は一歩一歩 […]

飲み残した「宵越しのワイン」は、ダメになっちゃうんですか?

さて、それでは今回からワインマメ知識コラムの新シリーズがスタートです。 題して「そうだ、フィラディスに聞いてみよう!」。 ワインイベントやセミナー、またはメール等で皆様から戴くワインに関しての疑問・ご質問にご回答。 毎日のワインライフにすぐに役立つ情報を、ひとつひとつ知って戴きたいと思っています。   第1回のテーマは、ワインの「飲み残し」について […]

ワインと食事の「マリアージュ」について、整理してみよう⑤『チーズとワインに代表される「補完のマリアージュ」とは??』

今週はマリアージュ編の⑤、「3つのマリアージュ」遂に最後の一つです。 それは『補完のマリアージュ』。 『同調』や『中和』に比べると一見地味ですが・・・ 食材/料理とワイン、互いが味わいを補いつつも新たな風味を創造し、マリアージュのパズルを完成させていく。 2つのコンビネーションが新たな味の領域を切り開く、これぞまさに“マリアージュ究極形”です。 もう少し具体 […]

ワイン職人に聞く、10の質問【第42回】ドメーヌ・ジュリアン・ブロカール(フランス・ブルゴーニュ地方シャブリ)

≪ひとりのワイン職人の頭の中を覗く一問一答インタヴュー!≫ 『ワイン職人に聞く、10の質問』 第42回 ドメーヌ・ジュリアン・ブロカール(フランス ブルゴーニュ地方シャブリ) オーナー・醸造家 ジュリアン・ブロカールさん 『ワイン職人に聞く、10の質問』、今週話を聞いた生産者は、フランス・ブルゴーニュ地方シャブリの『ジュリアン・ブロカール』。 2012年にド […]

ワインボキャブラ天国【第13回】「コルク臭のついた」英:Corked 又はCorky 仏:Bouchonne

≪ちょっとずつワイン表現の語彙を増やしましょう!≫ 『Firadisワイン ボキャブラ天国』 第13回 「コルク臭のついた」 連載企画『Firadis ワインボキャブラ天国』は、ワインを表現する言葉をアルファベットのaから順にひとつずつピックアップし、その表現を使用するワインの例などをご紹介していくコーナー。 このコラムを読み続けていれば、あなたのワイン表現 […]

ワイン職人に聞く、10の質問【第31回】ドメーヌ・フランソワ・ダレン/フランソワ・ド・ゴーダール(フランス・ブルゴーニュ地方)

≪ひとりのワイン職人の頭の中を覗く一問一答インタヴュー!≫ 『ワイン職人に聞く、10の質問』 第31回 ドメーヌ・フランソワ・ダレン/フランソワ・ド・ゴーダール(フランス・ブルゴーニュ地方) オーナー・醸造家フランソワ・ダレンさん 『ワイン職人に聞く、10の質問』、今週話を聞いた生産者はフランス・ブルゴーニュ地方の『ドメーヌ・フランソワ・ダレン』より、ドメー […]

夏に大人気のあの白ワインに、レンジで出来る簡単蒸し鶏を合わせる

きりっと辛口でフルーティなスッキリ白ワインと簡単蒸し鶏のマリアージュです! CLUB30毎週の売上本数ランキングの白・ロゼ・スパークリングワイン部門で、7月~8月にかけて3週連続1位になった人気ワイン 『ドメーヌ・ダヴィッド ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー レ・バルボワール(フランス/ロワール産)』。 一般的に『ミュスカデ』は「特徴が無いの […]

保管

■≪月曜日は、1枚の写真からワイン造りの現場に迫る≫ 『グラス越しの風景 -1枚の写真から-』 第5回『保管』 1枚の写真を通してワイン造りの現場に迫る『グラス越しの風景 -1枚の写真から-』。 Firadisとワイン生産者が所有する膨大な画像アーカイブの中から毎週1枚をピックアップし、 その風景や人物にまつわるワインの話をショートコラムで書いていきます。 […]

シャンパーニュの歴史について識る

かのドン・ピエール・ペリニヨンが初めてシャンパーニュを発見した時に「私はいま、星を飲んでいる!」と言ったお話。 シャンパーニュ誕生という、歴史に残る瞬間のドラマティックなエピソードとして、シャンパーニュ好きなら誰もが聞いたことがある有名な話です。 若干マーケティング的な思惑も垣間見えるこの話が実話かどうかはさておき(美しい実話であって欲しいものです、それだか […]

ワイン職人に聞く、10の質問【第27回】バレンシソ(スペイン・リオハ地方)

≪ひとりのワイン職人の頭の中を覗く一問一答インタヴュー!≫ 『ワイン職人に聞く、10の質問』 第27回 バレンシソ(スペイン・リオハ地方) /オーナー ルイス・ヴァレンティンさん 1998年創立、まだ21年目と歴史は浅いながら、専門誌「リオハのお買い得10傑」に選出されるなどその類稀なクオリティに注目が集まっています。 バレンシソにしか造れない、独創性あふれ […]

今月のおすすめワイン本【2020年2月】「ワイン醸造のプロセスや健康効果とその真偽等を科学的に分かりやすく説明」

毎月第1月曜日のワインコラムは、読むとワインを飲むのがもっと楽しくなる本を毎月1冊ご紹介する『今月の店長五十嵐おすすめワイン本』コーナーです。 今月ご紹介する1冊は 『科学者が書いたワインの秘密 身体にやさしいワイン学』(清水健一著 PHP文庫/ 税抜660円)です。 ここ数か月のこのコーナー、僕の個人的な趣味もありましてついつい「ワイン史」をテーマにした書 […]

『ワインをもっと美味しく楽しむための、シンプルなやりかた』

今日は「ワインの変化」について書かせて戴きます。 先日、フィラディスがレストラン様向けに輸入している「2007年の熟成ボルドー(小売価格2,000円くらい)」を個人的に購入し、CLUB 30での数量限定販売の検討も含めて自宅で飲んでみました。 開けたてで飲むと、これがまあ香りも味もそっけないワインです。 正直、あまりおいしくはありません。 ・・・でも、熟成ワ […]

『ワインの値段』は、どう決まる?③質vs量。反比例が生む値段の差

「ワインの値段」というちょっと現実的なところに着目したコラムシリーズ第3回目。 メインテーマは、ワインの価格という話題になると特に疑問・ご質問の多い 『すごく高いワインと安いワイン、その値段の差は一体どこから来るの???』です。 前回は、ワインの原材料について一つ一つをピックアップし、 ワインの包装容器である瓶やラベル、コルクなどはそれほど大きな価格差を生む […]

『ワインの値段』は、どう決まる?②高いワイン、安いワインの差はどこから?

前回からは、「ワインの値段」というちょっと現実的なところに着目してコラムをお届けしています。 香り表現や歴史のエピソードなど、 ワインについての話は少しロマンティックで抒情的な内容になることが多いのですが、こちらはとにかく現実的。 でも、ワイン愛好家にとってはもっとも身近で切実なテーマですよね。 第1回はこのシリーズのプロローグとして、ワインの価格、特に5大 […]

安全で失敗しないシャンパーニュ・スパークリングワインの開け方(動画付き)

シャンパーニュやスパークリングワインを「安全に、失敗せずに」開ける方法を動画に致しました。 泡モノは大好きだけど開けるのがちょっと怖い、という方。 いつも大きな音が出たり、コルクが飛び出したり、ワインが噴き出したり・・・失敗しない開け方を知りたい、という方。 そして、スマートにカッコよく開けてパーティで目立ちたい方も 笑、 この動画を見て戴ければきっと上手に […]

初心者でも失敗しないワインの開け方。これがコツです♪ YouTube再生回数55万回超え「ワインの開け方動画」

「失敗しにくいワインの開け方」動画はこちらです。 画像で見る「失敗しにくいワインの開け方」はこちらです。 【1】栓抜き 栓抜きにはスクリュータイプのソムリエナイフがおすすめです。T字型・ウイング式ですと、コルクが壊れてしまうことがあるからです。 【2】スクリューを乗せる ソムリエナイフのスクリューをコルクの中心に当たるように、上向きに乗せてください。 【3】 […]

「ワインのテイスティングについて」 ワインはじめて講座 

さて、前回までで結構な回数を使い「コルクをスクリューで抜き、時間をかけて開き、そのワインに適したグラスに注ぐ」というところまでお話をしてきたわけで・・・次はやっと「飲む」ところに入っていきます!長らくお待たせしてしまい、もう何本も飲んじゃいましたよね 笑 さて、ふさわしいグラスに注がれたワインがあなたの目の前にあります。それではおもむろにグラスを掴み、一気に […]

「ワインのおいしい楽しみ方 その2(ワインが開くまでの目安)」 ワインはじめて講座

前回は「ワインが開いている / 閉じている」という言い回しについて。この言葉は、栓を抜いたワインが「飲んでおいしい状態になっているか、それともまだか」を表現したもの。「ワインは開けてもすぐ飲まない方が良いですよ・・・」というところまで、覚えて戴いたと思います。 じゃあ実際にはどうやって飲めば良いのか、というちょっとしたテクニックを今回は覚えてください。「ワイ […]

「ワインオープナーについて その2」  ワインはじめて講座

「ワインオープナーについて」前回は「ウイング式コルク抜き(画像上段一番右)」の長所・短所について。使いやすいけど、スクリュー部分がドリルタイプのものは要注意・・・という話をさせて戴きました。 ということで今回は「最終的に選ぶべきオープナー=ソムリエナイフ」について。一見するとプロだけが使う扱いの難しそうな道具に見えますが、数回使えばすぐに慣れるはずですからご […]

「ワインオープナーについて」 ワインはじめて講座

前回からは「ワインオープナーについて」。持ち手にスクリューが付いたシンプルな「T字型コルク抜き」、そして円周率の「π」のような形をした剣が2本付いている「2本コルクプラー」をご紹介し、今これらだけしか持っていない方は出来るだけ早くソムリエナイフを・・・と締め括りました。 今回は、おそらく使っている方が非常に多いと思われる「ウイング式コルク抜き(画像上段一番右 […]

Translate »